全ては時の中に…

システム開発全般の技術や開発に役立つツール、プログラミングのサンプルを紹介しています。

SQL Server

【VB.NET】SQL Serverのバックアップの進行状況を表示する

【VB.NET】SQL Serverの指定したデータベースを復元(リストア)する」にて質問がありましたので、バックアップとリストアの進行状況をプログレスバーで表示する方法について説明します。
進行状況を表示する場合には、BackupクラスやRestoreクラスに対して、イベントハンドラを追加する必要があります。
バックアップの場合をサンプルとして説明します。

以下、イベントハンドラの追加手順です。
 1.フォームにプログレスバー(ProgressBar)コントロールを配置する。
 2.プログレスバーの初期化を行う。
  →最大値、開始値、増分値、スタイル等を指定します。
 3.プログレスバーの更新用関数を作成する。
 4.項番3で作成した関数を以下のイベントに関連付ける。
  1)Backupkクラスの場合
   ・PercentCompleteイベント
   ・Completeイベント

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】SQL Serverの指定したデータベースを復元(リストア)する(其の参)

以前の記事「【VB.NET】SQL Serverの指定したデータベースを復元(リストア)する(其の弐)」の応用です。

上記の記事では、復元に利用する論理名を指定する場合、SQL Server Management Studioで論理名を確認していました。
今回は、自動的に論理名を取得する方法について説明します。

論理名は、バックアップファイル内に記載されています。
そのため、バックアップファイルからこの情報を読み込む処理を追加することで実装できます。

各種ファイル情報を取得するには、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.RestoreクラスのReadFileList()メソッドを取得します。
取得した各レコードの情報を参照することで、論理名等の必要な情報が取得できます。

ReadFileList()メソッドで取得した情報は、DataTable形式です。
そのため、DataTableRowを使って取得したデータの内容を参照する必要があります。
(複数のファイルがある場合には、DataTableRowが複数行取得できます)

以下、サンプル。
続きを読む

【Linux】LinuxでSQL Serverにアクセスする

LinuxからSQL Server 2005にアクセスするための方法について説明します。

LinuxからSQL Serverにアクセスするには、ODBC接続を利用します。
ODBC接続を利用するには、以下のライブラリが必要になります。

 1.unixODBC
 2.FreeTDS

上記のライブラリをインストールし、適切な設定を行うことで、SQL Serverへのアクセスが可能になります。

以下、設定手順です。
続きを読む

【SQL Server】画像ファイルをSQL文でINSERTする

SQL Serverを扱った場合に、画像ファイルをSQL文でデータベースに取り込む方法について説明します。
画像ファイルをSQL文でデータベースに取り込む場合、OPENROWSET()関数を利用します。

SQL文は、以下のようなものとなります。
INSERT INTO テーブル名(項目名1, 項目名2)
SELECT 値1, BulkColumn
FROM OPENROWSET(BULK N'画像ファイルのパス', SINGLE_BLOB)

上記のSELECT文中にBulkColumnという項目名があります。
このBulkColumnという項目名を指定すると、OPENROWSET()関数で取得したバイナリデータを読み取ることができます。
これをINSERT文で指定するデータ項目として利用します。
(その他の項目は、定数で指定する等して下さい)
続きを読む

【SQL Server】別名定義を使って「localhost」でアクセスする

Windows XP(または、Windows 2000)にインストールしたSQL Server 2005(または、SQL Server 2000)に対して、インスタンス名を「localhost」として接続すると、接続に失敗する事象が発生することがあります。
(詳細は、以前の記事「【SQL Server】localhostを指定した接続が出来ない」を参照)

この事象が発生した際に、どうしても「localhost」という名前を使ってアクセスしたいのであれば、SQL Serverのインスタンスに対して「localhost」という別名を定義すればアクセスできるようになります。

以下、別名定義の手順。
続きを読む

【SQL Server】システムストアドプロシージャを利用してユーザを追加する

以前の記事「【SQL Server】ログインユーザを登録する 」に関連した内容です。
前回は、T-SQLを利用してユーザを作成する方法について説明しましたが、今回は、システムストアドプロシージャを使って登録する方法を説明します。

SQL Serverには、以下の2通りの認証方法があります。
 1.Windows認証
 2.SQL Server認証

認証方法によって使用するシステムストアドプロシージャが異なりますので、注意して下さい。

以下、構文。
続きを読む

【SQL Server】SQL Server 2008の自習書

SQL Server 2008を扱うことになったので、自習書シリーズを確認してみました。
自習書で、開発から運用までの一通りの知識を確認できるようになっています。

