2012年01月

2012年01月29日

赤城 冬の山

初心者、更に単独指向の者がいきなり冬山は無謀すぎる。ここはキチッと練習しておきたい。そんな殊勝?な思いから、行きつけているアウトドアショップが募集していた初心者向け雪山登山教室に行ってみた。目的地は赤城山。

新宿スバルビル前。朝7時前。ツアー客でごった返す

R0107875


バスに乗り渋滞に巻き込まれながら4時間少々で赤城山の麓のビジターセンターに到着。案外登山客が多いぞ

R0107877


ガイド氏の指示のもとストレッチ

R0107882


行動開始。いきなり、50センチ積もった新雪

R0107884


峠に出た。眼下に湖が。小沼(この)と呼ぶそうな

R0107889


湖畔に降りる。ガイド氏の先導のもと、氷結している湖上に踏み出す

R0107893


我が人生、初めて氷結した湖上を歩く。ちなみに氷点下10度を下回っている。ウェアはバイク用ウインドブレーカーと、バイク用レインパンツをアウターがわりにしているが歩いている限り寒さは感じない

R0107903


快晴の絶景のなか思い思いに湖上をすすむ

R0107906


雪をかきわけると、氷が出てくる。そのなかに水泡がみえる。ガイド氏によると、1メートル近く凍っているのではと

R0107910


対岸に着いた。気持ちよくて寝っころがる山ガールたち

R0107914


ここで暖かいミルクティーがふるまわれる

R0107916


湖上を風が渡ってくる。みるみる、指先がしびれてくる。秘密兵器?のハクキンカイロも、ここでは役不足か

R0107918


山頂へ向け歩きだす。今度は先頭グループへ。ガイド氏の歩きを観察。歩幅小さく、ゆっくり歩いている

R0107920


長七郎山の頂上に着いた。みんな、おおきな声をあげて喜ぶ。そりゃそうだ、こんな素晴らしい眺めだもの

R0107922


同行の山ガール(見てる?)と記念撮影。嬉しいねぇ

R107921_1


ツアーの女子だけで記念撮影。今回のツアーは客が23名、ガイド氏1名、ショップや旅行会社スタッフ10名の計34名の大所帯

R0107924


ところで「赤城山」という山は実際にはなく、このあたり一帯の山々を総称しているようだ。

さて、新雪が多いのでアイゼンの必要性は少ないのだが、せっかくなのだからとアイゼンを装着することに。そうそう、これが今回の最大の目的

R0107926


小生も装着。ん?何かへんだぞ。まぁ、いいか

R0107928


ガイド氏からアイゼン装着時の歩行についてレクチャー

R0107932


ところでこのガイド氏、私のバイクウェアを見て帰路に声かけてくれた。なんでも、古いヤマハのバイク乗ってるんだって。しばし、バイク談義してしまった

アイゼンのおかげで足元が安定したような感じ。小さなピークをすぎ、一気に降りる。このコースは夏の登山道ではないが、無雪期だと歩行できない場所でもコースとなりうるのが冬山登山の醍醐味とか。しかし急な下り坂で難儀する

R0107937


ゴール。しかし右足のアイゼンが横向いている。これは装着時に靴底の雪を充分落としていなかったため。左足のアイゼンは、前後逆だぁ

R0107943


帰路、日帰り温泉に寄ってから解散場所の新宿へ。渋滞なく3時間くらいで到着

R0107949


やっぱツアーの団体行動はいろいろ制約があり、自由がきかないが安心感はある。バイクツーリングと同じだな。未知の体験だったツアーもまた、楽しいものだ

aki_miz at 21:59コメント(5)トラックバック(0) 
上越 

2012年01月23日

つまんなかった本

制御系ソフト屋の実態が書かれてるかと期待していたら、前半は職人礼賛。

20d18570.jpg


後半になって、作者本人の体験が出てくると、ようやく「読める」内容になってきた。しかし買ってまで読む価値ないなぁ。シロート目に、マンガの絵はヘタにしか見えないし。デフォルメしてるつもりなんだろうか

aki_miz at 15:19コメント(3)トラックバック(0) 
お仕事(教員) 

