2011年10月

2011年10月31日

またテント買ってしまった・・・

山歩きを始めようと思ってる。

尾瀬に行ったのがキッカケかな。行動パターンとしては、フモト近くまでバイクで行きテントに泊まり翌朝から歩きはじめ昼すぎにバイクのところに戻って帰宅。ゆくゆくは、山のなかで一泊くらいはできるようになりたい。

で、いつもながら「道具から入る」のがイカんと思いつつも、どうしても道具選びから入ってしまう。先に投資してしまうと止めないだろうからと言い訳しつつ。で、先日は登山靴を注文した。

テントはすでに2張りあるのだが(使えないかも知れないのを入れると3張り)、どれもバイクツーリング向けなので大きい。ザックに入れて持ち運ぶにも、登山口に置いたバイクのケースにしまっておくにも、どちらも非現実的な大きさと重さである。で、ストイックな山岳用テントの選択でずっと迷っていた。アライ、モンベル、エスパース、ヨーレイカ、MSR、ブラックダイヤモンド・・・山岳用テントについてだいぶ詳しくなってきた。補修パーツに心配が少ない国産に限定し、次にともかく軽く小さいことを条件としたら、アライとモンベルとプロモンテが残った。

プロモンテというブランド名は旧ダンロップ。いま手持ちのツーリング用テントR137と同じメーカーである。結局、プロモンテの二人用テント、VL24に決定した。良く行くアウトドアショップのセール期間中に、その商品がたまたま置いてあったのが最後の決定打となった。

まずは、いま手持ちのテントと大きさの比較。手前は今回購入したプロモンテVL24。フライシートとインナーテントとペグが赤いスタッフバッグに入っていて、フレームポールが茶色い袋で別になっている。黄色い袋は同時に購入したグランドシート。奥の左はツーリングテントでダンロップのR137(一人用)、右は小川キャンパルのステイシー供

R0106990


横に並べると大きさの違いが歴然。VL24は圧縮をかけると更に小さくなる。グランドシートも赤いスタッフバッグに入ってしまう。重さは1.5キロくらいで、R137の半分以下、ステイシーの3分の1くらいだ。

R0106991


春秋用に使っているダウンシュラフ(イスカ Air450X)と並べてみると、シュラフのほうが大きいくらい。

R0106993


で、今日は天気が良かったので試し張り。近くの公園へゆく。まずグランドシートを敷く。VL24は素材が薄く、グランドシートは必須ではないかと思う。

R0106995


インナーテントを広げ、ポールを伸張させる。ポールはあらかじめX字状態になっている。

R0106997


立ち上げはダンロップR137と同じなので慣れている。まずポール先端をインナーテント四隅にあるスリーブに入れる。ポール先端に丸い樹脂が付いているが、これはスリーブに入れやすいようにするためか。R137のポール先端に、このような加工は無かった。またポールの材質も、R137に比べ、しなやかで軽量である。

R0106998


四隅に入れると、ポールは勝手に立ち上がる。R137は2本のポール中央がつながっていないので、このように勝手に立ち上がってこない。細かな差だが勝手に立ち上がっていると、このあとインナーテントをつり下げる作業が少しだけ容易になる。

R0107002


ここで四隅をペグダウン。アルミのVペグが付属している。R137は使うアテが少なそうなプラペグだったが、このVペグは使えそうだ。ただ、撤収時に抜くのに苦労した。今回はあえて木ヅチを使用(山行きに重いハンマーは持ってゆけないからね)

R0107004


まずは頂点のフックを掛ける。あ、写真がボケた

R0107001


次にインナーテントのスクリューフックをまわしながら掛けてゆく。全部で12箇所。

R0107003


インナーテントが立ち上がった。プロモンテ(とダンロップ)やモンベルはつり下げ式だ。アライテントはポールをインナーテントのスリープに入れて立ち上げる、スリープ式。私はここにひっかかった。というのは、設営・撤収時は長いポールがテント設営エリアより大きく外に出る。狭いテント場や障害物があるところでは、要らぬ気遣いが必要なのを嫌った。そして撤収時はポールを押し出す、というのだが、その作業も気に食わない。また、モンベルはつり下げフックがスクリュー(回転)で掛けるのではなく、コの字に曲がった樹脂をポールに直角に押しつけて掛けるタイプ。これは設営・撤収時に案外チカラわざを必要とし破損させそうな不安がある。同じ方式の小川キャンパルのテントで経験しているので、モンベルも選択から外した。回転フックを使ったつり下げ式はR137を使っていて好感をもっていたのだ。

R0107005


インナーテントのドアはこのように開く。ファスナーは直線になっていて、これは曲線ファスナーにするとトラブルが多くなるというメーカーの見解からきている。閉め切ると、ファスナーは必ず下中央から開けることになる。いつも同じ位置にあると迷うことがないし、緊急時にも早く脱出可能という。たしかにそう思う。

