2017年08月16日

賑やかな来客

お盆休み、どこ行っても混むだけだから自宅に籠もって写真雑誌の入力チェック作業

R9325844


夕方、3人やってきた。近くのスーパーに行って買い出し

R9325772


「あ、これ安いね」なかなかいい心がけだ

R9325774


帰宅して、仕込みを始める三人。三人とも、小生のゼミの学生

R9325777


「高校のとき、クッキング部だったんよ」のひとりがオリジナルなパスタを大量に作る

R9325788


なんでもスマホで撮っては、それで遊ぶ

R9325802


そろそろ始めましょ

R9325786


小生だけは、コレ

R9325791


宴たけなわ

R9325797


ついに踊りだす。ほんとうるさい賑やか。申し添えると、この三人は一切アルコール飲んでない(1年生だから当然だ)

R9325822


秘蔵していたビールを出す。「これ、卒業生から送ってきたんだぞ。よぅ覚えておけ」。おい、聞いてるか

R9325846


冷凍庫にある写真フィルムを発見される

R9325803


フィルム、知らんだろうなぁ。作品を見せる

R9325811


次はパンケーキを焼く。よく食うなぁ

R9325825


小生はコーヒーを淹れて、ひと息

R9325831


ここでサプライズ。少し遅れた誕生日プレゼントを貰う

R9325832


お返しじゃないけど、9月1日から銀座でおこなう写真展の案内を渡す

R9325835


じゃあねー

R9325840


またおいでー

R9325842


静かになったところで、チェック作業の再開

R9325845


banner_good
aki_miz at 09:10コメント(0) 
お仕事(教員) | 日々のこと

2017年08月12日

久々のテント泊は難行

西武池袋駅。秩父ゆき特急に乗り

DSCF5585


西武秩父で三峯神社へゆくバスに乗り継ぎ

DSCF5586


神社の宿泊施設に到着。今日はここで前泊

DSCF5588


翌朝5時、出発。今回の同行者は本学学生のK君。これまで何度か同行

DSCF5590


登山届けを出しますが、ポストがいっぱい

DSCF5591


最初は、なだらかな道ですが

DSCF5593


次第に険しく

DSCF5594


それでも半分は来たぞ

DSCF5595


人慣れした鹿だこと

DSCF5598


最後の休憩

DSCF5599


雲取山荘のテント場着。K君はテント初デビュー。小生の1人用テントを貸しました

DSCF5600


小生のも完了。にわか雨が

DSCF5602


今日の行程、8時間弱。昨年、同じルートで登ってきましたが、2割も時間短縮してました

DSCF5603


暗くなったら寝て、夜明け前に起きて、撤収して、では出発

DSCF5604


ガスのなか、山頂めざします。起き抜けにこの急坂は、いつもキツい

DSCF5605


みえてきたぞ

DSCF5606


到着。今年は頂上の高さと西暦が同じだそうで

DSCF5609


しかしガスに囲まれ、せっかくの眺望がゼロ。「先生と行くと、いつもこうだ」

DSCF5612


下山開始

DSCF5611


三条の湯の山小屋で休憩

DSCF5614


更に下山

DSCF5615


ガスのなか、小さなアップダウンが続く

DSCF5613


歩けども視界開かず

DSCF5616


サオラ峠に到着。あとは下るだけだが・・

DSCF5617


結構急な下り

DSCF5618


ようやく、人里がみえてきた

DSCF5619


到着! 今日の「ゆ」へ

DSCF5620


今日の行程、11時間。視界のきかないなか、歩き続けるのは精神的にしんどい

DSCF5623


奥多摩行き最終バスに乗り込む。このルート、もういちど行くかと問われれば・・微妙だなぁ

DSCF5624



banner_good
aki_miz at 14:00コメント(0) 
奥多摩 

2017年07月30日

ケジメかな

62回目の誕生日。上の娘からプラゼントが届き

DSC17934


担任する教え子たちからは、花束と寄せ書き

DSC17938


さてバイクだが・・

DSCF5506


意を決して・・・

DSCF5504


売却した

DSCF5505
勝った店に引き取ってもらう。店主の対応、実に快い

このブログは2007年からやっているが、そのときからすでにバイク乗っていたから、もう10年以上になるのか

12cb5517.JPG
最初の投稿画像が、これ。ノーヘルは、いかんぞ

最盛期は3台持ち?

