全ては時の中に…

システム開発全般の技術や開発に役立つツール、プログラミングのサンプルを紹介しています。

プロジェクト管理

【ソフトウェア紹介】OpenProject(プロジェクト管理ツール)

無料のプロジェクト管理ソフトでOpenProjectが公開されています。
このソフトでは、MS-Projectのファイルも開くことができます。

openproj.orgからダウンロードできます。

以下、インストール手順。
続きを読む

【プロジェクト管理】会計基準の変更について

2009年4月に変更される会計基準から、SI契約にも「工事進行基準」が適用される。
(会計基準は、上場や規模等を問わず、全ての企業に導入される)
この「工事進行基準」は、進捗度に応じて収益を計上するので、正確な見積りを必要とする。
また、厳密なプロジェクト管理が必要になる。
(進捗に応じて収益計上するのだから当たり前だけど…)

最近では、プロジェクト管理の必要性や頭脳労働者の労働条件について色々と議論されている。
こういった世情を反映したかのような会計基準の適用により、不透明になっていた部分を透明にする絶好の機会だというのは言うまでもない。
少なくとも、一般企業に対して透明になることは確かである。
続きを読む

【プロジェクト管理】対立解決法について

今回は、プログラミングではなく、プロジェクトマネジメントの手法について紹介する。(マネジメント体系は、PMBOKに従う)

コミュニケーションマネジメントの中に対立解決法というものがあるので、これについて説明する。

対立は、組織間、技術的、個人間の調整が上手くいかない場合に生じる。
このような問題は、以下の事象から発生する。
 ・スコープ
 ・スケジュール(納期)
 ・コスト
 ・リソース(人、機材、金銭、時間)
 ・優先度(顧客とシステム側で優先度が違う 等)
 ・技術上の見解(技術者同士の対立)
 ・手続きの複雑さ(自組織、組織間での複雑な手続き)
 ・個性

このような問題は、表面化するまで放置しておくと、関係が拗れる場合が多い。プロジェクトマネージャ(以下、PM)は、事前に対立になりそうな事象について予測し、積極的に解決を図る必要がある。この対立を解決する方法として、以下のような技法がある。
【対立解決法】
 1.強制(Forcing)
 2.平穏/鎮静(Smoothing)
 3.撤回/撤退(Withdrawal)
 4.妥協(Compromising)
 5.対決/対峙(Confronting)

以下、解決方法の説明。
続きを読む

【プロジェクト管理】プロジェクト管理について

プロジェクト管理…SEにとって、最も触れたくない領域という方が多いのではないでしょうか?
何年もSEをやっていると、設計やプログラミングだけでなく、プロジェクト管理もやることになります。これって結構面倒なんですが、組織として利益を確保するためには、絶対に必要なことなんですよね。誰かがやらなければ、絶対にプロジェクトは上手くいきません。

プロジェクト管理は、最低限でも
 ・プロジェクト計画
 ・予算、要員管理
 ・スケジュール管理
 ・リスク管理
 ・課題管理
は、やるものだと思っていたのですが、プロジェクト計画、スケジュールの管理しかやっていない会社って結構多いのですよね…。

ある一定規模以上のプロジェクトでは、QCD(Q:品質、C:費用、D:納期)に関係のあるリスクや課題管理は必須です。やっておかないと、利益の圧迫につながるだけなので…。

技術力がある方ほど、この辺が疎かになり易い傾向があるようです。開発が楽しいという概念は痛いほど良くわかるのですが、趣味ではなく仕事として開発している以上、利益を追求しなければならないのは仕方のないことだと認識し、リスク管理や課題管理を徹底していくことをお勧めします。
続きを読む
Recent Comments
Recent TrackBacks
Profile

ふりっつ

システムエンジニア
取得資格:
 ソフトウェア開発技術者
 MCP(70-290)
メールマガジン:
 【出張版】全ては時の中に…

メールマガジン
メルマガ登録・解除
【出張版】全ては時の中に…
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
ブログランキング
アクセス解析出会い




にほんブログ村 IT技術ブログへ

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

Amazon
スポンサー
HonyaClub.com

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

IT 関連資格ならクラムメディア問題集

  • ライブドアブログ