Visual Studioのサーバーエクスプローラを利用すると、Visual Studio上でデータベースに接続できる。 この機能を利用すると、OLEDB接続でSQL Server、Oracle、Access等に接続することができる。
そのため、アプリケーションを切り替えることなくデータを操作でき、便利である。
【サーバーエクスプローラの設定手順】
1.サーバーエクスプローラを表示する。
 →標準設定時には、ツールバーが表示されている領域に[サーバ...]というタブがある。
  このタブを押すとサーバーエクスプローラが表示される。
 ※サーバーエクスプローラが見当たらない場合には、以下の方法で表示する。
  メニューバーの[表示]-[サーバエクスプローラ]を選択する。
2.[データ接続]を右クリックし、[接続の追加]を選択する。
3.[プロバイダ]タブを選択し、OLEDBプロバイダを設定する。
 →接続するデータベースに合ったものを選択する。
接続データベース プロバイダ
SQL Server Microsoft OLE DB Provider for SQL Server
Oracle Microsoft OLE DB Provider for Oracle
Oracle Provider for OLE DB
Access Microsoft Jet 4.0 OLE DB Provider
4.[接続]タブを選択し、データソースや認証方法を設定する。
接続データベース プロバイダ
SQL Server サーバ名
認証方法
データベース名
Oracle データソース
認証方法
Access データベース名(ファイルパス)、ユーザ情報
※ユーザ情報は、特に設定していなければそのままで良い
 ※その他の接続文字列は、[すべて]タブを選択すると設定できる。
  詳細な接続文字列の設定を行う場合には、ここから設定することになる。

【補足情報】
・パスワード付きのAccessファイルに接続する方法
 1)[すべて]タブを選択し、"Jet OLEDB:Database Password"をクリックする。
 2)プロパティの値にパスワードを入力し、[OK]ボタンを押す。
 3)[接続]タブをクリックし、画面下部にある[接続のテスト]ボタンを押す。
  →接続できるかテストする。
 ※Accessでユーザ別のパスワード設定をしていない場合にユーザ情報を変更すると、データベースへの接続エラーが発生する。
・テーブルの"追加や削除"はできないが、データを参照できる。
 また、各テーブルの項目を確認することもできるので、SQLステートメント作成時等に役立つ。
・ここで設定した内容がVB.NETで接続する場合の接続文字列と同じになる。
 →標準の設定値で良い項目や設定しない項目を除外し、必要な項目だけ抽出したものが接続文字列となっている。