全ては時の中に…

システム開発全般の技術や開発に役立つツール、プログラミングのサンプルを紹介しています。

一覧

コマンドシェルの記事一覧

【目次】コマンドシェル


コマンドプロンプト/VBScript(WSH含む)/PowerShell
続きを読む

VB.NETの記事一覧

【目次】VB.NET


続きを読む

MS Office関連の記事一覧

【目次】Microsoft Office


続きを読む

【Excel VBA】ファイル一覧を取得する

Excel VBAでファイル一覧を取得する方法について説明します。
ファイル一覧を取得するには、FileSystemObjectを利用します。
FileSystemObjectは、以下のような場合に利用します。
 ・指定したファイルのファイル情報を取得する
 ・指定したフォルダのフォルダ情報を取得する
 ・指定したフォルダにあるファイル情報を取得する 等
※ここで紹介したものは一例であり、他の使い方もできます。

FileSystemObjectを利用するには、以下のような方法があります。
 1.「Microsoft Scripting Runtime」を参照する
 2.CreateObject()関数を利用する

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】SMOを利用してSQL Serverのサーバ一覧を取得する

VB.NET等のプログラムからSQL Server 2005の管理(バックアップやリストア等)をプログラムで制御する場合、SMOを利用します。
今回は、このSMOを利用してネットワーク上にあるSQL Serverのサーバの一覧を取得する方法について説明します。
SMOを利用する場合、参照設定でライブラリを追加する必要があります。
サーバの一覧を取得するには、Microsoft.SqlServer.Management.smo.SmoApplication.EnumAvailableSqlServers()メソッドを利用します。
このメソッドは、以下の情報をDataTableの形式で返します。
 ・Name(サーバ名+インスタンス名)
 ・Server(サーバ名)
 ・Instance(インスタンス名)
 ・IsClusterd(クラスタ構成かどうか)
 ・Version(SQL Serverのバージョン)
 ・IsLocal(ローカルサーバかどうか)

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】指定したクラスのメンバ一覧を取得する

VB.NETには、リフレクションという仕組みが用意されています。
この仕組みを使うと実行ファイル(DLL, EXE 等)やソースコードから様々な情報を取得することができます。
取得できる情報には、ファイル名やバージョンだけでなく、メソッド名やプロパティ等も含まれます。
今回は、リフレクションを利用して指定したクラスやデータ型のメンバ一覧を取得する方法について説明します。
メンバには、イベントやメソッド、プロパティ等が含まれます。

以下、サンプル。
続きを読む

【SQL Server】指定したデータベースのテーブル一覧を取得する

SQL Serverで指定したデータベースのテーブル一覧を取得する方法について説明します。
テーブル一覧を取得する方法には、以下の方法があります。
1.システムビュー(sysobjects)を利用する
2.カタログテーブルを利用する

以下、各方法の説明です。
続きを読む

【SQL Server】DBCCのヘルプを表示する

SQL ServerのDBCCコマンドのヘルプを表示する方法について説明します。
クエリとして、以下を入力すると、コマンドの一覧が表示されます。
DBCC HELP('?')

ここで調べたコマンドの構文を確認したい場合には、以下を実行します。
DBCC HELP('コマンド名')

このコマンドの実行結果は、指定したコマンドの構文のみとなります。
(各オプションの設定値の意味までは表示されないため、参考程度となります)
続きを読む

【VB.NET】.NETで利用できるエンコード一覧を取得する

GetEncoding()メソッドを利用して、文字セットを指定する場合、文字セット(エンコード)の名称やコードページ番号が分からないことがあります。
これでは、文字セットを指定することができないので、.NETで使用できる文字セットの一覧を取得し、名称やコードページ番号を把握する方法について説明します。

以下、サンプルです。
続きを読む

【VB.NET】WMIを利用する(其の壱)

前回の記事(「VB.NETでディスク情報を取得する」)でも利用したSystem.Managementについて説明する。
WMI(Windows Management Instrumentation)に実装されているシステム、デバイス、アプリケーションに関する管理情報と管理イベントへのアクセスを行うために利用する。
この名前空間のクラスを利用すれば、以下のような情報を扱うことができる。
※以下は、はあくまでも一例であり、他の情報を取り扱うこともできる。
 ・ディスク関連の情報
  →ディスクの空き容量等も調べることができる。
 ・ネットワークの情報
  →ネットワークアダプタから情報を取得できる。
 ・OSの情報
  →OSの名称やバージョン等の情報を取得できる。
続きを読む

【VB.NET】列挙型の値一覧を取得する

列挙型を使用しているとその値を一覧化したくなる場合がある。
その場合には、以下のようなプログラムを作成する必要がある。
尚、ScrollBars列挙型をサンプルとして使用している。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】フォルダ内の全てのファイルを取得する

VB.NETで指定したフォルダ内の全ファイルを取得する方法を説明する。
System.IO.Directory.GetFiles()メソッドを利用すれば、指定したフォルダ内の全ファイルを取得することができる。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】リストビューを使用する(其の壱)

リストビューについて説明すると長くなるので、何回に分けて説明する。
今回は、リストビューの概要とリストビューにアイテムを追加する方法を説明する。

《リストビューコントロールの概要》
 ・多くのアイテムを一覧表示し、その中からアイテムを選択できる。
  →エクスプローラの右側(ファイルのアイコンが表示される側)
 ・表示方法には以下の4つがある。
   1.大きいアイコン
   2.小さいアイコン
   3.一覧表示
   4.詳細表示
  →エクスプローラのメニューで[表示]を選択すると設定できる。

詳細表示では、アイコンと表示するテキスト以外にも詳細な情報を表示することができる。情報を変更する必要がないのであれば、データグリッドではなく、リストビューを利用した方が実装が楽な場合もあるので、使い方を覚えておくと便利である。

【リストビューにアイテムを追加する】
 一番頻繁に利用するアイテムの追加手順は、以下の通りである。
続きを読む

【VB.NET】Windowsサービスを取得する

VB.NETでWindowsに登録されているサービスを取得する方法がある。
サービスを扱う場合には、参照設定を追加する必要があるので、注意すること。

※Windowsに登録されているサービスとは、Windowsの[コントロールパネル]-[管理ツール]-[サービス]に表示されるサービスのこと。

以下、サンプル。
続きを読む
Recent Comments
Recent TrackBacks
Profile

ふりっつ

システムエンジニア
取得資格:
 ソフトウェア開発技術者
 MCP(70-290)
メールマガジン:
 【出張版】全ては時の中に…

メールマガジン
メルマガ登録・解除
【出張版】全ては時の中に…
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
ブログランキング
アクセス解析出会い




にほんブログ村 IT技術ブログへ

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

Amazon
スポンサー
HonyaClub.com

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

IT 関連資格ならクラムメディア問題集

  • ライブドアブログ