GmailのようなWebメールを利用していると、メールを確認する際にWebサイトに接続する必要があります。
家のPCでこの作業を毎回行うのは面倒なので、利用しているメールソフトで確認できるようにしたいと思うことがあります。
今回は、Windows Vistaに標準で搭載されているメールソフト(Windowsメール)でGoogleが提供しているメールサービス(Gmail)のメールを受信する方法について説明します。

以下、設定手順。
《Gmail側での作業》
 1.Gmailにログインする。
 2.画面右上にある[設定]のリンクをクリックする。
 3.[メール転送とPOP/IMAP]のリンクをクリックする。
  →設定の下に[全般] [アカウントの設定]…というリンクがあります。
   その中から[メール転送とPOP/IMAP]を選択して下さい。
 4.設定画面の一番下にある[IMAPアクセス]の[1.ステータス]で[IMAPを有効にする]にチェックを付ける。
 5.[変更を保存]ボタンを押す。
  →設定が変更されます。
《Windowsメール側での作業》
 1.アカウントを新規に追加する。
  1)メニューバーから[ツール]-[アカウント]を選択する。
  2)追加ボタンを押す。
  3)[追加するアカウントの種類]で「電子メールアカウント」を選択し、[次へ]ボタンを押す。
  4)[表示名]にメールの差出人に設定する名前を入力し、[次へ]ボタンを押す。
  5)[電子メールアドレス]にGmailのメールアドレスを入力し、[次へ]ボタンを押す。
  6)電子メールサーバーのセットアップは、以下のように設定し、[次へ]ボタンを押す。
   ・[受信メールサーバの種類] : IMAP
   ・[受信メール(POP3またはIMAP)サーバー] : imap.gmail.com
   ・[送信メール(SMTP)サーバー] : smtp.gmail.com
   ・[送信サーバーは認証が必要] : チェックを付ける
  7)インターネットメールログオンは、以下のように設定し、[次へ]ボタンを押す。
   ・[ユーザー名] : 電子メールアドレス
    →項番1.5)で入力したアドレス
   ・[パスワード] : Gmailのログイン時に使用するパスワード
  8)[今は電子メールとフォルダをダウンロードしない]にチェックを付けて、[完了]ボタンを押す。
 2.詳細設定を行う。
  1)メニューバーから[ツール]-[アカウント]を選択する。
  2)一覧からインターネットのアカウントを選択し、[プロパティ]ボタンを押す。
   →通常であれば、「imap.gmail.com」の名前で登録されていると思います。
  3)詳細設定タブを選択する。
  4)[サーバーのポート番号]を以下の通りに設定し、[OK]ボタンを押す。
   ・[送信メール(SMTP)] : 465
   ・[このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要] : チェックを付ける
   ・[受信メール(IMAP)] : 993
   ・[このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要] : チェックを付ける

設定が完了すると「電子メールとフォルダをダウンロードしますか?」のような内容のメッセージボックスが表示されますので、[OK]ボタンを押してダウンロードしましょう。
その後は、GmailのメールをWindowsメールで確認することができるようになります。

【補足事項】
・メールソフト(Windowsメール等)からWebメールを確認する場合、Webメール側のサービスが対応している必要があります。
 (全てのWebメールが対応しているわけではありませんので、ご注意下さい
・メールの送受信用のプロトコルには、SMTP, POP, IMAPがあります。
・POPは、クライアント端末にメールの実体をダウンロードするため、サーバ上にデータが残りません。
 →プロバイダ等が一般的に提供しているタイプのメールサービスがこれに該当します。
・IMAPは、原則としてサーバにメールのデータを保管します。
 そのため、違う端末からアクセスしてもメールを確認することができます。
 →Webメールの形態だと考えてください。