ネットブック等のようにDVDドライブのないPCでもWindows 7をインストールできるようにするためのツール「Windows 7 USB/DVD Download Tool(WUDT)」が提供されています。
Windows Vista Ultimate SP1のPCを使って、Windows 7のインストールUSBメモリを作成してみました。

【用意するもの】
 ・Windows 7 USB DVD ダウンロードツール
 ・Windows 7のISOイメージファイル
 ・USBメモリ(4GB)

以下、ツールの入手〜インストール用USBメモリの作成手順です。
《Windows 7 USB/DVD ダウンロードツールの入手〜インストール》
 1.Windows 7 USB/DVD ダウンロード ツールにアクセスする。
 2.インストールの項の1.「Windows 7 USB〜ここをクリックします。」の「ここ」をクリックする。
  →ファイルのダウンロードが開始される。
 3.ダウンロードしたファイル(Windows7-USB-DVD-tool.exe)を実行する。
 4.ウィザードに従ってインストールする。
  →特に選択するものはないため、「次へ」を押していくだけでよい。

《Windows 7 インストール用USBメモリの作成手順》
 1.デスクトップの「Windows 7 USB DVD ダウンロード ツール」を実行する。
 2.[参照]ボタンを押し、Windows 7のISOファイルを選択する。
 3.[次へ]ボタンを押す。
 4.[USBデバイス]ボタンを押す。
 5.コンボボックスでUSBメモリを差し込んだドライブを選択する。
  →この画面が表示された段階でUSBメモリを差し込んだ場合は、コンボボックスの隣にある[最新の情報に更新]のマークを押す。
 6.[コピー開始]ボタンを押す。
  ※コピー開始を押した際にUSBメモリのドライブを使用していると、エラーが発生します。
   エクスプローラでUSBメモリのドライブを参照している場合は、エクスプローラを閉じて下さい。
 7.「起動可能なUSBデバイスが正しく作成されました」と表示される。
  →これで作成は完了です。

【補足事項】
・Windows 7のDVDからISOファイルを作成する場合は、ISOイメージ作成用ツールが必要です。
 (CD/DVDのライティングソフトやImgBurn等のフリーソフトを利用します)
・Windows 7 インストール用USBメモリを作成すると、ドライブのアイコンが専用のものに変わります。


--- 後日談(2009/11/01 追記) ---
このUSBを使って、ネットノート(TOSHIBA MX33)にインストールしたところ、特に問題なくインストールできました。
この方法でインストールする場合、ドライバやユーティリティ等を自分で組み込む必要があります。
(やり方が良く分からないという方は、興味本位でインストールしないように注意して下さい)
再セットアップ用ディスクやドライバ用ディスクが付属していない製品に対してインストールする場合は、事前にリカバリディスクを作ってからインストールしましょう。