2012年01月16日

学生来訪

男子学生が拙宅に。嬉しいねぇ

珍しい「赤霧島」という焼酎を携えて

鍋を三人で囲む。楽しいねぇ

R0107839


aki_miz at 17:49コメント(2)トラックバック(0) 
お仕事(教員) 

2012年01月14日

湯河原にある山

先日の結婚式の引き出物で入手した体重計によると、体脂肪率が下がってきて、ついに20%を切った。食生活は相変わらず朝の納豆+ヨーグルト、昼は学食か弁当屋、夜はビールとツマミ少々で変わらず、生活そのものも変化無し。ということは、最近はじめた山歩きの効果かも。週に一度はどこか歩いているもんね。

R0107836


こりゃカラダに良いわいなと信じ、今日も山へ。前日の予定では、また高速バスで箱根に行く予定だったが、山に行くとなると早く起きすぎ、まだバスまで時間がありすぎる。いや、高速バスの停留所に行く地下鉄だってまだ動いていないぞ。そこで急遽、行き先と方法を変えてバイクで湯河原近くにある幕山ということろにした。

朝あけきらぬうちに出発して1時間あまり走行、朝の幕山公園の駐車場。すでに登山客がちらほら

R0107752


小さいほうのバイクに大きいほうのバイクのケースを付け初の遠出。ケースには小さいほうのザックがすっぽり入る

R0107747


ザックを取り出し、替わりに走るときに使うプロテクターなどを収納。キー一個で閉じ込められるので盗難の心配は少ない

R0107748


さて、登りだす

R0107755


駐車した幕山公園付近は湯河原の梅林となっている。シーズンは人であふれるそうな

R0107756


そして、こんな岩壁も。さっきのクルマの多くは、クライミングを楽しみにきているようだ

R0107758


つつら折れの登り道

R0107767


幕山の頂上がみえてきた

R0107771


歩きはじめて1時間で頂上に到着。最近、ガイドブックに近い時間で歩けるようになってきたぞ

R0107772


頂上から眺める太平洋と真鶴半島。いかにも冬の朝日だなぁ

R0107777


せっかくだから、もうひとつ山頂をめざす。いい道だ

R0107780


途中、小さな池が。地図では「自鑑水」とあったが、ここでは「自害水」とも。だれが自害したのかと、近くにあった説明書きを読むと平氏に追われた源頼朝がこの池で己が姿を映し出し自害をとどまったとの言い伝えが。つまり前向きに思いを新たにした池なのね

R0107782


杉木立のなかを登り

R0107785


頂上がみえてきた

R0107786


もうひとつの山頂、南郷山に到着

R0107790


ここからも、太平洋と真鶴半島がよく見える

R0107791


少し腹へったので、ここで恒例のラーメンを

R0107796


コーヒー飮みながら気温を確かめると・・・案外寒くないのね

R0107800


さて下山。ハコネダケのトンネル

R0107807


山を大切にされてる

R0107813


綺麗な流れ

R0107816


駐車場に戻ってきた。歩きはじめて4時間経過。クルマが増えてるぞ

R0107820


まだ正午すぎ。帰路、真鶴半島へ寄ってみる。まずは真鶴駅前の食堂へ。駅前食堂は、だいたいハズレは無い。しかし大当たりはまずないけど

R0107821


やっぱり、ハズレじゃなかった

R0107822


真鶴半島に寄ったのは、さっき山頂で見た半島から逆にみてみたかったから。左端にある山頂が、最初に登った幕山、その右にある山頂が南郷山か。遠くから感慨深く眺められるのは実際に歩いて登ったからかもね

