西暦を和暦に変換する方法について説明します。
西暦を和暦に変換するには、System.Globalization.JapaneseCalendarクラスを利用する必要があります。
このクラスを利用することで元号を取得することもできます。

以下、サンプル。
Public Class Sample
'年号日付変換プログラム
Private Function WesternToJapaneseDate _
(ByVal wkDate As DateTime) As String

Dim culture As Globalization.CultureInfo = _
New Globalization.CultureInfo("ja-JP")
Dim stJapDate As String

culture.DateTimeFormat.Calendar =_
New System.Globalization.JapaneseCalendar
'和暦に変換(ggは元号を現す)
stJapDate = wkDate.ToString("gg yy.MM", culture)

Return stJapDate
End Function
End Class

また、元号を"S"や"H"等の略号を使って表す場合には、以下のような変換が必要となります。
Public Class Sample2
'元号の定義
Private Const GENGO_HEISEI As String = "平成"
Private Const GENGO_SHOUWA As String = "昭和"
Private Const GENGO_TAISHO As String = "大正"
Private Const GENGO_MEIJI As String = "明治"

Private Function WesternToJapaneseDate _
(ByVal wkDate As DateTime) As String
Dim stJapDate As String
Dim culture As Globalization.CultureInfo = _
New Globalization.CultureInfo("ja-JP")

culture.DateTimeFormat.Calendar = _
New System.Globalization.JapaneseCalendar
stJapDate = wkDate.ToString("gg yy.MM", culture)

'元号を略号に置き換える
If stJapDate.StartsWith(GENGO_HEISEI) Then
Return stJapDate.Replace(GENGO_HEISEI, "H")
ElseIf stJapDate.StartsWith(GENGO_SHOUWA) Then
Return stJapDate.Replace(GENGO_SHOUWA, "S")
ElseIf stJapDate.StartsWith(GENGO_TAISHO) Then
Return stJapDate.Replace(GENGO_TAISHO, "T")
ElseIf stJapDate.StartsWith(GENGO_MEIJI) Then
Return stJapDate.Replace(GENGO_MEIJI, "M")
End If

Return stJapDate
End Function
End Class

【補足事項】
・標準で略号に対応する機能はない。
・略号を使用する場合には、文字列として値を返す必要がある。
・プログラム内に略号を記述するのは、汎用性がない。
 →DBもしくはファイルに記述するのが望ましい。
・元号と略号の対応関係は、プログラム内で行う必要がある。