全ては時の中に…

システム開発全般の技術や開発に役立つツール、プログラミングのサンプルを紹介しています。

PowerBuilder

【PowerBuilder】小数部の切り捨て

PowerBuilderで用意されている端数処理用関数は、小数部の端数処理が四捨五入と切り捨てしかできません。
そのため、小数部の切り捨てを行う場合には、独自で切り捨て用の関数を作成する必要があります。
というわけで、汎用的な切り捨て用関数を作ってみました。

以下、サンプル。
続きを読む

【PowerBuilder】データベースへの接続

PowerBuilderでデータベースに接続する方法について説明します。
PowerBuilderでデータベースに接続するには、Transactionオブジェクトを利用します。
データベースの接続用オブジェクトとして、SQLCAというTransactionオブジェクトの変数が用意されています。
そのため、接続するデータベースが1つの場合には、このSQLCAを利用すればデータベースに接続することができます。
(複数ある場合には、後述するようにTransactionオブジェクトを独自で用意する必要があります)

Transactionオブジェクトには、接続するデータベースの情報を設定する必要があります。
(ADO等で利用する接続文字列(ConnectionString)と同じです)

以下、サンプル。
続きを読む

【PowerBuilder】ItemChangedイベントで関連した計算フィールドを更新する

データウィンドウのItemChangedイベント内では、変更後の値を利用するにはdata変数を利用する。
(data変数は、ItemChangedイベントの引数で、変更後の値を保持している)
ItemChangedイベント発生時点では、以下のような状態である。
 ・表示されている値は、変更されている。
 ・コード内で変更された値を使用する場合には、data変数を利用する。
 ・この時点では、計算フィールド等には影響を与えない。

そのため、変更した値を利用して計算フィールドを更新する場合には、以下の処理が必要となる。
 SetItem(rows, 項目名 or 項目番号, 値)

この処理を行うと、明示的に項目の値を変更するため、計算フィールド等にも影響を与えるようになる。
続きを読む

【PowerBuilder】Vistaで実行する場合に発生するエラー

PowerBuilderで作成した実行ファイルをVistaで実行する場合でのみ、以下のエラーが発生することがある。

《メッセージボックスのタイトル》
 PowerBuilderアプリケーションの実行エラー(R0025)
《メッセージ》
 アプリケーションは中断されました。
 エラー:Double型かReal型の式がオーバーフローしました
 関数xxxxxのn行目(xxxxxのオブジェクト)
続きを読む

【PowerBuilder】複数のデータウィンドウでデータを共有する(ShareDataメソッド)

複数のデータウィンドウやデータストアでデータを共有する場合には、ShareDataメソッドを利用すれば良い。

【構文】
 dw_primary.ShareData(DataWindow dw_secondary)
 dw_primary.ShareData(DataWindowchild dw_secondary)
 dw_primary.ShareData(DataStore dw_secondary)
続きを読む

【PowerBuilder】ドロップダウンデータウィンドウを利用する

ドロップダウンデータウィンドウを利用する場合、プロパティを設定しただけでは、実行時にデータを表示することができない。

そのため、以下のイベントにドロップダウンデータウィンドウの値取得処理を記述しなければならない。
 ・WindowオブジェクトのOpenイベント
 ・Windowオブジェクトのコンストラクタ

以下、サンプル。
続きを読む

【PowerBuilder】PowerBuilderを利用するメリットとデメリット

PowerBuilderを利用するメリット/デメリットは、以下の通り。
【メリット】
 ・PowerBuilderは、開発言語ではなく、開発ツールである。
  →独自のスクリプトを覚える必要はあるが、比較的容易である。
 ・DBとの連携機能が強みである。
  →簡単な画面ならば即作成することができる。
  →帳票が作り易い。
  →Accessのフォームやレポートと同じ感覚で作成することができる。
 ・分野によっては、高い生産性を出すことができる。
【デメリット】
 ・APIを多用するようなアプリには、あまり向かない。
 ・最新の環境への対応が遅い。
  →2007年9月末時点でVista対応版は、リリースされていない。
 ・開発環境が広く普及していないため、情報が少ない。
  →インターネットでも、あまり情報を得ることができない。
続きを読む

【PowerBuilder】SetItem

Power BuilderでDataWindow内のコントロールに値を設定する場合、以下の方法を利用する。
 1.ドット表記を利用する(dw.object.xxx)
 2.SetItem()メソッドを利用する

上記の方法には、内部処理に違いがある。

以下、サンプコード。
続きを読む
Recent Comments
Recent TrackBacks
Profile
メールマガジン
メルマガ登録・解除
【出張版】全ては時の中に…
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
ブログランキング
アクセス解析出会い




にほんブログ村 IT技術ブログへ

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

Amazon
スポンサー
HonyaClub.com

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

IT 関連資格ならクラムメディア問題集

  • ライブドアブログ