2013年01月

2013年01月24日

フィルム写真とスキャナー

フィルム写真にこだわっている

S0304109


デジカメも、なくはない

DSCF0117


しかし撮ってて楽しくない。昨年、思い切って買ったミラーレス機は、半年たたないうちにヤフオクで売った。中古カメラ屋よりヤフオクのほうが売っても買っても高いことが多い

1


デジカメは新機種が出るたび、必ず良くなっている

R0109243


デジタル写真はレンズとボディの合体で撮るのだが、フィルム写真はレンズとフィルムで撮っていて、ボディは単なる箱にすぎない。レンズの進化はあまりなく、むしろ古めのレンズのほうが良く撮れたりする。フィルムはいつも新しいので、撮れる写真は常に新しい

9


デジカメのように、撮れたらすぐ結果が分かるものでもなし

IMG_1726


現像があがってくるまで数日は待つのだが、それもまた楽し

15


ライトボックスごしにフィルムを観ると、現地で切り撮った瞬間と、その前後が鮮やかによみがえってくる。デジカメは旅先から帰ってきたらオシマイだが、フィルムは帰ってきてからも旅が続いている

DSCF4522


フィルムは中判カメラから始めたが、手持ちのレンズを活かしたく35ミリカメラも使いだした。ところが、どうも「写り」がよくない。キッカケは、まえにこのブログに載っけたこの写真

ニコン撮影_2
(クリックすると大きな画像)

画が眠い。細かなところが出ていない。中判フィルムと比べサイズが小さいから画像の精緻さが劣るのはわかるが、いくらなんでも名の通った一眼レフのレンズと最新の国産フィルムで撮ったんだぞ。フィルムを直接ルーペで確かめると・・

DSCF4527


細かな紅葉の一枚一枚がフィルム上ではたしかに写しとられている。となると、デジタル化するところの、このスキャナに問題ありかな

DSCF4524


ネットで調べると、このスキャナ(Canoscan 9000f)、どうもピントが甘いということだ。むむむ、買うとき比較したEPSONの半値くらいのことはあるか・・

シャクだから西新宿にあるEPSONのショールームに行き、このフィルムを読んでもらったが・・

R0109237


ううむ、あんまり変わらん。これらフラットベッドスキャナの限界なのだろうか。

EPSON GT-X970
(クリックすると大きな画像)


何とかならぬかと調べてゆくと、ピントの甘さを補正するアンシャープマスクという機能が画像処理ソフト(Photoshop Elements)にあるそうな

DSCF4526


いったん劣化した画像をソフトのチカラで元に戻そうなんて、腐りかけた食材を調味料で誤魔化そうとしているようで、不本意だが・・

実際やってみると、しゃきっとしてきた

四季の森 アンシャープマスクON
(クリックすると大きな画像)

こういう細かな画像も

天城 冬景 スキャナ読み込んだまま
(クリックすると大きな画像)


立ち直ってくる

天城 冬景
(クリックすると大きな画像)


ほほう、たいしたものだ

となると、中判フィルムでは、どうなるんだろうか

DSCF4530


スキャナで読み込んだまんまでも見れるんだが

北燕岳 スキャナで読んだまま
(クリックすると大きな画像)


過剰ぎみに修正したが、この画のほうが、早朝に撮ったときのイメージがよみがえる

北燕岳 アンシャープマスクON
(クリックすると大きな画像)


まぁフィルムから直接プリントするのが正攻法なのだが、これはカネかかるしね。当面、これで楽しみましょ

aki_miz at 20:00コメント(0)トラックバック(0) 
カメラ 

2013年01月20日

天城峠から

早朝の東急東横線。横浜の地下鉄がまだ動いていないので、ここまで歩いてきた

DSCF4379


横浜でJRの沼津行きに乗り換え、車内で日の出を迎える

DSCF4381


三島で高校生と勤め人で混雑する修善寺行きに乗り換え

DSCF4383


最後に修善寺で河津行きのバスに乗り、天城峠で降りる。このバスに乗るため、朝早くから出てきた。
乗客がいなくなったバスは天城トンネルに。降りたのは小生以外に、このランニング姿のひとり

