森友・加計問題に触れたら「取材を打ち切る」と安倍事務所。自らモリカケ疑惑を認めたわけである。安倍晋三首相の山口県下関市の事務所が衆院選期間中、妻昭恵(55)の出席する演説会や会合の取材を拒否した。昭恵は森友学園問題の渦中にいたこともあり、有権者にどのような説明をするか注目されていた。地元での「森友・加計学園問題隠し」に批判が出ている。

 

 昭恵は、地元山口4区に入らない首相に代わり、選挙期間中に地元を回ることになっていた。

 

 公示日の10日、地元報道機関でつくる「下関市政記者クラブ」の記者の囲み取材に応じたが、直前に地元秘書が記者クラブ幹事社に「森友・加計問題に触れたら取材を打ち切る」と通告したため、問題に関する質問ができなかった。

 

 この日、下関市で開かれた出陣式には問題の追及を掲げて同区に無所属で立候補した黒川敦彦と山本太郎参院議員が姿を見せ、終了後に昭恵に握手を求めた。

 

 翌11日、地元の山口新聞に黒川候補と握手する昭恵の写真が掲載されると、事務所の対応が一変。事務所は記者クラブに対し、選挙期間中に地元で開催する全ての個人演説会や総決起大会の取材を「主催者権限」で拒否すると口頭で一方的に通告した。

 

 演説会や総決起大会には昭恵が出席することになっていた。街頭演説などの予定も一切公開されなくなり、13日に予定されていた昭恵の各社合同インタビューも一方的にキャンセルされた。

 

 記者クラブは抗議するとともに取材規制の撤回を文書で申し入れたが、事務所は取材拒否を撤回しないことを文書で回答した。ツイッターに昭恵を「取り囲みましょう」などと呼び掛けがあり「危害を加えかねない動きがある」として、来場者らの安全確保や演説会などの円滑な運営のためだとした。昭恵が候補者本人でないことも挙げた。記者クラブは再度、文書で抗議したが事務所は改めて口頭で拒否を伝えた。

 

 終盤の19日、下関市で開かれた総決起大会。ロビーに報道関係者の会場への立ち入りを禁じる紙が張られ、警察官が警備にあたる「厳戒態勢」が敷かれた。記者はロビーに漏れてくる演説の音を聞くしかなかった。

 

 22日夜、安倍首相の当選を受けて昭恵は事務所で報道各社の取材に応じたが、森友・加計問題には触れなかった。

 

 森友学園が大阪府豊中市の国有地の格安の払い下げを受けた問題では、昭恵が森友学園の計画していた小学校の名誉校長を一時務めていたことが明らかになっている。

 

 橋場義之・元上智大教授(ジャーナリズム論)の話 首相の言う「丁寧な説明」とかけ離れ、問題隠しと言われても仕方がない。事務所が事前に質問を封じたのもひきょうで、言論統制につながる危険な姿勢だ。昭恵の演説は候補者の代理人としての性格もあり、有権者に候補者の姿勢を説明する機会をなくしている。(以上 毎日新聞) (敬称略)