前回の記事「【Android】開発環境を構築する」にてAndroidの開発環境を構築しました。
今回は、エミュレータの作成についての説明です。

Android SDKには、Android用のエミュレータが付属しています。
しかし、エミュレータを起動するには、バージョンやサポート装置等を構成を指定してエミュレータの環境を構築する必要があります。
エミュレータの構成は、Android仮想デバイス(Android Virtual Device(ADT))と呼ばれています。

最新バージョンのAndroid SDKには、GUIでエミュレータの構成を作成できるツールが付属していますので、それを使用してエミュレータの構成を作成します。

以下、ツールの実行手順です。
 1.Androidをインストールしたフォルダを参照する。
 2.「SDK Setup.exe」を実行する。

以降は、ツール上の操作です。
最初にSDKのプラットフォームとAPIをインストールします。
 1.「Choose Packages to Install」というウィンドウが表示される。
 2.[Cancel]ボタンを押す。
 3.画面左側のツリーから[Settings]を選択する。
 4.[Force https://... 〜]にチェックをつける。
 5.[Save & Apply]ボタンを押す。
 6.画面左側のツリーから[Installed Packages]を選択する。
 7.[Update All]をクリックする。
  1)「Choose Packages to Install」というウィンドウが開く。
  2)[Accept All]にチェックを付ける。
  3)[Install Accepted]ボタンを押す。
   →インストールが開始されます。

インストール完了後、Android仮想デバイスの構成を作成します。
 1.画面左側のツリーから[Virtual Device]を選択する。
 2.[New...]ボタンを押す。
 3.以下の情報を入力します。
  ・Name
    →ADVの名前を指定します。
  ・Target
    →SDKのバージョンを指定します。
  ・SD Card
    →SDカードのサイズ、もしくは、SDカード用のファイルを指定します。
  ・Skin
    →画面の解像度を指定します。
     通常は、Built-inにあるサイズから指定します。
  ・Hardware
    →サポートする装置を選択します。
     SDカードやタッチパネルのサポート等を指定します。
 4.指定した構成で問題なければ、[Create AVD]ボタンを押す。
  →これで、Android仮想デバイスが作成されます。

作成したAndroid仮想デバイスは、以下の手順で実行できます。
 1.画面左側のツリーから[Virtual Device]を選択する。
 2.一覧から実行したいAndroid仮想デバイスを選択する。
 3.[Start]ボタンを押す。

※初回起動時は時間がかかります。
 (環境によっては5分以上かかることもあるようです)


【補足事項】
・作成済のAndroid仮想デバイス上で作成したプログラムの動作を確認することができます。
・Eclipse上からもAndroid仮想デバイスを選択することが可能です。
・Android仮想デバイスは、コマンドラインから作成することも可能です。