DSCF4386


さて登りはじめましょ

DSCF4387


久々の、山歩き、のような

DSCF4389


ほどなく旧天城トンネルに。地元のひとが清掃していた

DSCF4391


ここはバイクで通ったことがある。そのときの写真があった。調べてみると5年前の早春、泊まりがけで河津の桜を見にきた。ああ、このときはまだサラリーマンだったんだ

旧天城トンネル出口


稜線がみえてきた。あそこが峠かな

DSCF4393


天城峠に到着。ここは縦走路との交点

DSCF4397


昔は、ここを徒歩で往来していたのだろうか

DSCF4399


そしてこのブナの木は、多くの旅人をずっと見てきたのだろうか

DSCF4398


ブナの写真を撮ろうとカメラを取り出したら、悲しいことが・・・

DSCF4394


バスを降りるとき、カメラバックをバスの床に落とした。どうやらそのとき機材どうしがぶつかりレンズキャップが強く押され保護フィルタを破ったようだ

気をとりなおし稜線を歩きだす

DSCF4403


いたるところ道標があり安心して歩ける。「御幸歩道」とあるのは昭和天皇がここを歩いたからだそうな

DSCF4406


こんな山深いところにもワサビ田が

DSCF4410


ヒメシャラが綺麗

DSCF4411


下から見上げて・・

ヒメシャラ
(クリックすると大きな画像)

休憩してラーメンの昼食

DSCF4413


そして、いつものドリップコーヒーも

DSCF4414


今日は平日、そして伊豆のこの地で行き交うひとも少ない

DSCF4415


もうすぐみたいだ

DSCF4420


展望台へ

DSCF4421


着いたぞ

DSCF4437


今日の目的地、八丁池。山の地図によると天城峠のバス停から標準で2時間半のところ4時間半かかった。もともと歩くのが遅く、おまけに写真撮りながらだからしょうがないか

DSCF4422


伊豆の、天城山の近くに、こんなところがあるんだなぁ

DSCF4424


遠くに富士がうっすらと

DSCF4435


反対を向くと、冬の天城が

天城 冬景
(クリックすると大きな画像)

さて今回の新装備。ニコンF100というフィルムカメラ。最近、中古カメラ屋を良く覗くようになったのだが、フィルムカメラはびっくりするくらい安い。このカメラ、新品では19万円もしたのだが、いまやその10分の1以下の価格で売られている。露出やピントは全自動(無論、手動にもできる)、フィルム装填や巻き上げまで自動。下の娘に全自動のデジタル一眼レフ譲ってから、全自動も捨てたもんじゃないと思いはじめていた。このカメラ、手持ちの古いニッコールレンズやストロボなどが何の制約なく使えるし、新しいレンズはフルに機能が活きる。ニコンの高級機は旧い機材も活かせられるように考えられているが、この中級機もそうだ。山歩きのメインカメラは、あの中判カメラだが、行き先によって35ミリ一眼レフのほうが良い画が撮れそうなことがある(実際に良い画が撮れたかどうかは、別)。これからも山の写真はフィルムだ。今回、「クリックした大きな画像」というのは、このカメラで撮ったフィルムの写真。いまだフィルムが楽しめるうちにと思い、店を数軒まわって入手した

DSCF4429

上の写真で付けているレンズは28-105ミリのズーム。下の娘の内定祝いにと昨年夏に中古で買ったのだが、娘にデジカメ譲るとき別のズームを付けたので、そのまんま残った。そこでF100に付けたのだが、さっき保護フィルタを割り、そのガラスがレンズにキズを付け、フィルタの枠がはずれなくなってしまった。思えばこのレンズ、娘に渡す前の昨年夏に八ヶ岳の縦走で散々ぶつけ、そのあと持ち主の転倒につきあい木の階段にはさまれたり、受難続きだ

ところで今年の年末調整は少し戻ってきた。そこで早速・・・20ミリの超広角レンズを中古で調達

DSCF4433


凍りつく池に降りてゆく

DSCF4441


超広角レンズで真冬の光景を切り取ってみる

八丁池 氷結
(クリックすると大きな画像)

さて帰路につこう。無論、来たときとは違う道

DSCF4443


伊豆名物、アセビのトンネル

DSCF4445


見事なブナ

DSCF4446


林道を横断

DSCF4453


ブナとヒメシャラから、杉に替わってきた

DSCF4456


さっきの林道に合流

DSCF4460


林道の入り口にはゲートが

DSCF4463


そして、朝に通った旧天城トンネルへ行く道に合流。これを登れは旧天城トンネルに戻るが、そのまま降りてゆく

DSCF4465


途中、あったあった・・・5年前に通過してしまったところ

DSCF4468


川端康成の伊豆の踊り子の文学碑。作品のなかに、この道も登場する

DSCF4469


遠き山に陽は落ちて・・・

DSCF4475


国道に出てきた

DSCF4477


待つこと20分、最終の河津行きがやってきた(間に合ってよかった!)

