2014年03月

2014年03月30日

久々のbj

勤める大学はサッカーJリーグ、プロ野球イースタンリーグのほかプロバスケットbjリーグも支援している。今日、そこのスポンサードゲームがあったので近くでもあったし観戦してきた。

会場近くのサクラは満開近し

DSCF4760


おおー、やってる

DSCF4764


チアリーダのおねえさんがたが盛んに本学をPR

DSCF4763


bjというと、もう数年前になるのだが東京アパッチに関与していたっけ。もうそのアパッチはなくなった。でもそこに在籍していた選手が、いま支援しているチームのサブコーチになっている。たしか、彼はいちどだけインタビュー取材したっけ。大変礼儀正しい人柄だった記憶がある

で、試合はもつれて引き分けになり5分の延長

DSCF4765


競り勝っておめでとう。相手はbj初期から活躍していた伝統チームだ。東京アパッチのコーチ、ジョー・ブライアントが言っていた「どうだ、ジェットコースターのような(ハラハラする)試合だろ」を思い出した

aki_miz at 22:41コメント(0)トラックバック(0) 
お仕事(教員) | 日々のこと

2014年03月22日

卒業式、ふたつ

今年度から着任した、四年制大学(学部)の卒業式に出る。まだ担当した学生は居らず、単に出ているだけ

DSCF4732


昨年まで居た、短大の卒業式にも出る。昨年担当した学生がいっぱい居て、感慨深い

DSCF4735


帰路、東京都写真美術館に寄り、戦前の山岳写真の大作を堪能す

DSCF4736


来週からは、新年度のことで出勤が続く。気持ちを切り換えねば

aki_miz at 01:15コメント(0)トラックバック(0) 
お仕事(教員) 

2014年03月19日

カメラとレンズ買い漁り

学校の我が研究室。ペンタックス1台のほかニコンがゴロゴロ

DSCF4455


特に、ニコンFEというフィルムカメラが多い

DSCF4458
これ撮ったあと、更に1台増強

このカメラが多くなったのは、いとこが持ってきたくれた、亡き伯父の愛用機だったから。操作カンタンで露出は絞り優先の自動。しかしピントは手動。写真初心者にはもってこい

DSCF3981


だから最近、ヤフオクで落札しまくってる。だいたい、予算は3千円台。

しかしカメラボディが増えるとレンズが不足。学生に単焦点を薦めている手前、安いズームを買うわけにゆかず。ニッコールレンズは結構高価だが、旧式のAiじゃないやつだと比較的安価

28mmf28
それでも5〜6千円はするんだよなぁ

旧式だと開放測光ができない。改造を頼むと8千円くらいかかる。じゃあ自分で改造しようと、マウントを外し絞りリングを取り出す

DSCF4260


リュータやヤスリで絞りリングを削り

DSCF4259


改造完了。あとは組み付けるだけ

DSCF4261


しかし折角だから更にバラしましょ

DSCF4262


ココまで分解できた

DSCF4264


ヘリコイドリングのグリスを塗り替えます

DSCF4383


組み付け完了。これでピントリングが適度な重さになって、操作感が向上

DSCF4387


グリスはクルマやバイク用のモリブデングリスやリチウムグリス、三脚の自由雲台用のグリスなど、いろいろ試している

DSCF4730


春休み、学生にカメラとレンズ貸し出し中。さてどんなの撮ってくるのやら

R9320259


aki_miz at 20:42コメント(0)トラックバック(0) 
カメラ 

2014年03月16日

露出計を追加装備

いま小生の写真撮影にスポット露出計は欠かせない。一昨年の秋に購入したのはケンコーのKFM−2100という機種。山行きに使う前提で、最も軽量だったのが選択理由

R0109069


少しでも小さくと入射光の部分を取り去って使い続けている

DSCF2437


どこ行くにも持ち出され、使い続けていると雨や湿気そして幾度もの落下など様々な状況に遭遇した

DSCF4671


昨年夏に北海道行ったあたりから、ファインダー内の表示に一部欠けがしばしばみられるようになってきた

DSCF4662


いつ壊れてもおかしくないような。秋口に新しいクルマくるから出費したくないのだが、撮影のカナメになる機材だけに突然壊れると大変困る。そこでヤフオクで出ていたスポット露出計を落札。左側のセコニック L−558 美品だ

DSCF4658


両機の比較。ケンコーは単三電池1本なのにセコニックはリチウム電池。単三1本のほうが入手しやすい

DSCF4659


セコニックのファインダーには設定したシャッター速度も出る。しかしファインダーの視野角はケンコーより狭い。計測点が見つけにくくなるのでは

DSCF4664


セコニックのはフードを付けると、その先に一般のフィルターが装着できる。PLフィルター付けての計測が楽になるな。最近、このフィルターあんまり使わないけど

DSCF4673


同じポイントを両機で測りくらべると、セコニックのほうが少し明るめの結果を出す。ケンコーの計測結果が自分にとって実績あるので、セコニックのほうは補正値を設定しておく