R0107830


さて、山歩きを続けBMIも減らしましょ

aki_miz at 21:17コメント(2)トラックバック(0) 
伊豆・箱根 

2012年01月07日

また伊豆へ 今度は天城山

伊豆の下田へ行ったあと、中いちにちでまた伊豆に向け出発

朝4時に家を出て2時間半で天城高原のゴルフ場に着く。ここにはハイカー用の大きな駐車場がある

R0107626


支度とストレッチして夜明けとともに出発

R0107625


登山口は駐車場のすぐ近く

R0107627


詳しい案内板

R0107628


20分ほどで四辻という分岐点に到着。手前から歩いてきて、これから左へ向かう。帰りは右から戻ってくる予定

R0107630


道標が至るところにあって、道を外す心配は少ない。何かあったときは、道標に表示された左下の番号を電話で告げる

R0107631


最初のピーク、万二郎岳に到着。あまり眺めよくない

R0107632


次のピーク、万三郎岳が見える。もう冬の山の表情。「天城山」という山は実際にはなく、この万二郎岳と伊豆半島最高峰の万三郎岳あたりを総称して天城山というそうな

R0107638


途中、開けた場所から半島の南を望む。天気予報は曇り時々晴れ、とのことだが、すっかり冬の空だなぁ

R0107640


あせびのトンネル

R0107654


ブナの根が見事

R0107658


もう少しで頂上だ

R0107659


急な坂(カメラは水平にしている)

R0107661


更に急に

R0107664


着いた。先客がひとり。この写真撮ってもらっているあいだに天城峠からもうひとり到着。三人で写真の撮りあいっこ

R0107667


しかしここも眺望良くない。早々に反対側の急坂を降りる。分岐点に出た

R0107705


右へゆけば別ルートで駐車場へ戻れるのだが、まだ正午前なので少し足を伸ばしてもうひとつくらいピークを踏んでおこう

ゆっくり歩いていると、さきほど天城峠から来たという若い登山者に追い越された。足を伸ばしてみると言ったら、このさきに珍しい樹木がありますよと教えてくれた

R0107672


凄い。ブナの原生林

R0107674


落ち葉も凄い

R0107676


ここに居るだけでも来た甲斐があった

さきほど教えてもらった珍しい樹木。「ヘビブナ」というそうな。どうしたら、こんなふうになるのか

R0107677


ここで折り返し、原生林のなかにあるピーク「小岳」に戻る

R0107692


気温は1度

R0107695


こんな気温であっても、可能なかぎりはラーメンを敢行する

R0107698


そしてドリップコーヒーも

R0107700


ブナ原生林のなかで味わうコーヒーの旨さよ。しかし・・・やっぱり寒い

R0107702


自然の造形美

R0107714


コケ類も目につきだす

R0107686


さっきの分岐点まで戻ってきた。ここからは帰路。気をひきしめてゆこう

R0107704


急坂を下り

R0107715


崩れかけたガケ

R0107716


涸沢分岐点ということろで休憩。防寒着がわりに着たレインウェアを脱ぐ

R0107718


道なき道

R0107720


おや、テルモスの忘れ物が

R0107721


かなり下ったところに少しふるい地図が。水場なんて、あったかいな

R0107724


木が根こそぎ倒れ

R0107727


生木が途中から折れてます

R0107728


枯れた沢を何度も渡り

R0107729


ようやく、朝に通った四辻に戻ってきました。朝はここを右にすすみました

R0107731


左下にある駐車場から、指で示したところまで歩いたんですねぇ

R0107732


駐車場に戻ってきました

R0107733


1月4日は電車で下田の近くまで行って歩きましたが、本当はここ天城山に行きたかったのです。しかしバス便はほとんどなく、標高1000メートルを越える駐車場まで早朝に凍結していたらバイクは難しいし、こういうときはクルマがやっぱり楽で便利。それに荷物をパッパッと放り込むだけで出発できますからね

R0107738


天城山は、登山をされるひとからみればホンの散歩程度の山なのでしょうが、私にとっては充実した歩きでした。いままで歩いても4時間程度だったのが、今回は8時間も歩いていました。そして急登や斜面歩き(トラバース)など、本格的な山歩きの一部を体験できました。

