記事「【VB.NET】SQL Serverに接続する(ADO.NET) 」に関連した内容で、SqlDataAdapterを利用したデータの取得と値の更新方法について説明します。

データの取得は、以下の手順で行います。
 1.SqlDataAdapterのインスタンスを生成する。
 2.SqlCommandで実行するSQL文を指定する。
  →SqlDataAdapterのSelectSqlCommandプロパティを指定する。
 3.SqlDataAdapterのFill()メソッドを実行する。

また、データの反映は、以下の手順で行います。
 1.SqlDataAdapterのMissingSchemaActionプロパティを設定する。
 2.SqlCommandBuilderのインスタンスを生成する。
 3.SqlCommandBuilderのGetUpdateCommand()メソッドを実行する。
  →更新用SqlCommandを取得する。
 4.SqlDataAdapterのUpdate()メソッドを実行する。

以下、サンプル。
《事前準備》
 1.新規にWindowsアプリケーション プロジェクトを作成する。
 2.フォームにボタンを2個配置する。
  →コントロール名は、デフォルトのままで構いません。

《コード》
Imports System.Data.SqlClient

Public Class Form1

Private connection As SqlConnection
Private adapter As SqlDataAdapter
Private ds As DataSet

Private Sub Button1_Click( _
ByVal sender As System.Object, _
ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

'接続文字列の設定
Dim ServerName As String = "localhost"
Dim DBName As String = "AdventureWorks"

connection = New SqlConnection()
connection.ConnectionString = _
"Data Source = " & ServerName & _
";Initial Catalog = " & DBName & _
";Integrated Security = True"

'DBへの接続
connection.Open()

'データの取得
ds = New DataSet()

Dim sql As String
sql = "SELECT * FROM Production.Product"

adapter = New SqlDataAdapter()
adapter.SelectCommand = New SqlCommand(sql, connection)
adapter.SelectCommand.CommandType = CommandType.Text
adapter.Fill(ds)
Me.DataGridView1.DataSource = ds.Tables(0)

adapter.MissingSchemaAction = MissingSchemaAction.AddWithKey
End Sub

Private Sub Button2_Click( _
ByVal sender As System.Object, _
ByVal e As System.EventArgs) Handles Button2.Click

'更新用SQLの取得
Dim builder As SqlCommandBuilder = New SqlCommandBuilder(adapter)
builder.GetUpdateCommand()
Dim result As Integer

'データの更新
result = adapter.Update(ds.Tables(0))
End Sub


Private Sub Form1_FormClosed( _
ByVal sender As Object, _
ByVal e As System.Windows.Forms.FormClosedEventArgs) _
Handles Me.FormClosed

If connection.State <> ConnectionState.Closed Then
connection.Close()
End If
End Sub
End Class

このプログラムを実行し、Button1をクリックすると、DataGridViewにデータが表示されます。
DataGridViewの値を適当に変更して、Button2をクリックすると、変更した内容がデータベースに反映されます。
再度、Button1をクリックすると、データベースからデータを再読み込みします。
【補足事項】
・接続文字列は、各自の環境に合わせて変更して下さい。
・データベースへの接続は、Windows認証を利用しています。