全ては時の中に…

システム開発全般の技術や開発に役立つツール、プログラミングのサンプルを紹介しています。

PowerShell

コマンドシェルの記事一覧

【目次】コマンドシェル


コマンドプロンプト/VBScript(WSH含む)/PowerShell
続きを読む

【PowerShell】進行状況を表示する

PowerShellで進行状況を表示するには、Write-Progressコマンドレットを利用します。
PowerShellでは、プログレスバーの表示は、1つのみしかサポートされていない点に注意して下さい。
そのため、圧縮解凍ソフトのように全体とファイルのように複数の進行状況を示すことはできません。
Write-Progressコマンドレットを実行した時点で既にプログレスバーが表示されている場合、そのプログレスバーの情報を上書きします。表示されていない場合には、新しいプログレスバーを作成します。

以下、サンプル。
続きを読む

【PowerShell】ドライブを確認する

以前の記事「【PowerShell】環境変数を利用する 」で紹介したように、PowerShellには、PowerShellドライブ(PSドライブ)というものが用意されている。
このPSドライブを含めてドライブを確認する方法について説明する。
ドライブを確認するには、「Get-PSDrive」コマンドを利用する。

以下、サンプル。
続きを読む

【PowerShell】環境変数を利用する

PowerShellから環境変数を利用するには、「Env:環境変数名」を利用する。
環境変数を扱うには、以下を利用する。
 1.PowerShellプロバイダ(PSプロバイダ)のEnvironment
  →PSプロバイダのEnvironmentは、環境変数のデータを扱う。
 2.PowerShellドライブ(PSドライブ)のEnv
  →環境変数を扱うドライブレターとして「Env」が用意されている。

 ※PSプロバイダとPSドライブについては、後述する。

以下、サンプル。
続きを読む

【PowerShell】Windows PowerShell 2.0 CTPでGet-Helpが利用できない

PowerShell 1.0とPowerShell 2.0 CTPは、共存できないので、Eee PCにPowerShell 2.0 CTPをインストールしてみた。
2.0で増えたコマンドを確認するため、以下のコマンドを実行した。

PS C:\> Get-Command

試しに新しく増えたコマンドのヘルプを見ようと思い、Get-Helpを利用してみたところ、以下のエラーが発生…

PS C:\> Get-Help Get-PSJob

Get-Help : Error loading help content for Get-Process from file "Microsoft.PowerShell.Commands.Management.dll-Help.xml"
. Details: Microsoft.PowerShell.Commands.Management.dll-Help.xml.
At line:1 char:9
+ Get-Help <<<< Get-PSJob

何これ?嫌がらせ?
「Microsoft.PowerShell.Commands.Management.dll-Help.xml」が見当たらないというメッセージなので、PowerShellがインストールされているフォルダを確認してみた。
(「%WinDir%\System32\WindowsPowerShell\v1.0\en-US」にインストールされている)
「Microsoft.PowerShell.Commands.Management.dll-Help.xml」がフォルダ内にあるのに何故?
続きを読む

【PowerShell】ヒア文字列を利用する

以前の記事「【PowerShell】エスケープシーケンス 」でエスケープシーケンスについて説明した。
このエスケープシーケンスを利用せずに「"」(二重引用符)等の文字列を変数に設定する方法にヒア文字列というものがある。
ヒア文字列とは、「@"文字列"@」の形式で記述する文字列のことである。

以下、サンプル。
続きを読む

【PowerShell】文字列内で変数を参照する

PowerShellの変数を文字列に組み込む場合の方法について説明する。
変数を文字列に組み込む方法としては、以下の方法がある。
 1.文字列にキャストした状態で"+"演算子を使って文字列を連結する。
 2.「"」(ダブルクォーテーション)で囲った文字列中に変数を指定する。

1の方法は、以下のような連結方法を指す。

 PS C:\> $Val = "abc"
 PS C:\> [String]"Val = " + $Val

2の方法は、以下のように文字列内に組み込む。

 PS C:\> $Val = "abc"
 PS C:\> "Val = $Val"
続きを読む

【PowerShell】現在日時を取得する

PowerShellで現在日時を取得するには、Get-Dateコマンドを利用する。
以下、サンプル。

 PS C:\> Get-Date
 2008年3月2日 19:18:23

このようにシステム日付を取得することができる。
"2008/3/2 19:18:23"の形式で取得したい場合には、以下のようにする。

 PS C:\> Get-Date -format g
 2008/3/2 19:18:23
続きを読む

【PowerShell】データ型の変換

PowerShellで明示的に扱うデータ型を指定する場合には、キャストを利用する。
キャストの指定方法は、以下の2種類がある。
 1.型演算子の「-as」を利用する。
 2.「[データ型] 値」を利用する。