R0107006


ちなみに、開口部は前の右半分のみ。R137は前後とも、そして左右とも直線ファスナーで開く。軽量化を重んじる山岳用と居住性・通風を重んじるツーリング用の違いかも。

フライシートをかける。フライシートは、このように別のスタッフバックにも入る。インナーテントと別々に収納も可能だ。このテント、素材はすべてポリエステルなのだが(他メーカーはナイロンがほとんど)、20デニールという薄さのフライシートは、シルクのような手触り感がある。

R0107008


耐風性を出すためのガイライン(張り綱)はフライシート側に付いている。支持力をポールに伝えるために、フライシートの裏にあるこのヒモをポールに結ぶことになっている。R137も同じ。4箇所もあるが、これはメーカーに改善を期待したいところだ。折角、スムースに設営ができているところで、ココだけ手間がかかる。素早く設営できるよう、ここの改造事例を紹介しているWebサイトがあるくらいだ。

R0107009


ガイラインも張り、設営完了。撮影しながらだったから20分近くかかったが、手順がわかってしまえば10分くらいで完了するだろう。

R0107014


豪雨時に心配になるのが、フライシート短辺側にペグループがないこと。フライとインナーが接触する恐れが出るため、ここにペグループを付ける改造をするひともいるようだ。

R0107016


さて、まずは内部をチェックしよう。二人用なので大きさは私にとって広すぎるくらい。よく、テントは人数+1名用のものを選べ、というが、私は一人用R137の幅90センチで丁度良いと思っている。これでも、なかに着替えや身の回りのものとか、寝床で読む本などを置いて充分である。ただ、ヘルメットやバイクウェアはR137の広めで平面が台形の前後室に置いているが・・・VL24は前室しかないし、それも平面が三角形なので不足することが分かっていたため、あえて二人用を選んだ。それに、一人用のVL14と比較して重さや収納時の大きさはほとんど変わらなかったし。

R0107032


インナーテント内部には頂点のほかに4つ、合計5つのフックが付けられている。先日購入して良さを実感したスノーピークの「おほずき」もここに吊るせる。

R0107038


さて前室の使い勝手はどうだろう。まずヘルメットとブーツを置いてみる。これは大丈夫。

R0107020


手持ちのキャプテンスタッグの小さなテーブルは、前室内部に入れられる。雨天時は、フライのドアを閉めて、こんな状況でメシ食うのかなぁ。赤い室内は、チと異様

R0107024


よく使っている、小川キャンパルの大きい目のテーブルと出番の少ないコールマンのチェアを並べる。これは大きすぎるかな・・・

R0107030


小川キャンパルのテーブルを前室に入れると、フライシートを強く押し出す。こりゃだめだ。

R0107035


このテントには、小さなテーブルとチェアが似合いそうですなぁ

R0107040


フライのドア先端にはペグループがなくペグに掛ける必要がないので開閉時の手間が省ける。ここはツーリング用テントとは異なるところか。

R0107026


ドアを巻き上げておくループやフックも大きい。こういった細かなところが山岳テントらしいところか。

R0107027


試しにスノーピークのヘキサタープ「ペンタ」と組み合わせてみたが、どうも性質が異なる同士みたいだ。

R0107041


やはり、ツーリング先での長逗留はツーリング用テントにしよう。このVL24は装備を徹底的に合理化したいときに使ってゆこう。

これからストイックな方向にゆきそうだ。小川キャンパルのステイシー兇僚佝屬蓮△泙垢泙晃困辰討そう。このブログの記録みると4回しか使っていないぞ。ただ付属のピンペグと張り綱は何度も使ったっけ。小川の張り綱、細いけど固めで使い勝手がいいんだなぁ。まとめてヤフオクで売ろうかな。そのまえに、このブログみていて欲しいかたに譲ってもいいかな。興味あるかたはコメントでどうぞ。







aki_miz at 23:14コメント(0)トラックバック(0) 
山道具 

2011年10月25日

Trick or Treat !

f586a863.jpg
小生の部屋にも、やってきた


aki_miz at 13:16コメント(0)トラックバック(0) 
お仕事(教員) 

