Visual Studioで利用できるリファクタリングツールを紹介します。
VB.NET用のリファクタリングツールの一つに「Refactor! for Visual Basic」というものがあります。
この製品は、Devexpressから提供されており、無償で利用できます。
(完全な日本語対応版ではないため、メニューの半分位が英語ですが…)

以下、ダウンロード〜インストール手順です。
《ダウンロード手順》
 1.上記のサイトにアクセスします。
 2.製品情報の右側にある「製品のダウンロード(Download Your Copy Now)」をクリックします。
  →ダウンロードが始まります。

《インストール手順》
 1.ダウンロードしたファイルを実行します。
 2.ウィザードに従ってインストールします。
  特に問題なければ、デフォルトのままで構いません。

インストール完了後、Visual Studioを起動し、適当なソリューションを開いて動作を確認してみましょう。
変数やメソッドにカーソルを合わせて右クリックすると、メニューに「Refactor!」が追加されています。
「Refactor!」では、以下のようなことができます。(以下は、一例です)
 ・変数の宣言位置を変更する。
 ・宣言と代入文をまとめる/分割する。
 ・メソッドからプロパティを作成する。
 ・メソッドの引数を増やす/減らす。

使い方については、「Visual Basic 2005 のリファクタリング」で確認して下さい。

とりあえず、動くコードを書いてから体裁を整える場合には、非常に有用なツールです。
インストールしておいて損はないかと思います。

【補足事項】
フル機能版は、有償($99)となっていますので、ご注意下さい。
・無償のユーザ登録を行うと、追加パックがダウンロードできます。
 「Bonus Refactorings for Visual Studio 2005, 2008」
 ※ダウンロードページには、インストールで使用するパスワードも記載されていますので、メモしておきましょう。
・ユーザ登録は、Devexpressのサイトの「ご登録はこちら >>」から登録できます。
 →ユーザ登録は、翻訳サイト等を利用して、間違いのないように登録しましょう。
・C++用とASP.NET用の無償版も用意されています。