2011年07月

2011年07月29日

この前の日曜の夜のこと

大きいほうのバイクが直って
学校ですこし凹むことあって
帰宅して無性に走りたくなって


まずは、近くにある京都のラー
メン屋へ



今日は、九条ネギてんこ盛り




で、どこ走りに行こうかと第三
京浜を西に走り、横浜新道から
西湘バイパスに入ってゆき
箱根新道を経てここは箱根峠。
霧深し



そのまま1号線を西進し沼津へ
抜け、東名通って帰宅。午前3
時なり

aki_miz at 21:03コメント(3)トラックバック(0) 
ツーリング(北海道除く)やミーティング 

2011年07月25日

淡路島へ

9de81469.jpg娘からみたら曾祖父になる爺の逝去のしらせが午前中にきた。昼すぎ、横浜の家を出て新幹線とパス乗り継ぎ淡路島へ。爺っちゃん、娘らが色々世話になったなぁ。オレともかなり飲んだなぁ。百二まで生きれば、これはまさしく大往生ではないか

通夜の法要終え、ビールと淡路の旨い寿司少しいただいて今夜じゅうに横浜に戻る


aki_miz at 19:40コメント(4)トラックバック(0) 
日々のこと 

2011年07月23日

またキャンプ

懲りもせず、連休になるたび
キャンプ

中央道を都留ICで降り、ま
ずはスーパーで買い出し。



山のなかに入り、到着したの
は道志の森キャンプ場。金曜
にもかかわらず、結構客が
いる。そうか、学校が夏休み
なのか



速攻で設営。このテント、段々
慣れてきたぞ



このキャンプ場、川沿いに作られ
ていて、結構涼しい。いや、今日
はもともとすごしやすい天候なの
た。7月にもかかわらず



キャンプ場内にある自販機でビー
ルを買い込み、早速読書開始。
最近は、本業に関連するのを
読むようになった。殊勝にも



今回の新装備はこれ。スマート
フォン用の折り畳みキーボード。
これでブログが綺麗に書ける。
ちなみに、この記事も、この
組み合わせ。入力が親指シフト
じゃないのが残念。もどかしい
ローマ字入力になる



いつも通り、キャンプの夜は早く、
朝も早い。帰路は山中湖をかすめ
富士山を眺められる絶好の峠へ



昼前に帰宅しました。何か優雅を
感じる



aki_miz at 22:36コメント(2)トラックバック(0) 
ツーリング(北海道除く)やミーティング 

2011年07月20日

アマゾンで買ったけど

SDメモリーカード1枚だけ
で、この箱・・・



aki_miz at 13:49コメント(2)トラックバック(0) 
日々のこと 

2011年07月18日

墨田で飲み

近くで見るスカイツリーは
大きさが分からない



aki_miz at 10:05コメント(0)トラックバック(0) 
お仕事(教員) | 日々のこと

2011年07月15日

キャンプ道具考

バイク旅はキャンプとなり、そうすると
キャンプ道具にこだわりが出てくる

まずはテント。左は小川キャンパルの2
〜3人用。右上はダンロップの1人用。
右下は中国製の2人用。

R0104261


最近はもっぱらダンロップのテント。
ひさしが伸びてタープ替わりにもなる。

R0104284


テントを支えるのがペグ。左から市販の
プラペグ、ダンロップのテントに付属の
プラペグ、小川キャンパルのテントに
付属のアルミペグ、そしてスノーピーク
製の鍛造スチールのペグ。製品名は
ソリッドステーク。一番使えるのは、
このスチールペグだ。固い地面でも難なく
打ち込める。プラペグは泥を落とすの
に手間がかかる。でも柔らかい地面で
は必須だから数本は持参する。

R0104550


ペグの打ち込みにはハンマーが必須。
左にある木槌を使っていたが、右の専用
ハンマーにしてから効率が劇的に向上。
とくに上のスチールペグ「ソリッド
ステーク」を相手にすると、まるで
ペグが意思を持っているかのごとく
地中に吸い込まれるように打ち込める。
まんなかのハンマーは小川キャンパルの
テントに付属していたものだが、全然
使っていない

R0104551


ストーブ(コンロ)は、昨年まで左の
キャンピングガスのを使っていたが、こ
の器具は、もう売っていない。コールマ
ンがボンベの生産を続けているらしく、
大きなキャンプ用品店やホームセンタで
ボンベだけは見ることはできるが、これ
からの供給に不安がある。

北海道行のとき、ガス残量が気になりだ
したので、ガソリンが使えて小型なストー
ブを探していたら、結局右のオプティマ
ス スベアというストーブを見つけた。

R0104553


発売されてから100年以上にもなるという
この製品、利便性の観点からすると、今の
器具に比べようもないが、シンプルの良さ
を感じ、扱うこと自体に楽しみさえ感じる。

