社会復帰前夜第一戦

絶対に負けられない闘いがここにもある…
ってことで明日から6週間の実習にいってきます!日々、勉強してはきましたが、勉強不足を実感するんだろうなぁ。
いろんな人に支えられてます。ありがとーございます。
今年のテーマである『謙虚』に、憧れの仕事に近づく一歩を味わってきまーす。

やわらかくなってきた(熟成してきたか!?)

スタバより…カレンダーより一日長いお正月休み。いろんな学びがありました。

人をエンターテインするためには、やはり自分が安定、余裕がなくてはいけない。

「頑張る」というのは一日では大した成果は出ないんだけれども、その一日一日をきちんと積み重ねないといけない。

時として、ホームで闘うよりもアウェイで闘うことの方が思い切りよく闘えることもある。

良くも悪くも習慣の力は協力なり。

人との関係性は、お互いの働きかけ合いである。お互いの矢印の向きや大きさ、種類が類似しているとその関係性はスムースにいく。

どうやら、次の仕事であるリハビリテーションはまさにその関係性を軸とする生業であること。(幸いなことに)嘘が通用しない仕事であること。

 

さて、今年の目標というかテーマは「謙虚」でいこうと思います。

(ちなみに今の体重は75KGです。昨年は振り返りません!w)

年始にいろんな方とメッセージのやりとりをさせていただくのですが、その中でいただいた言葉。“謙虚”とは「控え目で、つつましいこと。へりくだって、素直に相手の意見などを受け入れること。また、そのさま。」だそうです。

 

なぜ、この言葉にしたかというと、今年はほとんど自分が何をしていくのかが決まっている一年であり、その中心をなす“実習”に必要なのはまさにこの言葉なのだと思いまして…(もちろん、その先の再社会人生活でも特に必要な言葉だと思います)

1月下旬から3月頭まで実習。三カ月間次の実習準備をして、6月中旬から10月頭まで2回の実習が続きます。(この間に就職先が決まれば良し。)

10月頭からは2月下旬の国家試験に向けて受験生(ん?ということはもうすでにアタシは受験生なのか?)(この期間で筋トレもしたい…)

3月は英語の勉強したいなぁ。論文に挑戦しようかなぁ。

4月から再社会人

 

最後にいま現在世の中がどんな風にみえてきているか、感じられているか…

確実に身体は老化してきている。それを感じられるだけ感覚が戻ってきているのは良いこと。自分の動き方はもちろん、人ごみの中で姿勢・動作観察もどきを意識的にしている。この仕事は確実に人の健康資本を豊かにするお手伝いができる実感はある。

やはり、キレのある身体や動きをしている人はカッコいいと思うので、できればそちら側に居たい。

世の中の難しいニュースには興味はあるが情報量が少なくなったので議論する素材がなくなった。それぞれ発信者には発信者の理があるのだと思うようになった。(もちろん、自分なりの理、信条もあるが…闘う必要がないのならば闘わない。)

のんびり屋さんになった。「ま、いいか。」が使えるようになった。自虐ネタが少し使えるようになった。友情や人のつながりに心の底から支えられていると思えるようになった。最終的に自分が良いものは良いと信じられるようになった。

しかしながら、自分は自分であり、30年間培ってきたもの(文章作成力だったり、本読み体力だったり、発想力だったり、価値観だったり)は変わらないものであり、それが学生生活を支えてくれている。

 

総じて、いまの自分は気に入っているし、世の中を生きやすい仕様になったのではないかと思う。

本年もあんまり更新しないと思いますwが、よろしくお願いいたします。

走りの記録

05.12.04 第1回はだの丹沢水無川マラソン大会,21K 1時間4126秒。

06.12.03 第2回はだの丹沢水無川マラソン大会,21K 1時間5139秒。

08.12.06 第24NAHAマラソン,42K 4時間3016秒。

09.09.20 SydneyRunningFestival,full,42K 4時間32分。

 

10.07.04 GoldCoastAirportMarathon,42K 3時間55分。 フルマラソンPB

10.11.28 小江戸川越マラソン,21K 1時間3805秒。

 

11.10.23 第34回毛呂山鎌北湖マラソン,10K 4708秒。

11.11.06 第34回兵庫・丹波もみじの里マラソン,21K 2時間0221秒。With石田

11.11.27 小江戸川越マラソン,21K 1時間3240秒。 ハーフマラソンPB

 

12.01.08 第13回谷川真理ハーフマラソン,21K 2時間18分。With志強さん

12.01.15 第2回大東ふれあいマラソン大会,10K 第3位入賞w

12.03.04 第37回静岡駿府マラソン大会,21K 1時間55分。

12.07.27 第40回釧路マラソン,30K 2時間29分 よくやった★

12.10.28 第35回毛呂山鎌北湖マラソン,10K 4750秒。

12.11.25 小江戸川越マラソン, 21K 1時間40分。

 

