___兎時間___

愛兎、呂布との生活

オムツするぞ!

d4f6d39f.jpgそこトイレと違いますから〜呂布さん!

うんちこぼすから…

8ea62b79.jpg新聞広告の上にいてもらいます(`□´)

新しい寝方

6e907a4e.jpg

病院です

95dbd0f7.jpg今日もいつもの前歯カットと膿の洗浄です

180度開脚

fa146639.jpg

とうもころし

トトロのメイちゃんが「とうもころし」って言うから、まねして言ってると「とうもろこし」と「とうもころし」どっちが本当か分からなくなったりしませんか?
今キーボード打ってたら「とうもころり」って打ってしまって、かわいいじゃん!って思いました。
なので私の中ではこれから「とうもころり」にします。

なぜいきなりとうもろこしなのかというと(ひらがな多い!)、とうもろこしが送られてきたからです。
富良野産のが皮付きどころか茎つきで10本ほど。
40Lのゴミ袋を用意してひとりでもくもくと皮を剥いていると、お決まりの様に呂布さんが邪魔しに来てくれました。

くれくれ邪魔しに来たら剥いてる皮をクンクンし、食いつこうとしてきました。
キミは犬かね?
外側の緑が濃いのは硬そうなので、試しに内側の透き通ってるような薄い皮をさしだしてみました。


もりもりそしたら食べました(笑)。
何でも食べるなぁ、本当に。
良いのか悪いのか。


なかなかですさすがに今まであげたことありませんでした、これは。
でも、人間だって1日30品目といわれているし、良いのかな?
でもでも、人間は雑食ですよねぇ。
呂布さんは・・・草食。
ん〜、本当は牧草だけ食べてれば良いんでしょうが。
いずれにしても体重が減ると心配なので、何かしらしっかり食べてくれるのは安心します。


もういいそんなことを考えている間に、3枚目を食べていたはずの呂布さんはゴロリ。
とうもろこしの皮は無残に打ち捨てられていました。


とうもころしそして剥き終わったとうもころりの山。
低農薬で栽培してあって、「虫がいる場合がありますが、無害な虫なのでご理解ください」と書いてある紙が入っていたので、虫に気付かないよう目を細めて視界をぼんやりさせながら作業しました。
無事1匹も虫に気付くことなく終了。
ほっ。
茹でる前から甘くて良い匂いが漂ってきて、幸せな気分になりました。


ところで世界陸上って続きを読む

DIVE

二日続けてHAKUEIの夢を見てしまい、私の頭はいかれていまったのではないかと少し不安な朝を迎えたあきぼーです。
昨日は、うちのすぐ側にあるパン屋さんにスーツ姿の男の人がいて、真剣にパンを選んでる姿に萌えました。
コンビ二でパン選んでるのは何とも思いませんが、小さなパン屋さんに男の人がスーツ着て一人でいるのがかわいかった。
あれ、この発想ってもしかして腐女子でしょうか?

飛びますよ〜話は変わりまして先日、呂布さんがこの高さから飛びました。
ケージの位置を先月変えて、今の位置にもずいぶん慣れたなと思っていたところでした。
横に置いてある牧草フィーダーを使って、ケージの屋根に登ってるなぁとは気付いていたのですが、まさか飛ぶとは。

唖然としました。
飛び降りた後、呂布自身もびっくりした様子で固まっていました。
やはり頭が小さいせいでしょうか、アホかと。
必死な時は何も見えなくなるようです。


なに撮ってんのしかし、そんな事言ってる場合ではなく、呂布は現在5歳と3ヶ月。
平均寿命7年と言われているうさぎの中では高齢といえるでしょう。
人間に直せば定年後。
こんな高さからダイブなんてしてる歳ではないでしょう。
先日のにんじん泥棒といい、ますます目が離せません。

__蛙時間__の追加

e650d9f6.jpg茨城最後の日、裏庭で咲きそうになっていたバラの葉の上にケロを発見しました。
何とも絵になる光景ではありませんか。
バシバシとデジカメで撮影しなくては!

ところが、ケロウォッチングのお供にヘビーユーズしてしたデジカメさんはバッテリー切れで眠ったまま動かなくなっていたのです。

泣く泣く200万画素の携帯カメラでの撮影となりました。
非常に残念でした。

呂布、またしても犯罪

はっ!昨日の夜、なにかガンガンガリガリと不審な音がしました。
音の出ているあたりへ目をやると、そこに広がる光景は・・・

この写真です。またしてもやられました。
高さ50cmくらいの高さの台ににんじんを置いていた私が悪いのです。
そうです。
しかし、まさか呂布さんがそこにあるにんじんを食べるために落とすとは。
一本丸ごとなんですから、結構重いと思うのです。
最近にんじんを使って料理をしてなかったので、久しぶりに嗅いだその匂いが呂布さんを誘惑してしまったんですね。



ええい ままよにんじん三本買って二本をカレーに使いました。
残りの一本はスープにでもしようと考えていましたが、呂布さんに所々ガリガリされてしまったので丸ごと進呈。
しかしにんじんは硬いので、もしかすると不正咬合で使いづらくなった門歯を使うリハビリになるのでは?
昔はただの木の棒とかガリガリしてたのですが、不正咬合になってからはあんまり門歯を使わないので色素沈着もしています。
これを機にかみ合わせに改善が見られたり、色素沈着が薄くなればこれからにんじん丸ごと定期的にあげちゃうことにしましょう。



ところで、続きを読む

食糞

もりもり
「食糞」って言葉、うさぎを良く知らない人が見たらかなり衝撃的な言葉ではないかと思います。
今までに食糞についての記事を書いたかと思いますが、自分でも何を書いたか忘れたのでもう一度書きます。
うさぎさんは食べる用のうんちを出します。
普通のうんちととは色もにおいも形(ぶどうの房状でつやつやした黒)も違います。
多分味も違います。
それを食べることで必要な栄養素を補うとか。
食べる姿勢はこんな感じです。
おしりに口を持っていって、直接食べます。

あ。見てた?しかし、草食動物って不思議です。
草食べるだけで血や肉や骨が作られるんです。
人間や肉食動物がこうやって姿形を保ってるのは納得いきますが、草食動物はあんな食生活であんなフワフワの毛やかわいらしい姿形を保っている。
うさぎって不思議です。

食糞は栄養が足りているとあまりしなくなってしまうそうです。
あと、太って体を曲げられなくなると食べられなくなる。
呂布さんしょっちゅう食糞落としてるんですよね。
どっちの原因でしょう。
■□■管理人■□■
■□■Comment■□■
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