このストーブを使うには、左にある余熱と
スス防止のためのアルコール、アルコール
を余熱のためタンク上に垂らし、そして
タンク内に微量入れるためのスポイト、
点火用ライター、そして燃料となるガソリン
を入れた携行ボトルが必要だが、もとより
ガソリン携行ボトルはバイク旅に必需だ
し、それ以外は、このストーブでの調理を
楽しむのに必要と思ってお供させている。
ちなみにホワイトガソリンが指定されて
いるが、いつもバイクのガソリンを使って
いる。ススが出るので、だからアルコール
を少し混ぜる

R0104555


ランタンは、数年前まで、ストーブと同じ
キャンピングガスのものを使っていたが、
これもボンベ残量が気になるのでコールマン
のLEDに替えた。当然ながらガスのほうが
明るく、したがってLEDになってからは
「キャンプの夜」が短くなったが、もとより
暗くなりかけた頃には酔っているので夜は
早く、大きな不便は感じない

R0104556


さて、もっともこだわっているのがイス
である。行程の途中で酒と食料を買い込み
早めに着いて設営し飲みながらボンヤリ
したり読書するのが楽しみになっている
ので、心地よいイスは必須である。しかし
バイクに安定して、そして安全に積めねば
ならない。小生は安定と安全のため積み荷
の幅を50センチまでとしている。

これまで試したイスのかずかず

R0104557


ここに出しただけでも、これだけある

R0104558


初期によく使っていたイス。超小型は
いいのだが、これにはよく泣かされ
た。少し座っていると、後ろにひっくり
かえってしまうのである。このため、
調理中のナベを地面にぶちまけたり、
ビールひっくり返したり、散々な目に
あってきた

R0104559


つぎは小川キャンパルで出していた最小
サイズのチェア。小さいのは良いのだが、
これのフレームが両方の太ももや背中の
両脇に強く当たり、5分と座っていられ
ない

R0104560


そこでゆったりとしたタイプを求め
見つけたのが Baby Duck という名の
チェア。夕張にある「快速旅団」で
扱っている。米国製で素材は厚い
コットン。大柄な米国人向けで、
ゆったり感はなかなかのもの。とこ
ろが、工作精度が良くないのか、
組み立てと解体に時間がかかる。
まぁそれはいいとしても、気づいた
ことがある。小生は座面が低い
イスは苦手であることに

R0104561


そんなんで、すこし大きくなっても
良しとしてギリギリ妥協して求めたのが
ロゴスのミドルサイズのこのチェア。
うむ、これは高さといい、背もたれの
大きさといい、余は満足じゃ

R0104562


しかし妥協は無理を生みました。大きい
ほうのバイクだと問題ないのですが、
小さいほうのバイクに積むと、ライダーの
余地が極端に狭くなる。距離を走るときは
これは困難。実際、豪雨の高速道路で荷崩れ
しかけた。うーむ、なかなか理想に近づけ
ないもんだのう

ふとバイク誌のキャンプ特集でみつけ、
最後の衝動買い(それにしても度が過ぎ
るね)でアマゾンから買った、コール
マンのチェアはどうだっ

左に写っているのは、これと組み合わせ
るスノーピークの座椅子

R0104563


「コンパクトスリムキャプテンチェア」という
長ったらしい名前。実はコールマンというブラ
ンド、何でも売っていてポリシー感じられなく
あまり持ちたくないのだが、座面高や座面サイズ
それに収納サイズが小生の要求に絶妙で、実際
使ってみると大きな不満を感じない。さすが、
万人受けするだけのことはある

さて、これに合うテーブルだ。キャンプ始めた頃
は左に写っている台所用の水切り棚を流用してい
たが、どうにも不安定なので(当然だろ)中央に
写っているアルミの折り畳みテーブルに替えた。
しかし、イスの座面高に合わせ、ここ最近は右の
高めのテーブルに。小川キャンパルのこのテーブ
ル、大きさの割には驚くほど小さく収納できるが
昨年カタログ落ちした

R0104567


イスとテーブルの組み合わせ。さきの
コールマンのチェアの上にスノーピーク
の折り畳み座椅子を載せ、これがイチバン
の快楽状態

R0104565


最後は衣類や食器や身の回りのものを
入れるバッグ。大きいほうのバイクは
ハードケースがあるので不要だが、
小さいほうのバイクでは必須。前は
フリマで入手した30リットルくらいの
ダッフルバッグを使っていたが、
ファスナーなど手直しが続いたので
大型のこのトートバッグにしている。
これだと積んだまま、また下ろして
からも出し入れしやすい。
雨が降ってきたらカバーを被せるさ