13b2fd2f.JPG
一瞬だけね。でもオンとオフの2台持ちは結構続いた

やっぱり思い出深いのは北海道

b105190f.JPG


5ddac7f8.JPG


キャンプを覚え

9d5ef09a.jpg


大きな怪我もしたっけ

0254af9b.JPG


昨秋、官庁勤めのSさんとキャンプに行ったっきり、走っていない

DSCF4949


ま、ここが潮時かな

DSCF4940


banner_good
aki_miz at 19:32コメント(2) 
バイク/クルマ 

2017年07月17日

夏の写真フェスになってゆくのか

写真の楽しみは様々あるなかで、小生はもっぱらコンテスト応募。しかしコンテストは作品を主催者に送ってしまったら、あとは結果がくるまでわからないし、どんな作品と比較されたのか、そもそも自分の作品のどこがよくてどこに課題があるのかが分からない。まぁコンテストとはそんなものかと思っていたら、そんなコンテストの概念を打ち破る催しが昨年から始まった。

DSCF6020


プレーヤー5人1組のチームにわかれ、同じ時間に、同じ地域で、同じ条件で風景写真を撮影し、その作品によりチーム対抗戦を行う、新しい写真の競技である(TCC2017公式ルールブックより)。もう少し詳しく加えると16チームでトーナメントを組み、そのうち2チームどうしが対向してプレーヤー1人ずつ作品を出し合い、それを3人のジャッジがどちらの作品が優れているかを判定し、2人以上が優れていると判定したチームが1勝。先に3勝したらトーナメントを勝ち進むという競技である。ジャッジは判定のたび、両方の作品を短時間で講評しなければならないという、プレーヤーにとっても、ジャッジにとっても冷酷な競技なのである。

DSCF6017


昨年はプレ大会として、小生は写真同好会の学生4名とともに5人のチームを組み参加した。結果は勝ち進むことができなかったが、当時部長だったS君の作品が経験50年以上という相手に1勝して喝采を浴びた

DSCF6022


そして今年。いよいよ第一回大会となって、長野県の茅野にある市民館を使っての開催。昨年は隣の諏訪が会場だったが、ここらにしたのは被写体が多いから。長野県は風景写真に撮られやすい地域なのである。

主催する両出版社も盛んにPR(フォトコンさんはFaceBookで)

ここは当日の楽屋。プレーヤー達は前日昼から各チームごとに長野の各地に出て今朝まで撮影。そのなかからひとり4点を締め切り時刻の10時30分までに選ぶ作業の真っ最中

DSC17574


こちらは楽屋の別室。各チームから作品ファイルの提出を待つウチの学生

DSC17576


はい、本学写真同好会は主催者の支援にまわり、作品の投影と対戦結果の記録システムの構築と運用を担当しました。しかしなかなか作品が出てこない。

こちらは競技開始を待つ会場。時刻は10時30分をすぎている。このとき小生は楽屋で作品ファイルの処理中。へんな画像ファイルに苦労している。「へんなのは来るだろう」の想定はあったものの、どう「へん」のなかが予想つかない。しかしここでおかしなデータのまんま、無理にシステムに食わすと競技中にシステム停止という最悪の事態を招きかねないので、徹底的にツブしておかねば。

DSC17606


すべての作品ファイル320本が整い30分遅れて12時に競技開始。チームは赤コーナー(画面奥)と白コーナー(画面手前)に分かれ、監督が着席(右側)。その隣には記録操作員(両誌の編集部員)が座り、そこにはPCが。監督から投影作品の指定を受け、PCを操作して実際に作品を選び監督の確認を受ける

DSC17580


二階席には2台のプロジェクタが特設されている。このプロジェクタは高画質の画像投影ができるスグレモノ

DSC17598


さてステージ監督席で選ばれた作品はパワーポイントのスライドに自動的に組み込まれ、二階席にあるプロジェクタに接続されたPCに送られ、会場の大スクリーンに作品を投影する。投影画面には、作品とともに、現在の勝敗状況や作者名が出て、更に勝ったチームにはファンファーレが鳴るように仕掛けてある。

DSC17611


これらの演出と投影デザインは風景写真誌の石川編集長が考案

TccDemoSample
テスト中のパーワポイントスライド。作品はテスト用の拙作。実際に競技で使われた作品はここに出せられないのが残念

さて4枚上の写真には、旗を挙げている3人がみてとれる。この3人がジャッジで、中央が風景写真家 辰野清氏、向かって右がフォトコン誌の藤森編集長で左が風景写真誌の石川編集長。ジャッジがあげた旗の数は監督席にあるPCに入力してゆく

これら作品の選択と2階PCへの転送、石川編集長考案の演出と投影デザインの実現、戦績の入力などの機能を持つシステムの設計と開発は小生が担当した。開発開始は5月のGW。こういった「一発モノ」システムは途中で停止したらそこで終わりだから、ここ一カ月はシステムテストばかりやっていた

