VB.NETでSQL Serverに接続する方法について、以前の記事「【VB.NET】SQL Serverに接続する(ADO.NET) 」で紹介しました。
今回は、SqlDataReaderを利用したSQLの実行方法について説明します。

以下、サンプル。
Public Class SQLSample
Public Shared Sub Main()
'データベースへの接続
Dim Con As New SqlClient.SqlConnection
Con.ConnectionString = _
"Data Source = [サーバ名];" & _
"Initial Catalog = [データベース名];" & _
"Integrated Security = SSPI"

Try
Con.Open()
Dim command As New SqlClient.SqlCommand
'コネクションの指定
command.Connection = Con
'コマンドの種類をテキストにする(省略可)
command.CommandType = CommandType.Text
'実行するSQLを指定
command.CommandText = "SELECT * FROM [テーブル名]"

'SQLの結果を取得する
Dim sr As SqlClient.SqlDataReader
sr = command.ExecuteReader()
command.Dispose()

'取得した結果を出力する
While sr.Read
'レコードの最初の項目を出力
Console.Write(sr(0).ToString & ",")
'レコードの2番目の項目を出力
Console.Write(sr(1).ToString)
End While
Finally
'コネクションの破棄
If Con.State <> ConnectionState.Closed Then
Con.Close()
Con.Dispose()
End If
End Try
End Sub
End Class

サンプルにある、以下の項目は、各自の環境に合わせて指定して下さい。
[サーバ名]
 →SQL Serverのインスタンス名
  SQL Serverのログイン時に指定するインスタンス名を指定します。
[データベース名]
 →接続するデータベース名
[テーブル名]
 →参照するテーブル名

【補足事項】
・上記のサンプルでは、Windows認証を利用したサンプルとなっています。
 SQL Server認証を利用する場合には、以前の記事「【VB.NET】SQL Serverに接続する(ADO.NET) 」を参照して接続して下さい。
・SqlClient.SqlDataReaderは、VB6のレコードセットによく似ています。
 1レコードずつ参照し、取得した項目が配列に格納されています。
・SqlClient.SqlDataReaderに格納されている項目数は、FieldCountプロパティを利用して調べることができます。
  Debug.WriteLine("項目数 = " + sr.FieldCount())