うさぎドロップ(感想239作目)3

  • author: aki09041
  • 2012年10月02日

10月2日 うさぎドロップ(感想239作目)

当ブログで鑑賞した映画の感想も239作品を超えて
ステキな金縛り&三銃士 王妃の首飾り&
マネーボール&スマグラー おまえの未来を運べ&
ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル&
三銃士 王妃の首飾りまで鑑賞して順番で更新だよ

アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので
5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます

当ブログにTB入らない場合は上記のブログ記事タイトルの方から
別館アメブロ記事の方へ是非ともコメント宜しく願い申し上げます

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

うさぎドロップ/松山ケンイチ、芦田愛菜

原作コミックは劇場で配布されていたお試し版でしか読んだことはありませんが、現在ノイタミナ枠で放映中のTVアニメにはどっぷりとハマっているところです、これが毎話ジーンと泣 ...

  • [ カノンな日々 ] 2012年10月02日 20:54

うさぎドロップ

『うさぎドロップ』@ヤクルトホール。 今回で最後という、ぴあの三連夜試写会二日目で鑑賞。 雑誌が終わるからといって三連夜試写会までやめることないのに。 意味わかんない。

  • [ あーうぃ だにぇっと ] 2012年10月02日 21:33

うさぎドロップ

お父さん、あのね 公式サイト。宇仁田ゆみ原作、SABU監督。松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、池脇千鶴、木村了、キタキマユ、風吹ジュン、中村梅雀。祖父鹿賀宋一はジジイになるま ...

  • [ 佐藤秀の徒然幻視録 ] 2012年10月02日 22:09

うさぎドロップ

うさぎドロップ [Blu-ray]クチコミを見る独身サラリーマンがひょんなことから“イクメン”に。松ケンが走る、走る!27歳の独身サラリーマン、ダイキチは、祖父の葬儀でりんという名前 ...

  • [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ] 2012年10月02日 23:09

「うさぎドロップ」、愛菜が可愛いぃ!

原作は漫画だ。 愛菜ちゃんのファンだろうか、 小学校高学年のお姉ちゃんに連れてきてもらった7〜8歳の男の子が ひとつ前の座席で静かに見ている。 だというのに予告編は 「さすらいの女神たち」という大人向けの映画だ。 かなり過激な描写のフランスの映画、 フラ

  • [ 風貴(カサキ)の映画大好き! ] 2012年10月03日 05:55

うさぎドロップ

27歳の独身サラリーマン、ダイキチが祖父の葬式で出会った悲しげな6歳の少女・りんは何と祖父の隠し子だった。 引き取り手のない彼女を、つい男気を見せて連れ帰ったものの、慣れない男の子育ては3日で限界! ダイキチは残業のない部署に異動し、りんは近隣の保育園に入所

  • [ 象のロケット ] 2012年10月03日 08:06

うさぎドロップ

★★★☆  祖父が死んで6才の隠し子がいることが判明。親戚の誰もがこの子の存在を煩わしく思っている。それで正義感と行きがかり上の意地も手伝って、袒父と瓜二つの河地ダイキチが、芦田愛菜ちゃん紛するりんを引き取ることになってしまう。 そしてこの6才の女の子りん

  • [ ケントのたそがれ劇場 ] 2012年10月04日 21:01

「うさぎドロップ」子供を引き取って初めて知った子育ての大変さと家族の愛情

「うさぎドロップ」は宇仁田ゆみ原作の「うさぎドロップ」を映画化した作品で祖父の葬式で隠し子がいる事が発覚し、その処遇を巡って親族会議が行われ、自ら引き取る事になった青 ...

  • [ オールマイティにコメンテート ] 2012年10月06日 00:00

『うさぎドロップ』『マイ・バック・ページ』を三軒茶屋シネマで観て、もふもふバタンキューふじき★★★★,★★★

三軒茶屋の戦前からありそうな映画館でマツケン2本立て。 マツケンはどっちも主役の筈なのに食われまくり。 椅子が昭和映画館椅子で硬くって尻泣きまくり。 そうだそうだ。昔は ...

  • [ ふじき78の死屍累々映画日記 ] 2012年10月07日 11:37

『うさぎドロップ』 ('11初鑑賞115・劇場)

☆☆☆−− (10段階評価で 6) 8月20日(土) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 16:05の回を鑑賞。

  • [ みはいる・BのB ] 2012年10月07日 22:39

うさぎドロップ

《うさぎドロップ》 2011年 日本映画 27歳独身のダイキチは、なりゆきでおじ

  • [ Diarydiary! ] 2012年10月08日 20:58

うさぎドロップ

原作を読んでないと、かなり「…ん?」な部分も多々だったけれど、ひたすらキャスティングの魅力で押し切ってた気がしました。 芦田愛菜も、本当にぴったりな年齢に出演できてヨカッタねヨカッタね。彼女のためにある、みたいな作品でした。 慣れない子育てに右往左往

  • [ のほほん便り ] 2012年10月22日 08:06

ページトップに戻る▲