R9325741


とはいえど、システムには万が一がつきもの。ネットワークが不調になったら・・このPCが停止したら・・の事態を想定し対処を考えておき、それでもプロジェクタと少なくとも1台のPCだけは生きていれば作品投影だけはできるようにした。そしてステージ直下に記録員席を設けてもらい、投影された作品ファイル名と旗数を手書きすることで確実に記録は残るようにした。あわせて、ジャッジが長々と解説しないよう、我々は時計で監視。辰野清氏が長くなりそうなので時計みながら警告を出そうとする写真同好会のNちゃん

DSC17582


年に数回、同好会をご指導いただくM山さんやN井さん、そして先日個展をされて祝賀会に出させていただいた斉藤のりこさんも、ひとつのチームを組んで参戦されています。トーナメント一回戦で勝利を収め、インタビューを受けるM山監督。心中、応援したいが小生の役割は「公式記録員」なので見守るしかない

DSC17588


戦い終わって表彰式。そうそう、表彰状も、このシステムから作ります。優勝したのは九州から来たチーム。昨年は一回戦敗退でしたら、すばらしい成長ですね

DSC17647


「来年も、ここで逢いましょう」のフィナーレ。そして来年も私たちはこの役目で参加するのでしょう

DSC17721


ほぼノントラブルでシステムは動作をしていました。やれやれ。脱力感と、充実感

DSC17728
それにしても、ぜんぜん山に行ってないし、撮影にも出てないぞー。これはイカン




banner_good
aki_miz at 21:29コメント(2) 
写真道 | お仕事(教員)

2017年07月02日

また今年も・・

アマチュア風景写真界のトップ集団の写真展に六本木へ行く

R9325730
こだわりの作品多し。高齢者が多いのはチと閉口したが

最近、ツキあいはじめた芝浦工大は恵比須で写真展を

R9325733


肩のチカラ抜けた作品が多い。もっとどしどし発表しようよ!

R9325738


さて、今年も結果がやってきた・・また落選

R9325739


これで何回目だろう。いつも招待券もらうけど、何か行く気にならん

R9325740


休みのたび、ソフト開発に没頭。今月中旬におこなわれる写真の大きな催しで記録とプロモーションに使うため

R9325741


おかげで撮影も、山行もできていない。もう少しだ・・

banner_good
aki_miz at 10:43コメント(0) 
写真道 | 日々のこと

2017年06月21日

新年度初の撮影会

ウチの大学の写真同好会は隔月刊『風景写真』誌からさまざまな支援をいただきながら活動している。そして今年も。で、今年度最初の撮影会は、ここ新宿御苑で。まずは開門前に集合してごあいさつ

DSC17363


入園して、撮影開始。今回も、風景写真の大家、萩原史郎さんにご指導いただく

DSC17365


早速、シャッターが鳴りはじめる

DSC17367


季節は紫陽花の頃

DSC17371


熱心さが伝わってきます

DSC17376


今回はテーマを決めています。「光と影、そして造形」

DSC17398


萩原先生も、撮影を

DSC17389


いま撮った作品をみせていただきます

DSC17392


新宿御苑の名スポットで

DSC17409


自分の表現を試みます

DSC17415


梅雨の中休みの日差しが強い

DSC17417


萩原先生の指導方針は「教えないこと」。自分で被写体を見つけさせ、その表現方法について助言を出してゆきます

DSC17420


ここは都心とは思えないほどの森のなかから出てきました

DSC17439


ずっと撮影会の引率をしてきましたが、今回はみんな、移動が遅い

DSC17442


でもぐだぐだ、おしゃべりしているのではなく、みんな真剣に撮影しているから遅いんです

DSC17448


水、緑、そして逆光。写真家が好きなシチュエーションをみつけました

DSC17453


昼すぎに解散。お疲れさまでした!

DSC17456


しかし写真は撮っただけでは上達しません。作品を相互に評価しあって、ようやく表現技法が向上します。翌週火曜日、萩原先生と、風景写真誌の石川編集長にも大学に来ていただき、講評会です。ふたりの視線の先は、教室にあるディスプレィ

DSC17480


何度も言うけど、日本の風景写真をリードするおふたりに評価を受けるなんて、こんな凄い環境はありません。アタシはイジられっぱなしですが

DSC17484


優秀作数点が選ばれ、うち1点は秋の写真展のポスターに採用となりました。



banner_good
aki_miz at 10:47コメント(0)トラックバック(0) 
写真道 | お仕事(教員)

2017年06月10日

アマチュア写真家の到達点

銀座にある富士フォトギャラリー

DSC17283


数回、撮影をご一緒させていただいた斉藤のりこさんの個展

DSC17281


あわせて写真集も出された

DSC17286


会場は、凛とした雰囲気。手前は応対されるのりこさん

DSC17289


やがて祝賀会がはじまった。控えめなご主人とともにご挨拶されるのりこさん

DSC17292


アトラクションのひとこま。5人で2チーム作り、1枚ずつ作品をだしあって審査員の判定を受けるという、新しい写真コンテスト。審査員は、手前から風景写真誌の石川編集長、写真界の鬼才・風景写真家の辰野清氏、フォトコン誌の藤森編集長。まず拙作が出品される。対抗する作品はコンテスト常勝者の作。衆目のなか、出すほうも審査するほうも過程がみえるので結構過酷