2011年10月23日

教え子の結婚式へ

披露宴は丸の内のレストラン

いつものことながら、主賓挨拶は緊張する

R0106980


二次会は日比谷のイタ飯

R0106982


新郎は自衛隊員で、彼ら同期の結束の固さを実感



aki_miz at 11:04コメント(0)トラックバック(0) 
お仕事(教員) | 日々のこと

2011年10月21日

登山靴を

c657d75c.jpg
注文

出来上がりは、来月末

待ち遠し


aki_miz at 23:04コメント(4)トラックバック(0) 
山道具 

2011年10月16日

ハイドンのオラトリオ

を、聴きにゆく

R0106971


卒業生が合唱団に所属していて、そこからの招待。ソプラノのパート、見上げたものだ

R0106975


aki_miz at 21:57コメント(4)トラックバック(0) 
お仕事(教員) | 日々のこと

2011年10月14日

裏磐梯へ

学校の行事に要員として行くつもりが、その必要がなくなった。

創立記念日を含め、急遽、三連休が実現。じゃあ、ということで、前日にドコ行くか悩み、5年くらい前の東北ツーリングで通りがてら気になっていた、裏磐梯へ

早暁、横浜を発ち、昼には磐越道を降りる。まずは、今夜と明朝のキャンプ食の調達にスーパーに寄る。向こうに見えるは磐梯山

1


さて、裏磐梯に登る。今年の紅葉の季節は、磐梯周辺の有料道路は無料になっている。この恩恵にあずからねば

1_1


檜原湖を一周し、気に入ったキャンプ場を決める。結局、最も奥にある早稲沢浜(わせざわはま)キャンプ場に

2


前回使って好印象のタープをダンロップテントに組み合わせる。ううむ、機能的にはなかなか。しかし色合わせがよくないが・・

2_1


早速、読書タイム。またまた沢山の書籍をもってくるが、実際読めたのは2冊程度

3


さて、今回登場の新装備はスノーピークのLEDランタン「ほおづき」

4


上の写真のように、テーブルに置いて使うこともできるが、吊るして使うのが本来かも

5


夜間を照らすランタン、ガスが明るいのは判るが、ボンベをもってゆくのが煩わしいし、残量が気になる。それにテント内では使えない。したがって電池式ランタンとなるが、いままで使っていたコールマンのLEDランタンは、光が散ってしまい使いにくいのだ。また、ヘッドランプもあるが、どうにもわずらわしい(写真右)

6


このスノーピークの「ほおづき」、暖かい光で煌々と直下と周辺を照らし、これは誠に実用になる。こうしてテント内でゆっくり読書ができるのも嬉しい。キャンプの夜の楽しみがひとつふえた。

7


欠点といえば価格の高さだろうか。

もうひとつの新装備は、シュラフシーツ。これ、保温と安眠に大いに役立つ。今回はシュラフカバーとともに使ったが、秋の東北の高地にもかかわらず、寒さは一切感じなかった

8


一夜あけて西吾妻スカイバレーを米沢へ。道快適なり。紅葉までもう少し

9


白布峠を越えると山形県。峠付近はガスっていた

10


山形県側は、紅葉が増しているぞ

11


米沢の街に寄り、帰路は国道121号線。この道、大変整備されている。あんまり整備されているので、東北最長とされる大峠トンネルを越えて少し下がったところで県道それる。それは、ある期待あって・・・

やっぱりあったぞ

12


国鉄日中線のあと。盲腸線で早々と廃止が決まったが、もともとは野岩羽線として関東と東北を結ぶ壮大なる計画に組み入れられていたことは、駅の案内表示をみるまで知らなかった。

13


元構内の端に除雪車と旧型客車が保存されている

14


なんと! 除雪車の運転台をみることまでできる。蒸気機関車の運転台なら乗ったことあるが、除雪車はじめてだ

15


散々、写真と撮ってきたことはいうまでもない

除雪車に連結されている旧型客車も内部がみれる

16


古色蒼然たるスピーカー。ここから、車掌が鳴らすオルゴールと、ぎこちないアナウンスが流れていたっけ

17


客室の妻面。この表示枠に、全国の鉄道線路が描かれていたんだよなー

18


熱塩駅では、記念の硬化乗車券が売っていました。無論、いまでは使えませんが、入浴施設の割引券として使われているようだ。

18_1


喜多方をすぎる。丁度お昼どきだったが、喜多方ラーメンは無視する。どうも、有名になった食べものは、有名になったときから廃れて行くような気がする。

喜多方から奥磐梯に抜ける国道459号線、これに添ってゆくと途中から看板もなくひっそりと分岐する道がある。これが北塩原村の村道である。実はこの道、村道にしておくには勿体ない

19


伊達氏が台頭していた頃、至るところに史跡ができた。当時の案内をする標識のかずかず

20


19_1


今日の「ゆ」は、近くの民宿。ここらあたりの湯は、これがデフォルトみたい

21


湯上がりに、焼きトウモロコシを買ってゆきます。このトウモロコシ、実は5年前の東北ツーリングで買いそびれた

22


キャップサイトに戻り、まずは焼トウトロコシ

23


今夜は、道中に買ってきた米沢牛でスキヤキであります

24


キャンプ2日目の夜がすぎ、キャンプサイトに夜明けがくる

25


翌三日目、サイトを撤収し、バイクに積み込む

26


今日の走りは、まずはレークラインから。ここも無料

27


なかなか、みごろ

28


そして最後は磐梯吾妻スカイライン

29


いまが見頃か

30


5年前、ココでタチゴケ2回、ひっぱり上げたこと1回・・・・ナサケナ

31


スカイライン途中の浄土谷。ココは何度もきましたから、今回はパスしようか・・・

32



でも今日は朝が早かったので小腹がすき、浄土谷レストハウスで豚汁を食す。なんか、美味。そういえば、前回このレストハウスで定食食ったが、それも美味だったっけ

33


浄土谷からもときた道へ戻り、二本松から東北道に乗って帰宅。全工程1100キロなり。無事でなにより


aki_miz at 23:16コメント(0)トラックバック(0) 
ツーリング(北海道除く)やミーティング 

2011年10月02日

卒業生と

ffdc08a9.jpg
飲み

二晩、連続


aki_miz at 23:28コメント(4)トラックバック(0) 
お仕事(教員) | 日々のこと
月別アーカイブ