2008/04/30にWindows XPのSP3が公開されました。
SP3は、Microsoft ダウンロードセンターからダウンロードできます。
 ・Windows XP SP3(Windows XP Service Pack 3 の概要
 ・SP3の更新内容(ホワイトペーパー
 ・最新の問題および情報(リリースノート
 ・Windows XP TechCenter(Service Pack 3 Resource for IT Professionals(英語版)

更新内容は、以下の通りです。
1.過去にリリースされた全ての更新プログラム
2.過去にリリースされた機能(MMC 3.0等)
3.強化機能
 1)ブラックホール ルータ検出
 2)Administrator/Serviceポリシー エントリでのセキュリティ強化
4.新機能
 1)ネットワークアクセス保護(NAP)
 2)CredSSP セキュリティ サービス プロバイダ
 3)[セキュリティオプション]ユーザインターフェースの説明
 4)Microsoft暗号化モジュール
 5)Windows製品のライセンス認証

リリースノートでは、以下の情報が気になります。
(他の情報については、該当機能を利用している場合のみ対処する必要があります)
《Internet Explorer(以降、IE)》
問題
 IE7、または、IE8β版をインストール済みのPCにSP3を適用すると、IEをアンインストールできない。
 ※セキュリティ低下を防止する仕様のため、このような問題が発生するそうです。
回避策
 IE7、または、IE8β版をインストールする前にSP3を適用する。
問題発生時の対処
 問題が発生している場合、SP3をアンインストールした後、IEをアンインストールする。

《Multilingual User Interface (MUI) Pack》
問題
 一部のコンポーネントで、メニュー等が英語で表示されてしまう。
回避策
 なし。
問題発生時の対処
 SP3用のMultilingual User Interface Packを適用する。
 MUI Packは、こちら(Windows XP Service Pack 3 MUI Pack Update)からダウンロードできます。

《スクリプト》
問題
 SP適用時に指定した地域と言語オプションを異なる設定に変更した場合、VBScriptとJScriptの特定の地域固有の機能が、正常に動作しなくなる。
 例として、以下の機能が挙げられます。
  ・VBScript … DateValue()関数 等
  ・JScript … toLocaleStringメソッド 等
  ・日付、通貨、数値、時間のデータが誤った形式で出力されてしまう。
回避策
 なし
問題発生時の対処
 Microsoft サポートオンライン参照
 Windows Vista Service Pack 1、Windows Server 2008または Windows XPService Pack 3 に VBScript または JScript スクリプトを実行すると、期待どおりスクリプト出力が表示されていません。

【補足事項】
・Vista SP1で追加されたFATの拡張であるexFATは、サポートされていません。
・Vista SP1で追加されたexFATは、下位互換がありません。
 そのため、exFATでフォーマットした補助記憶装置(HDDやUSBメモリ等)は、Windows Vista SP1以外では認識しないという問題があります。