DSC17293


判定の旗があがった。3−0で拙作の勝ち! やったね。このあと審査員から両作品の講評をうけるが、喜んでいて聞いてなかったぞ

DSC17295


のりこさんから感謝のごあいさつ。個展をひらき、作品集を出版するなんて、表現者として誰もがいつかはやってみたいと思う。のりこさんは、それをやってのけた。すばらしいのひとことしかない

DSC17302


二次会、三次会へと流れてゆく。こんな高レベルな方々と同席していいものかと思いながらも・・

DSC17303


banner_good
aki_miz at 10:14コメント(0)トラックバック(0) 
写真道 

2017年05月28日

恒例行事

今年はJ2に移動した湘南ベルマーレをサポートしている本学は、毎年この時期になると大学挙げての応援がある。実質、参加するのは1年生。で、今年も引率でつきあう

まずはだだっ広いスタジアム前の広場で軽くレク。ここはつきあうと疲れるから傍観

R9325720


開門時刻になりましたのでスタンドへ向かいしまょ

R9325722


昨年はJ1、今年はJ2。J2になるとキックオフが早くなって、そうなると屋根の無い自由席スタンドは西陽にさらされ、暑い。今年はこんなタオルマフラーを作った。小生の名前をもじっている

R9325723


試合はゼロ均衡のまんま、ドローになるかと思いきや、ロスタイムで一点いれられ、そのまんまゲームセット

R9325726


あーあ、という感じで解散。オツサレサマでした!

R9325727


banner_good
aki_miz at 11:45コメント(0)トラックバック(0) 
お仕事(教員) 

2017年05月06日

GWは外出すべからず。しかし・・

今年のGW、まずは学生のレポートをみる

DSC16571


初夏に、写真関係の大きな催しが予定されている。そこで使うソフトを作る

DSC16572


TVみてると、どこも大混雑。往復だけで時間の浪費と疲労が溜まる。だからずっとこうしていたいが・・

大学近くで世話になっている主治医から一昨年だったか、生活習慣病の診断が下され、ついでに気になっていた心臓の精密検査したところ「問題なし」と判断されてから復活した月に1〜2度の山行。定期的にやっている血液検査の結果が好転し、体重が一気に下がって学生や教職員から「病気でもしたの?」と問われるまでに

DSCF5497


前回の山行は学生たちと行った箱根で、これはちょうど一カ月前だった

DSCF5467


どこ行っても大嫌いな混雑しか想定できないGW中の外出だけど、しかしここでスキップさせては、山行の習慣が止まる恐れあり。ううむ、意を決して満員に近い臨時電車で奥多摩駅に着くとやっぱり大混雑。気分がメげるなぁ

DSCF5477


バスも、これだもんね

DSCF5478


立ちっぱなしのバスから降り

DSCF5480


登山開始。ひとけが少なくなって、ようやくホッとする

DSCF5481


可憐なカタクリが咲く

DSC16545
クリックすると大きな画像

高齢者の団体登山の後尾についてしまった。騒々しい

DSCF5489
なかなか、抜かさせてくれない

ようやく登頂。山頂広場も人、人、ひと・・

DSCF5490


しばらくすすむと、ようやく眺めが。バイクの爆音がうるさい。前までは自分が発していたのに

DSC16561
クリックすると大きな画像

新緑のなか、下ってゆく

DSCF5482


ダムにおりてきた

DSCF5491


帰りの増便バスもまた、長蛇の列。再び憂鬱に

DSCF5494


下山後の楽しみはこれ。しかし、「今日の日帰り入浴は終了しました」だってさ。この先には以前利用した入浴施設があるが、落ち着かないのと、入場制限かかってるだろうから行かない

DSCF1204


せめてもうひとつの楽しみだけは確保

DSCF5496


残りの二日、また自宅で仕事などして過ごしましょ

banner_good
aki_miz at 11:48コメント(0)トラックバック(0) 
奥多摩 

2017年04月16日

新年度、新学期、新入生

入学式があって

R9325671


今年も1年生も担任として持つことになって

DSC16111
クラスの親睦を深めるオリエンテーションキャンプ

写真同好会にも、新1年生が入部

R9325679


でも今年は少なく5人。少し心配だなぁ

R9325695


ともあれ、新入生の歓迎会

R9325699


また新たな1年がはじまる

banner_good
aki_miz at 18:05コメント(0)トラックバック(0) 
お仕事(教員) 
月別アーカイブ