全ては時の中に…

システム開発全般の技術や開発に役立つツール、プログラミングのサンプルを紹介しています。

2008年08月

【Windows】Windowsをロックする

機密情報を表示している時に席を離れる場合のように、スクリーンセイバーの起動によるパスワードロックが掛るのを待つのではなく、すぐに端末にロックを掛けたい場合があります。
このような場合に利用できるバッチファイルの作成方法について紹介します。

以下、作成手順。
続きを読む

【テスト技法】テストケースと確認項目の導出

ソフトウェアのテストは、作成したソフトウェアがユーザの意図した通りに動作するかどうかを確認するために行います。
テストには、単体テスト、結合テスト、システムテスト、運用テストの4段階があります。
テストの粒度が変わるため、確認の対象が若干変わりますが、基本的には先述の内容を保障するものです。

用語の意味です。
テストケース
 確認項目を確認するためのユーザの操作内容やデータの状態のパターンです。
 このパターンによって、確認できる確認項目が変わります。

確認項目
 画面、帳票、データの項目等、実際に確認する内容です。
 データの状態等による条件分岐がある場合には、条件毎に設定します。
 (期待する結果が異なる場合、別の確認項目として導出します)

テストケースと確認項目は、以下のように決定します。
続きを読む

【VB.NET】SQL Serverの指定したデータベースを復元(リストア)する

記事「【VB.NET】SQL Serverの指定したデータベースをバックアップする」でVB.NETからSQL Server 2005のデータベースをバックアップする方法について説明しました。
今回は、バックアップからデータベースを復元(リストア)する方法について説明します。
復元(リストア)するには、SMOのRestoreクラスを利用します。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】SQL Serverの指定したデータベースをバックアップする

VB.NETからSQL Server 2005の指定したデータベースをバックアップする方法について説明します。
SQL Serverの指定したデータベースをバックアップするためには、SMOのBackUpクラスを利用します。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】SMOを利用してSQLServerのデータベース情報を取得する

記事「【VB.NET】SMOを利用してSQL Serverに接続する」の続きです。
SMOを利用したデータベースの接続方法まで説明しました。
今回は、接続したデータベースの情報(テーブル、ビュー、ストアドプロシージャ等)の取得方法について説明します。
情報は、データベースの接続を保持するServerオブジェクトを利用して取得します。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】SMOを利用してSQL Serverに接続する

記事「【VB.NET】SMOを利用してSQL Serverのサーバ一覧を取得する」の続きです。
前回の記事では、SMOを利用してSQL Serverのサーバ一覧を取得する方法について説明しました。
今回は、SMOを利用してサーバに接続する方法について説明します。

SMOを利用してSQL Serverに接続する場合には、Microsoft.SqlServer.Management.smo.ServerクラスのConnectionContextを利用します。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】SMOを利用してSQL Serverのサーバ一覧を取得する

VB.NET等のプログラムからSQL Server 2005の管理(バックアップやリストア等)をプログラムで制御する場合、SMOを利用します。
今回は、このSMOを利用してネットワーク上にあるSQL Serverのサーバの一覧を取得する方法について説明します。
SMOを利用する場合、参照設定でライブラリを追加する必要があります。
サーバの一覧を取得するには、Microsoft.SqlServer.Management.smo.SmoApplication.EnumAvailableSqlServers()メソッドを利用します。
このメソッドは、以下の情報をDataTableの形式で返します。
 ・Name(サーバ名+インスタンス名)
 ・Server(サーバ名)
 ・Instance(インスタンス名)
 ・IsClusterd(クラスタ構成かどうか)
 ・Version(SQL Serverのバージョン)
 ・IsLocal(ローカルサーバかどうか)

以下、サンプル。
続きを読む

【SQL Server】WHERE条件で全角と半角文字を区別する(其の弐)

記事「【SQL Server】WHERE条件で全角と半角文字を区別する」の続きです。
前回は、WHERE句に指定する条件式が1つしかない場合にCOLLATE句を指定する方法について説明しました。
今回は、WHERE句に複数の条件を指定する場合にCOLLATE句を指定する方法について説明します。

