全ては時の中に…

システム開発全般の技術や開発に役立つツール、プログラミングのサンプルを紹介しています。

PrintDocument

【VB.NET】PrintDocumentを利用して画像を印刷する

記事「PrintDocumentを利用して印刷する」の続きで、画像を印刷する方法について説明します。
画像を印刷する場合、PrintEventArgsのGraphicsオブジェクトのDrawImage()メソッドを利用します。
PrintEventArgsは、PrintDocumentのPrintPageイベントの引数eとなっています。
そのため、PrintPageイベントを利用することで簡単に画像を印刷することができます。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】PrintDocumentを利用して多角形を印刷する

記事「PrintDocumentを利用して印刷する」の続きで、四角を印刷する方法について説明します。
多角形(三角形や五角形以上の多角形)を印刷する場合、PrintEventArgsのGraphicsオブジェクトのDrawPolygon()メソッドを利用します。
PrintEventArgsは、PrintDocumentのPrintPageイベントの引数eとなっています。
多角形を印刷するには、各頂点の座標を指定する必要があります。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】印刷プレビューを表示する

VB.NETで印刷プレビューを表示する方法について説明します。
印刷プレビューは、PrintPreviewDialogを利用して表示します。
表示する内容は、PrintPreviewDialogのDocumentプロパティに設定します。
このDocumentプロパティは、PrintDocumentクラスです。
印刷対象となるPrintDocumentのインスタンスを設定することで、印刷物をプレビュー表示できます。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】印刷する用紙の向きを横向きにする

VB.NETで用紙の向きを横向きにして印刷する方法について説明します。
用紙の向きは、PrintDocumentクラスのDefaultPageSettings.Landscapeプロパティで指定できます。
DefaultPageSettings.LandscapeプロパティをTrueに設定しておくと、印刷時の用紙の向きが横向きになります。
デフォルトでは、Falseに設定されているため、縦向きでの印刷となります。

PrintDocumentクラスのPrint()メソッドを実行する前に設定しておかなければならない点に注意して下さい。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】PrintDocumentを利用して円形(楕円形)を印刷する

記事「PrintDocumentを利用して印刷する」の続きで、円形(楕円形)を印刷する方法について説明します。
円形(楕円形)を印刷する場合、PrintEventArgsのGraphicsオブジェクトのDrawEllipse()メソッドを利用します。
PrintEventArgsは、PrintDocumentのPrintPageイベントの引数eとなっています。
そのため、PrintPageイベントを利用することで簡単に円形(楕円形)を印刷することができます。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】PrintDocumentを利用して四角を印刷する

記事「PrintDocumentを利用して印刷する」の続きで、四角を印刷する方法について説明します。
四角を印刷する場合、PrintEventArgsのGraphicsオブジェクトのDrawRectangle()メソッドを利用します。
PrintEventArgsは、PrintDocumentのPrintPageイベントの引数eとなっています。
そのため、PrintPageイベントを利用することで簡単に四角を印刷することができます。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】PrintDocumentを利用して直線を印刷する

記事「PrintDocumentを利用して印刷する」の続きで、直線を印刷する方法について説明します。
直線を印刷する場合、PrintEventArgsのGraphicsオブジェクトのDrawLine()メソッドを利用します。
PrintEventArgsは、PrintDocumentのPrintPageイベントの引数eとなっています。
そのため、PrintPageイベントを利用することで簡単に直線を印刷することができます。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】PrintDocumentを利用して文字列を印刷する

記事「PrintDocumentを利用して印刷する」の続きで、文字列を印刷する方法について説明します。
文字列を印刷する場合、PrintEventArgsのGraphicsオブジェクトのDrawString()メソッドを利用します。
PrintEventArgsは、PrintDocumentのPrintPageイベントの引数eとなっています。
そのため、PrintPageイベントを利用することで簡単に文字列を印刷することができます。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】PrintDocumentを利用して印刷する

.NETでは、PrintDocumentコントロールを利用することで印刷することができます。
印刷処理は、PrintDocumentのPrintPage()イベントハンドラに記述します。
PrintDocumentのPrint()メソッドを実行するとPrintDocumentに指定されている内容を印刷します。

今回は、紙には何も印刷せず、印刷処理が動作することだけを確認するためのコードをサンプルとして紹介します。

以下、サンプル。
続きを読む
Recent Comments
Recent TrackBacks
Profile

ふりっつ

システムエンジニア
取得資格:
 ソフトウェア開発技術者
 MCP(70-290)
メールマガジン:
 【出張版】全ては時の中に…

メールマガジン
メルマガ登録・解除
【出張版】全ては時の中に…
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
ブログランキング
アクセス解析出会い




にほんブログ村 IT技術ブログへ

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

Amazon
スポンサー
HonyaClub.com

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

IT 関連資格ならクラムメディア問題集

  • ライブドアブログ