以下、サンプル。
続きを読む

【PowerShell】コマンドで四則演算を行う

PowerShellを利用している場合、コマンドとして四則演算(加減乗除)が行える。
Excel等と同じで、「1 + 1」のように入力すると、次の行に計算結果が表示される。

以下、サンプル。

PS C:\> #四則演算
PS C:\> 2 + 3
5
PS C:\> 2 - 3
-1
PS C:\> 2 * 3
6
PS C:\> 2 / 3
0.666666666666667

上記の演算以外にも、除算の余りを計算することも可能である。
この場合には、以下のように%を演算子として利用する。
続きを読む

【PowerShell】配列に値を設定する

以前の記事「【PowerShell】配列の利用」に関連したことで、配列の初期化や値の設定方法について説明する。

・配列に値を設定する方法には、以下のようなものがある。
 1.カンマ区切りで値を指定する。
  →値1, 値2, ...
 2.@()を利用して値を指定する。
  →@(値1, 値2, ...)

1の方法は、以前の記事「【PowerShell】配列の利用」で説明した方法。
2の方法は、以下のように設定する。
続きを読む

【PowerShell】配列の利用

PowerShellでも配列を扱うことができる。
以下、サンプル。

《コマンド》
 PS C:\> # ***** 文字列配列 *****
 PS C:\> $String = "A", "B", "C"
 PS C:\> Write-Host $String
 PS C:\> Write-Host $String[0]
 PS C:\> Write-Host $String[1]
 PS C:\> Write-Host $String[2]
 PS C:\> # ***** 数値配列 *****
 PS C:\> # --- 整数 ---
 PS C:\> $Number = 1, 2, 3
 PS C:\> Write-Host $Number
 PS C:\> Write-Host $Number[0]
 PS C:\> Write-Host $Number[1]
 PS C:\> Write-Host $Number[2]
 PS C:\> # --- 小数 ---
 PS C:\> $Number = 1.2, 3.4, 5.6
 PS C:\> Write-Host $Number
 PS C:\> Write-Host $Number[0]
 PS C:\> Write-Host $Number[1]
 PS C:\> Write-Host $Number[2]
続きを読む

【PowerShell】変数の利用

PowerShellでは、変数が利用できる。
変数を利用することにより、一連の処理の流れをスクリプトとして記述することができる。

PowerShellの変数の特徴として、以下がある。
 ・変数は、「$変数名」のように記述する。
 ・他のスクリプト言語同様、変数宣言は必要ない。
 ・データ型は、オブジェクト型である。
  →どのような値でも代入できる。

以下、サンプル。
続きを読む

【PowerShell】スクリプトファイル(.ps1)を実行する

PowerShellをインストールした状態では、スクリプトファイル(拡張子が".ps1"のファイル)を実行することができない。
※ここでいうスクリプトファイルとは、PowerShellの命令を記述したファイルを指す。

スクリプトファイルを実行するためには、実行ポリシーを変更する必要がある。
実行ポリシーを変更するためには、PowerShellを起動した状態で以下のコマンドを入力すればよい。

 Set-ExecutePolicy 実行ポリシー
続きを読む

【PowerShell】GACに登録されているDLLをコピーする

.NETからPowerShellを利用する場合、"System.Management.Automation.dll"が必要となる。
このファイルは、PowerShellをインストールした際にGAC(Global Assembly Cash)と呼ばれるアセンブリの配置場所に保管される。
(GACに保管されているアセンブリは、端末全体で参考可能になる)
このファイルに対し、参照設定を行う必要があるが、Visual Studioの参照設定からこのファイルを参照することはできない。
また、DLLファイルの実体がGAC以外に存在しないため、DLLファイルの保管場所を指定することもできない。
続きを読む
Recent Comments
Recent TrackBacks
Profile

ふりっつ

システムエンジニア
取得資格:
 ソフトウェア開発技術者
 MCP(70-290)
メールマガジン:
 【出張版】全ては時の中に…

メールマガジン
メルマガ登録・解除
【出張版】全ては時の中に…
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
ブログランキング
アクセス解析出会い




にほんブログ村 IT技術ブログへ

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

Amazon
スポンサー
HonyaClub.com

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

IT 関連資格ならクラムメディア問題集

  • ライブドアブログ