以下、サンプル。
続きを読む

【SQL Server】WHERE条件で全角と半角文字を区別する

SQL Serverのデフォルトの設定では、WHERE句の条件で英数字を指定すると全角と半角の区別をせずにデータを取得してしまいます。
これは、照合順序というものが影響しています。
特定のSQL文のみで照合順序を変更したい場合には、COLLATE句を利用します。

以下、サンプル。
続きを読む

【SQL Server】文字列から指定した文字列の文字位置を取得する

SQLを利用して、ある文字列から指定した文字列の文字位置を取得したいことがあります。
SQL Serverで文字位置を検索する方法について説明します。
文字位置を検索するには、CHARINDEX()関数を利用します。

《構文》
CHARINDEX('検索する文字列', '検索対象となる文字列')
CHARINDEX('検索する文字列', '検索対象となる文字列', 検索開始位置)

以下、サンプル。
続きを読む

【Oracle】文字列から指定した文字列の文字位置を取得する

SQLを利用して、ある文字列から指定した文字列の文字位置を取得したいことがあります。
Oracleで文字位置を検索する方法について説明します。
文字位置を検索するには、INSTR()関数を利用します。

《構文》
INSTR('検索対象となる文字列', '検索する文字列')
INSTR('検索対象となる文字列', '検索する文字列', 検索開始位置, n番目)

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】DataRepeaterで全レコードのデータを処理する

DataRepeaterコントロールを利用した画面を作成した場合、保存ボタンを押したタイミング等で入力したデータが正しいかどうかを全レコードに対して一括で確認したいことがあります。
今回は、全レコードに対し、各項目の入力値を参照する方法について説明します。
手順としては、以下の通りです。
 1.DataRepeaterコントロールのCurrentItemで参照行を指定する。
 2.CurrentItemのControlsプロパティを参照する。
  →DataRepeaterコントロールに配置しているコントロールを参照できます。

尚、この方法は、ヘルプ等を確認して最適な方法を確認したわけではありませんので、もっと単純な方法があるかもしれません。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】既に開いているExcelファイルの情報を取得する

VB.NETで作成したアプリケーションとは、別のプロセスで実行されているExcelで開いているファイルの情報を取得する方法について説明します。
この方法は、既に開いているExcelのファイル名やシート名、セルの値等を取得したい場合に利用できます。

Excelは、COMコンポーネントによって提供されるオブジェクトのため、GetObject()関数を利用して参照します。
Excelオブジェクトを参照した後は、VB.NETからExcelを操作する方法と変わりません。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】SQL Serverのテーブル毎の使用容量を確認する

VB.NETからSQL Serverの指定したデータベース内のテーブル毎の使用容量を取得する方法について説明します。
SQL Serverから使用容量を取得する方法は、記事「【SQL Server】テーブルの使用量を確認する」で紹介したアンドキュメントストアドプロシージャを利用します。

以下、サンプル。
続きを読む

【SQL】集計関数に複数の項目を指定する

SQLの集計関数(COUNT(), MIN(), MAX()等)には、1つの引数しか渡すことができません。
そのため、複数の項目値を集計関数の引数に指定したい場合、複数の項目を連結した値を引数として渡す必要があります。

項目の連結方法には、以下の方法があります。
 1.文字列として連結する。
 2.数値として連結する。

どちらの方法も、桁数を合わせるための調整が必要になります。

以下、サンプル。
続きを読む
Recent Comments
Recent TrackBacks
Profile

ふりっつ

システムエンジニア
取得資格:
 ソフトウェア開発技術者
 MCP(70-290)
メールマガジン:
 【出張版】全ては時の中に…

メールマガジン
メルマガ登録・解除
【出張版】全ては時の中に…
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
ブログランキング
アクセス解析出会い




にほんブログ村 IT技術ブログへ

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

Amazon
スポンサー
HonyaClub.com

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

IT 関連資格ならクラムメディア問題集

  • ライブドアブログ