全ては時の中に…

システム開発全般の技術や開発に役立つツール、プログラミングのサンプルを紹介しています。

開発環境

【Android】開発環境を構築する

Google Androidの勉強を開始したので、メモ書きを残すことにしました。
まずは、開発環境の構築から。

以下の開発環境を利用します。
 ・Eclipse 3.5(IDE)
 ・Android SDK December 2009
 ・Java 2 SDK(JDK) 6 update 17

以下に開発環境の入手〜Eclipseの設定手順を記載します。
続きを読む

【Eee PC】Virtual PCを利用してVisual Studio 2008を利用する

Visual Studio 2008は、インストール先をシステムドライブ以外に指定しても、システムドライブに約2GBのファイルをインストールされてしまいます。
そのため、Eee PCに直接インストールすることができません。
(Eee PCのコンパクトフラッシュは、容量が4GBしかないため、容量不足になってしまいます)

そこで、Virtual PCを使って外付けのハードディスクに開発環境を整えてみました。
Eee PCの通常設定では、CPUの能力不足でVirtual PCを満足に動作させることができませんが、以前の記事「【Eee PC】動作クロック数を変更する」で紹介した「eeeclock」で動作クロック数を上げることにより、Virtual PCを実用に耐え得る速度で動かすことができるようになります。
Virtual PCを利用するには、メモリを増設しておく必要があります。
(メモリは、2GBにしておくと良いでしょう)

※外付けのハードディスクに仮想化しておけば、Eee PC以外でも利用できるところがポイントです。

以下、環境構築の方法です。
続きを読む

【Ruby】Visual StudioでRubyの開発を行う

複数の開発言語を使っている開発者の方には共感してもらえると思うが、利用する言語によって開発環境を切り替えるのは面倒である。画面やメニューの用語等も統一されていないため、できれば統一したいと思う。
そこで、Visual Studio 2005を利用してRubyの開発を行うことができるかどうか探してみたところ、"Ruby In Steel Personal Edition"なるものを発見した。英語版しかリリースされていないが、個人版は無料(フリーソフト)なので、開発環境にVisual Studio 2005を利用している方は試してみると良いかも…

【必要な環境】
 ・Visual Studio 2005 Standard Edition以上
 ・Ruby本体
 ・Ruby In Steel Personal Edition
続きを読む

【PowerBuilder】PowerBuilderを利用するメリットとデメリット

PowerBuilderを利用するメリット/デメリットは、以下の通り。
【メリット】
 ・PowerBuilderは、開発言語ではなく、開発ツールである。
  →独自のスクリプトを覚える必要はあるが、比較的容易である。
 ・DBとの連携機能が強みである。
  →簡単な画面ならば即作成することができる。
  →帳票が作り易い。
  →Accessのフォームやレポートと同じ感覚で作成することができる。
 ・分野によっては、高い生産性を出すことができる。
【デメリット】
 ・APIを多用するようなアプリには、あまり向かない。
 ・最新の環境への対応が遅い。
  →2007年9月末時点でVista対応版は、リリースされていない。
 ・開発環境が広く普及していないため、情報が少ない。
  →インターネットでも、あまり情報を得ることができない。
続きを読む
Recent Comments
Recent TrackBacks
Profile

ふりっつ

システムエンジニア
取得資格:
 ソフトウェア開発技術者
 MCP(70-290)
メールマガジン:
 【出張版】全ては時の中に…

メールマガジン
メルマガ登録・解除
【出張版】全ては時の中に…
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
ブログランキング
アクセス解析出会い




にほんブログ村 IT技術ブログへ

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

Amazon
スポンサー
HonyaClub.com

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

IT 関連資格ならクラムメディア問題集

  • ライブドアブログ