2009年06月25日

お金と生き方の学校

新田ヒカル氏の最新作「お金と生き方の学校」が本日発売になります。

ご存知のように、日本の義務教育ではお金と生き方について学ぶ機会はほとんどない。
有名大学出身者でさえ圧倒的にお金と生き方に対するリテラシーが不足している。
当人達は不足しているという認識すらないのではないだろうか。

本作品に登場する苫米地英人氏は著書「脳と心の洗い方」の中で「情報は隠されている」と主張する。
リップルマークという言葉をご存知だろうか?
それは、山の上にかつて海の中にあったときの波の跡が地層に出ている現象のことをいう。
私達は、山の頂上が海だったことを知っているのでリップルマークだとわかるが、それを知らない人は単なる山の模様と判断するかもしれない。

人は目の前に提示されていても知識がないと認識できない。
認識するための前提となる知識を隠してしまえば、見られても大丈夫。
情報を隠すことは洗脳の基本的な技術の一つ。

義務教育では得ることのできなかったお金と生き方の知識を学ぶ良い機会です。




aki40_365 at 07:19│Comments(0)TrackBack(0)読書 | 学習

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