R0104322



aki_miz at 22:22コメント(4)トラックバック(0) 
バイク旅道具 

2011年07月13日

定期を紛失

f13a6f77.jpgまだ一ヶ月は残っている

青くなったが再発行できることを思い出す

駅で申し込んだら翌日に再発行

料金は千円ナリ

ところが学校で学生が落とした定期を見つけてくれて、それを駅に持っていったら500円戻ってきた

やれやれ


aki_miz at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
日々のこと 

2011年07月07日

七夕

57d8c7df.jpg学内で、今年も飾りが出て


aki_miz at 15:08コメント(1)トラックバック(0) 
お仕事(教員) 

2011年07月02日

南伊豆へキャンプ・・だが・・・

大きいほうのバイクのメーターを修理したので
試しにまた夜走り。ココは首都高の大黒PA

R0104430


メーターの照明が復活し、問題なくなったことを
確認。写真にある手前のナビの画面は、スマー
トフォン。ナビタイムを契約すると最新のナビ
情報で誘導してくれる

R0104438


で、久々に連休になったのでこのバイクでキャン
プへ。どこ行こうかと迷ったが、このバイクは
長距離走が得意なので南伊豆とした。

伊豆へのルートはいくつかあって、東名を西進
しているときに思案。結局、御殿場でおりて
箱根・芦ノ湖そして伊豆スカイラインの3本を
通ることに。

伊豆スカイラインの亀石で休憩していたら、
同じシリーズのバイクが到着。平日なのに
こんなマイナーなバイクに遭遇できるとは、
これは奇遇なり。

彼のバイクを撮るのを忘れていたので、替わり
に自分のをアップで

R0104505


伊豆スカを亀石峠で降り、修善寺を通り西伊豆
スカイラインへ。ここは私が好きな場所。

R0104447


今日はどこからも富士山が見えず

西伊豆の漁港、土肥に出て食堂で昼食。
伊豆といえば、これが定番でしょう。金目鯛
の煮つけ

R0104449


国道136号線を南下し松崎を抜け雲見という
ところにあるキャンプ場へ。1時すぎに到着した
のですが、広々としたサイトに家族づれの先客
が1組。私は離れたところで設営完了。今日は
ダンロップの1人用テントを持ってきました

R0104455


このキャンプ場は展望浴場がウリでして、
これはなかなかのもの。今日は蒸し暑く
そして設営でも大変な汗をかいたので
サッパリできました

R0104450


そしてまってましたとばかりにビールをあけ
読書開始であります。今回、小型にたため、
しかし読書に耐える快適性を持つと踏んで
いるイスを持ってきました

R0104457


このキャンプ場から夕陽が眺められますが
あいにく梅雨の季節なので今日はこの程度。
しかし伊豆はいいところだなぁと、あらためて
感激

R0104464-2


小さなフライパンで焼き肉の夕食していたら
先客からバーベキューしているのでご一緒に、
とお誘いいただきました。
しかし・・・読書のときからすでにビール1.5
リッター消費していて、夕食のあとは速攻
で寝る体制になっていたので、結局行かず
じまい・・

このキャンプ場、ネットで評判を下調べした
らリピーターが多いということです。たしかに
設備は整っているし管理人も親切。ただ、
蟻とか藪蚊とかミミズとかがやたら多い。
虫さされのクスリを忘れたので夜は散々で
した。こんな印象もってしまったので・・・小生
はもう行かないかも。

翌朝、更に南下して伊豆半島の先端、
石廊崎をたずねます。ここは何度も行った
ことあるのですが、朝に行くのは初めて。

このあたりは野生の植物が多いそうで

R0104499_2


帰路は下田へ出て、あとは淡々と伊豆半島
の東側をトレースして帰宅。石廊崎から自宅
まで4時間

さて、帰宅して洗車とチェーンのオイル差し
していたら、大変なことを発見しました

R0104508


なんと、後ろのアクスルナットが無くなって
いたのです。この写真はハンマーでたたき
だしてから撮ってますが、発見したときは
スイングアームからねじ山数回ぶん程度が
出ていただけでした。もし走行中にアクスル
シャフト(車軸)が抜けてしまったら・・・大変
なことになることが容易に想像できゾッとし
ています

おそらく、メーター修理ついでにチェーンの
張り調整をしたとき、メーター修理のこと
ばかりに気をとられてナットの締めつけを
忘れていたのでしょう。そのあとの夜走り
から今回の伊豆行きまで500キロは走り
ましたが、こうして無事だったことは幸運
としかいえません。

自分でいじるときは、細心の注意が必要
であることを改めて思い知った次第です。


aki_miz at 21:29コメント(9)トラックバック(0) 
ツーリング(北海道除く)やミーティング 
月別アーカイブ