SQL Server 2008の自習書シリーズは、Microsoftのサイトからダウンロードできます。
 ・SQL Server 2008 自習書シリーズ

ざっと見たところ、以前より大分読みやすくなっていました。
(図付きで順を追って説明されているため、分かりやすくなっています)

これからSQL Server 2008の勉強をする方は、書籍を購入する前に自習書で学習してみては如何でしょうか。
続きを読む

【VB.NET】SQL Serverの指定したデータベースを復元(リストア)する

記事「【VB.NET】SQL Serverの指定したデータベースをバックアップする」でVB.NETからSQL Server 2005のデータベースをバックアップする方法について説明しました。
今回は、バックアップからデータベースを復元(リストア)する方法について説明します。
復元(リストア)するには、SMOのRestoreクラスを利用します。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】SQL Serverの指定したデータベースをバックアップする

VB.NETからSQL Server 2005の指定したデータベースをバックアップする方法について説明します。
SQL Serverの指定したデータベースをバックアップするためには、SMOのBackUpクラスを利用します。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】SMOを利用してSQLServerのデータベース情報を取得する

記事「【VB.NET】SMOを利用してSQL Serverに接続する」の続きです。
SMOを利用したデータベースの接続方法まで説明しました。
今回は、接続したデータベースの情報(テーブル、ビュー、ストアドプロシージャ等)の取得方法について説明します。
情報は、データベースの接続を保持するServerオブジェクトを利用して取得します。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】SMOを利用してSQL Serverに接続する

記事「【VB.NET】SMOを利用してSQL Serverのサーバ一覧を取得する」の続きです。
前回の記事では、SMOを利用してSQL Serverのサーバ一覧を取得する方法について説明しました。
今回は、SMOを利用してサーバに接続する方法について説明します。

SMOを利用してSQL Serverに接続する場合には、Microsoft.SqlServer.Management.smo.ServerクラスのConnectionContextを利用します。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】SMOを利用してSQL Serverのサーバ一覧を取得する

VB.NET等のプログラムからSQL Server 2005の管理(バックアップやリストア等)をプログラムで制御する場合、SMOを利用します。
今回は、このSMOを利用してネットワーク上にあるSQL Serverのサーバの一覧を取得する方法について説明します。
SMOを利用する場合、参照設定でライブラリを追加する必要があります。
サーバの一覧を取得するには、Microsoft.SqlServer.Management.smo.SmoApplication.EnumAvailableSqlServers()メソッドを利用します。
このメソッドは、以下の情報をDataTableの形式で返します。
 ・Name(サーバ名+インスタンス名)
 ・Server(サーバ名)
 ・Instance(インスタンス名)
 ・IsClusterd(クラスタ構成かどうか)
 ・Version(SQL Serverのバージョン)
 ・IsLocal(ローカルサーバかどうか)

以下、サンプル。
続きを読む

【SQL Server】WHERE条件で全角と半角文字を区別する(其の弐)

記事「【SQL Server】WHERE条件で全角と半角文字を区別する」の続きです。
前回は、WHERE句に指定する条件式が1つしかない場合にCOLLATE句を指定する方法について説明しました。
今回は、WHERE句に複数の条件を指定する場合にCOLLATE句を指定する方法について説明します。

以下、サンプル。
続きを読む

【SQL Server】WHERE条件で全角と半角文字を区別する

SQL Serverのデフォルトの設定では、WHERE句の条件で英数字を指定すると全角と半角の区別をせずにデータを取得してしまいます。
これは、照合順序というものが影響しています。
特定のSQL文のみで照合順序を変更したい場合には、COLLATE句を利用します。

以下、サンプル。
続きを読む

【SQL Server】文字列から指定した文字列の文字位置を取得する

SQLを利用して、ある文字列から指定した文字列の文字位置を取得したいことがあります。
SQL Serverで文字位置を検索する方法について説明します。
文字位置を検索するには、CHARINDEX()関数を利用します。

《構文》
CHARINDEX('検索する文字列', '検索対象となる文字列')
CHARINDEX('検索する文字列', '検索対象となる文字列', 検索開始位置)

以下、サンプル。
続きを読む
Recent Comments
Recent TrackBacks
Profile

ふりっつ

システムエンジニア
取得資格:
 ソフトウェア開発技術者
 MCP(70-290)
メールマガジン:
 【出張版】全ては時の中に…

メールマガジン
メルマガ登録・解除
【出張版】全ては時の中に…
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
ブログランキング
アクセス解析出会い




にほんブログ村 IT技術ブログへ

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

Amazon
スポンサー
HonyaClub.com

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

IT 関連資格ならクラムメディア問題集

  • ライブドアブログ