2008/03/28にVisual Studio 2008用のSilverlight 2 Beta1用のアドオンが公開されました。
このアドオンを利用することにより、C#やVisual Basicを使用してSilverlightアプリケーションを開発することができるようになります。

アドオンは、以下のサイトからダウンロードできます。
 ・Microsoft ダウンロードセンター
  Visual Studio 2008 用 Microsoft Silverlight Tools Beta1

以下、インストール方法。
【必要な環境】
 ・Windows XP, Windows Server 2003, Windows Vista
 ・Microsoft Visual Studio 2008 Standard 以上
 ・Microsoft Expression Blend
  →Expression Blendは、インストールされていなくても動作します。

【インストール手順】
1.上記のサイトからファイルをダウンロードする。
2.ダウンロードしたファイルを実行する。
 →ウィザードに従ってインストールして下さい。

これでSilverlightのプロジェクトを作成できるようになります。
まだ、ベータ版ですが、試してみたい方は、インストールしてみると良いでしょう。

【補足事項】
以下は、ダウンロードセンターより抜粋
・このアドインは、以下をインストールします。
 ・Silverlight 2 Beta 1
 ・Silverlight 2 SDK Beta 1
 ・KB949325
  →Visual Studio 2008でSilverlight Tools Beta 1を動作させるためのパッチ
 ・Silverlight Tools Beta 1(Visual Studio 2008用)
・Silverlight Tools Beta 1(Visual Studio 2008用)の内容は以下の通りです。
 ・Visual Basic および C# のプロジェクト テンプレート
 ・XAML 用の Intellisense およびコード ジェネレータ
 ・Silverlight アプリケーションのデバッグ機能
 ・Web 参照のサポート
 ・Microsoft Expression Blend との統合機能