13.01.20 第3回大東ふれあいマラソン大会,10K

13.01.27 第48回一色マラソン大会,21K 1時間44分。

13.02.10 東京赤羽ハーフマラソン,21K

13.03.03 第38回静岡駿府マラソン,10K 1時間7分。

 

16.04.10 まいばら入江干拓マラソン,15K 

16.10.08 東京30K

16.12.11 ホノルルマラソン,42K 

 

17.04.09 まいばら入江干拓マラソン,15K 1時間30分。

17.11.12 ジュビロ磐田メモリアルマラソン,21K 2時間31分。


予定 

18.04.06 まいばら入江干拓マラソン,15K 

2017年振り返りと2018年の目標ってやつ。

昨年は4月から6年ぶりに学生に戻りました。

30歳の僕にとっては、想像以上にとても大きな変化でした。

日記を振り返ると環境の変化に適応するのに、4ヶ月以上の時間を要しました。人の話聞き、自分に落としていくという作業は、昔はよく馴れたものでしたが、自分の吸収力のなさに戸惑いました。また、それ以外の変化への応対もしっかりと自分が安定するためには時間がかかりました。


今は自分でも自分自身の安定を感じています。実際に学生に戻って、心理的に想像と異なっていた部分は、何がなくても余裕が必要であるということ。クラスでは年上になるので必然的に自分は1プレーヤー以上の影響力を持ってしまう、そうした時に何を考え、どんな発言をするのか、余裕を持っていないと良い判断はできない。ということ。

余裕は余裕がある時に持つもの考えていたけれど、何がなくても、余裕を持つべし。ということです。
 

また、こんなにも、この分野の学びが飽きないものかということにも驚きがありました。もちろん、自分の状況が崖っぷちであるからかもしれませんが、知れば知るほど、もっと勉強したいと思える分野に出会えたこと、その意欲を持ち続けられていることは、今後の大いなる武器になることでしょう。
 

今後、気をつけなくてはいけないこととしては、「肩の荷がおりる」タイミングは必ずしも言語化できるものではないということ。自分ではプレッシャーを感じていないと思っていたイベントでも、実はそれまで眠れない日々が続いていたり、逆に当然、プレッシャーのかかるイベントでも、想定を超えない範囲で応対できてしまうこともありました。
 

体力の衰え(昨季までは事務職だったので体力を求められなかったこともあり)を感じる年でもありましたので、今年は常にコンディションには気を配って、イベントに臨みたいものです。


年齢や若さについては、多く考える機会があったように思います。

若いということが所属グループによって、いかに相対的なものでしかないということや、体力については一概に年齢というものが唯一のモノサシではないこと。しかし、生物学的に考えた時には男性と女性の若さには大きな違いがあること。などなど。若さというトピックについてはきっと今年もよくよく考える問いのように思います。


また、多くの新たな出会いがありました。

その中で最も多くされた質問は「なぜ、公務員を辞めたのか?」というものだったと思います。

本質的回答するのは、今後に譲りますが、辞めて正解だったこと。そして、簡単に手に入れてしまったものは手放す際に(一般に考えられるほど)執着がないということは言えそうです。

お金稼ぐことは大事なことだけれど、今度稼ぐ時には、こう使いたいから、これくらい稼ぎたいというビジョンを先に持って職業を選択していきたいものです。

年上、年下、様々な出会いがありました。また、旧絆(旧交)を温め直す年でもありました。今までやってきたこと、今までの自分を肯定することができた一年でした。今年は、相棒とよべる方に出会えるといいな。


大人かと問われれれば、大人でしょう。

若いかと問われれれば、その境界にいるのでしょう。

それが31歳を迎える今の自分の感覚です。


あと2年間の学生生活。様々なチャレンジをしながら、ゆっくりいこうと思います。



あぁ、忘れちゃっいけない恒例の2018年の目標は、7kg痩せること。(今年は具体的です)

そのために月間走行距離46kmとします。


心技体をそれぞれに充実させる年にしたいもんです。



結局のところ

どの世界で生きていくにしても
結局のところ、自分のキャラクターを
活かしていくしか方法はないんだ。

良い仕事をするためには、
時間をかけて編み上げていくしかないんだ。
丁寧に向き合うしかないんだ。
時間は有限だから、
どこにどれだけの時間をかけるべきか
考えて行動してごらん。

夏季講習

まるで予備校みたいですね、このタイトル。
PTの専門学校で開いてくれています。
PTになによりも必要なのは情熱や思い入れなのかな。

年齢がいっている分だけ、マイペースで懸命に勉強しないと。
何よりも自分の理想に追いつかない。
ベテランのPTですら、あれだけ勉強しているのだから、たまごのアタシは猶更です。
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

天気予報
Profile

アキ

1周回って理学療法士を目指して学生やってます。
趣味は身体を動かすことと読書。
ちなみに資格は...
健康運動指導士,体育学士
FitnessInstructer(CertNSW)
初級障害者スポーツ指導員
TOEIC755点

ほんだな
  • ライブドアブログ