帰路は伊豆スカイラインで。駿河湾に落ちる夕陽よ

R0107743


それに照らされる富士山よ

R0107744




aki_miz at 18:08コメント(2)トラックバック(0) 
伊豆・箱根 

2012年01月04日

伊豆の下田の山歩き

早暁、起き出して出発を整える。大きいほうのバイクのハードケースを小さいほうのバイクに付けられるようにしたので、これで行こうと思ったが・・・

R0107623


直前になって、バイクで行く気分が高まらなくなった。もうプロテクターと防寒着を着込んでいたが、こういうときは、バイク乗るのをやめておこう。地下鉄の一番電車に間に合う時刻。電車にしよう。

結局、二番電車に乗り、車中で行くところを思案して、折角早く出てきたんだからと伊豆の下田へゆくことにした。熱海で伊豆急に乗り入れる下田行きに乗り換える

R0107559


下田のひとつ手前、蓮台寺駅で下車

R0107560


軽くストレッチして登りだす。道端にこんな道標が

R0107563


お地蔵さんもところどころに

R0107564


頂上に着きました。高根山というそうな。沢山のお地蔵さんがいる地蔵堂

R0107569


海路を守っていたんですね

R0107570


鐘をつくと、大きさの割りには荘厳な音が

R0107572


山頂に放送の中継施設があります

R0107573


海を見守るお地蔵さん

R0107575


背後には、伊豆の山々が

R0107584


頂上から先は、急坂が

R0107590


坂の途中、景色が良いので、ここで昼食を・・・ところがラーメンのお湯を沸かしている最中、コッヘルをひっくり返してしまい、コッヘルはコロコロ転がって坂の下へ。えっちら探してきました。黒く見えるところは、お湯がぶちまかれた跡

R0107593


今日は、サッポロ一番塩ラーメン。向こうに見えるは白浜海岸

R0107591


またまたドリップコーヒーも淹れます

R0107597


今日の重量は水を多めに持ったので9キロ。そして今回から使いだしたザック。これまで使っていた20リットルのはキャンプサイトから歩くときに使うつもりで買った。だから小さめでよかったが、少し荷物が増えると何かと不便。そこでメインとすべくザックの選定に大いに悩み、このマウンテンダックスの35リットルに落ち着いた。収納ポケットは多すぎることなく、汚ものや濡れものが別にできるようメインの気室は二つに分けられるように、バイク旅のときなどトラベルバックにも使えるよう開口部は大きく開けられ、テントポールや三脚やストックなど長いものが容易に付けられるように。こんな条件でようやくみつけた一品。通常の山行き装備に加え試みに手持ちの山岳用テントとシュラフがスッポリ入りまだ余裕があったので、テント泊の山行きにも使えるか(通常、テント泊は60リットル以上のザックが必要とされているが)。ただしバイクのケースには収まらないが、これは仕方ないか

R0107586


落ち葉を踏みながらいったん山を降ります

R0107599


旧下田街道から見返すと・・・おお、さっき登った山頂があんな遠くに

R0107601_2


ふたたび山を登り、隣の寝姿山に。ここは下田の街にほど近い。山頂近くに、こんな無粋な立て札が

R0107603


下田からロープウェイが通じているので、山頂は観光地となってます

R0107611


下田の街が眼下に

R0107605


反対側は、下田の港

R0107606


下山道が見つからず、素直にロープウェイで降ります

R0107612


下田からは、これで横浜まで。初めて乗ります

R0107615


最後にこれがやりたかった! バイクで来なかったもうひとつの理由がこれ

R0107617


aki_miz at 21:05コメント(0)トラックバック(0) 
伊豆・箱根 

2012年01月03日

正月の帰省

東京に来た娘と友人を乗せて大阪へ。着いた夜は娘のところで泊まり

R0107493


元旦は家内の実家で過ごし

R0107499


実家近くの神社へ初詣

R0107533


小生は「大吉」。家内は「中吉」。下の娘は「小吉」

R0107520


これは山歩きのザックに入れておこう

R0107521


翌日は、私の老母宅に泊まり、亡父の墓参

R0107535


渋滞に巻き込まれながら横浜に戻ってきました

R0107550


aki_miz at 18:21コメント(2)トラックバック(0) 
日々のこと 
月別アーカイブ