DSCF4480


バイクで何度も走った、河津のループ橋は路線バスからだと違ってみえる

DSCF4483


早咲き桜で著名な河津は温泉が多い。駅の手前で下車し峰温泉にある温泉会館へ

DSCF4485


山歩きのあとの湯は、これまた至福のひととき。でも入浴料1,000円はチと高いぞ

DSCF4487


30分ほど歩き少し寂しげな伊豆急の河津駅に

DSCF4488


高校生と地元のひと数人が乗っている伊東行きがやってきた

DSCF4489


もうひとつの至福のひととき。駅前スーパーで買ってきたさんま寿司で乾杯

DSCF4490


最近、山歩きを楽しんでるのか、写真撮るのが楽しみで山に行っているのか、どっちか分からなくなってきたぞ。ま、いいか

aki_miz at 12:00コメント(2)トラックバック(0) 
伊豆・箱根 

2013年01月18日

修士論文 提出

年末年始に書き上げ、しばらく我が机の上で「熟成」させておいた修士論文

R0109247


天気の良い今日、大学院へ行く

DSCF4511


直接、窓口へ提出

DSCF4501


指導教員への「貢ぎ物」も忘れずにお届け。ご不在だったのでお部屋の前に

DSCF4516


ココの学食も、もう最後か

DSCF4518


所用あったので昼からは学校へ行き、帰りに近所の居酒屋でひとり飲む(滅多にしないが)

DSCF4521


aki_miz at 22:19コメント(0)トラックバック(0) 
お仕事(教員) 

2013年01月11日

山靴注文

72a5699a.jpg
いま愛用の靴は急な岩場や厳寒には向かないことが分かり、底が硬くより頑丈なのを注文。店は、いまのと同じ巣鴨にあるGoro。いろいろ注文つけたので出来上がりは3月末


aki_miz at 21:07コメント(0)トラックバック(0) 
山道具 

2013年01月06日

ひさびさのツーリング

ここは木更津に新しくできたアウトレット。
どこ行くともなく走って、ここに来た

DSC_0052


アウトレットのなかは混雑。
こういう買い物客でごった返しているところ
は苦手。早々に退散す

DSC_0055


そのまんま,内房を南に走り食事にありつく。
海鮮丼ならぬ貝鮮丼定食。アナゴの天ぷらつき

DSC_0057


今日はチと走ることが楽しい。
昨年10月、大きいほうのバイク乗ろうとしたら
動けない。正確にはクラッチが切れない
カバーを外してみると・・・

DSCF8810


クラッチ板がサビて固着してやんの

DSCF8815


原因は、どうやらカバーのパッキン

DSCF0114


アパートの隣室に若い女性が引っ越してきて、
彼女のクルマが小生のクルマ・バイクの隣に。
そこでバイクをテラス下から屋外に移動した(ただ
しボディカバーはかけているが)のだが、雨
がこの破れたパッキンをくぐって入ってきたのか

DSCF8827


ヤフオクで中古クラッチ一式を手に入れ交換した

DSCF8824


近所を少し走り完治を確かめ、こんどは昨年12
月に写真撮りにゆこうとしたらエンジンがかから
ない。セルはまわるのに

DSCF0112


まぁエンジンかからないというのは単純な原因が
多いのだが、プラグに火が飛んでいないようなので
バッテリーを時間をかけて充電してみた。で、年明
けにエンジンがすんなりかかったので、走り出て
アクアラインを通り房総半島にきた

富津岬に着く

DSC_0059


海をみながら缶コーヒー

DSC_0061


更に南下して、金谷からフェリーに。乗り場には
バイクがたくさん

DSC_0066


出港は、いつも気持ちがはずむ。なぜなんだろう

DSC_0067


ちょうど、夕陽に出会えました

DSC_0077


記録をみると前回ツーリングしたのは昨年7月。
結局、昨年は3回しか出ていない。今年はもう
少しは出かけよう。山もそうだが、まだまだ行く
ところが日本に沢山ある

aki_miz at 12:00コメント(0)トラックバック(0) 
ツーリング(北海道除く)やミーティング 

2013年01月03日

正月帰省

横浜に来ていた娘と友人を乗せ、大阪へ向かう

対面通行になっている笹子トンネルを抜け

R0109172


日付の替わる頃、上の娘宅に到着

R0109173


翌朝の大晦日はクルマを停めたまんま、梅田へ。
久々の阪急電車。あ、ストラップが写り込んでしまった

R0109174


こっちのエスカレーターは右が停止側

R0109175


阪急デパートは、正月の装い

R0109176


この立ち呑み屋は、相変わらず

R0109177


中古カメラ屋をめぐったり

R0109204


巨匠の作品をみたり

R0109187


今日のお昼は、薄く柔らかい皮の眠眠ギョーザ

R0109184


梅田からまた電車に乗って

R0109205


上の娘が勤めているファンシー雑貨屋へ。いつもここで
授業で使う「景品」を入手しているが、今年は仕入れず

R0109207


このあと、下の娘や嫁はんと合流して実家めぐり

帰路は新名神や新東名を快速

R109226_2


新東名のPAでお昼。これで750円とは・・・

R0109208


大きな渋滞に巻き込まれず、2日の昼すぎ無事帰宅




aki_miz at 12:38コメント(0)トラックバック(0) 
日々のこと 
月別アーカイブ