DSCF4667


暗いところではバックライトが点くようで、これは便利。計測下限はケンコーより1段暗いところまで可能なので、早暁や日没後の撮影が多少楽になるかな

DSCF4676


裏には師匠から教えてもらった、露出補正表を貼っておく

DSCF4672


付属の黒いストラップは目立たないので、黄色いストラップに換え、カメラケースに入れ出動準備完了

DSCF4675


拙宅を早暁出てドコ行こうか思案しながらやってきたのは、奥秩父

DSCF4689


早速、取り出しますが・・・

DSCF4682


むー、ケンコーのに比べなんか使いずらい。明るい被写体だとファインダー内表示が見にくいのと、やはり視野が狭いのは対象を把握しずらいなぁ

DSCF4715


結局、その夜は安ホテルに泊まり、翌日の夜明け前は零下15度に

dscf4693_1


カメラが凍るから外部バッテリーを体温で温め動かす。マミヤのこのアクセサリー、入手に難儀した

DSCF4713


露出計も凍る。防滴だからこういうとき安心かな

DSCF4714


ビーナスラインを霧ヶ峰の先まで行って、帰ってきました

DSCF4700
続きを読む

aki_miz at 21:48コメント(1)トラックバック(0) 
カメラ 

2014年03月13日

年に一度・・だけどこれが最後

昨年度まで居た短大の卒業記念パーティー。彼女らが1年生のとき担当していたので、今年卒業。

で、毎年のことだけど大量に撮られ

DSCF4704


見せあいっこして

DSCF4703


でもコイツらが出てくると騒然となり

DSCF4705


そしてオトコ独り住まいに年に一度だけ、贈られた花が飾られる

DSCF4712


aki_miz at 17:30コメント(2)トラックバック(0) 
お仕事(教員) 

2014年03月10日

伊豆の山へふたたび

先月の大雪のあと、天城峠から登ってみたが深い雪で引き返した

DSCF4395


今日はリベンジ。旧道には、あいかわらず車両が入れない

DSCF4625


雪解けの流れが道にまで

DSCF4626


川端康成の記念碑をすぎ

DSCF4627


いつもは、ここまでクルマが入るのだが・・

DSCF4628


しかし先月はここも、こんな状態だった

DSCF4397


林道のゲートをくぐり

DSCF4629


登山道に入る

DSCF4630


印象的なところで撮影

DSCF4631


なんか、おもしろいかも

伊豆水生地
(クリックすると大きな画像)

あずま屋で早めの昼食

DSCF4632


軽い登りは続く

DSCF4634


ブナが増えてきた

DSCF4635


撮ってみまひょ

DSCF4637


コンテストには出せないなぁ

天城山中
(クリックすると大きな画像)

見えてきた、八丁池

DSCF4640


今日は、そして前回も、ここに来たかったんだ

DSCF4643


薄氷に覆われ

伊豆八丁池_1
(クリックすると大きな画像)

秋のなごりが封じられたまま

伊豆八丁池_2
(クリックすると大きな画像)

展望台に向かう

DSCF4644


静かな池だ

DSCF4645


さて戻ろう。今日は同じ道にする

DSCF4647


見事なブナ

伊豆八丁池_ブナ
(クリックすると大きな画像)

うっすら、雪が舞っている

DSCF4648


さっきのあずま屋で小休止

DSCF4651


降りてきました。行動時間は8時間。左足の異常、なし

DSCF4652


帰路、河津のほうに降りると、沿道のサクラが満開でした

DSCF4656


aki_miz at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 
伊豆・箱根 | 写真道

2014年03月08日

ユーザ車検代行?

近くの町工場のオッチャンとは飲みにいったり、ボール盤や大きな万力など設備借りたり、もう世話になりっぱなし。で、オッちゃんが乗ってるセルシオが車検になってディーラーで見積もりしたら20万近くかかるって。いちどユーザー車検やってみようよ、となって神奈川の陸運事務所にやってきた

DSCF4618


1年前にレガシィとドカティの車検したので手続き思い出しながら書類書いて、いざラインへ。セルシオ、でっかいなー

DSCF4619


無事、車検とおりました

DSCF4620


ごほうびになんと、天然ウナギをご馳走になる。うわーぃ

DSCF4465


aki_miz at 10:29コメント(1)トラックバック(0) 
メンテナンス 

2014年03月05日

群馬の山村に雪景色求め

今年1月に単独で行った、群馬の川場村。今回は、もともとココとつながりある先輩教員そして写真同好会の幹部メンバー二人とともに再訪した。

まずは、この村にある大きな道の駅に入る。冬のさなかなのに、豊富な農産物

DSCF4576


最初の撮影スポットは、兜滝

DSCF4605


ドコ撮ってるんでしょ

DSCF4604


小生も、カメラを出して

DSCF4591


大学のある世田谷区とこの村は提携関係。その世田谷区の施設にゆく。山はカスミかかっていて、写真になりそう

DSCF4607


樹氷をテーマに、と伝えたら早速撮ってみる。いいね、その姿勢

DSCF4609


三脚たてるのにはしゃぐ二人。もっと早くできるようにしようよ

DSCF4610


道の駅に戻り暖かい昼食

DSCF4613


もう一カ所、撮影を楽しみます。雪かぶったポストをモチーフに

DSCF4616


被写体の発見がうまくなってきたかな。フィルムのあがりが楽しみだね

DSCF4617


aki_miz at 18:13コメント(0)トラックバック(0) 
お仕事(教員) | 写真道

2014年03月03日

冬の北八ヶ岳 山歩きと撮影に(2)

ところで先日、雑誌コンテストに応募していた作品が返ってきた。また落選。まだ応募はじめて二回目だもんな

DSCF4479


さて、昼すぎに北八ヶ岳から降りてきて、向かった先は近くの乙女滝

DSCF4531


観光地なのねぇ

DSCF4532


とともに、ここは超有名な撮影ポイント。できれば撮りたくないのだが、不案内の悲しさ、日没を待って撮影したらコンテスト出せれるようなのが出来た。だからココでは掲載できない。残念。

DSCF4533


夜は諏訪湖ホトリの安旅館に泊まり、翌朝、撮影に出る

DSCF4534


何か上手く撮れない

諏訪湖畔
(クリックすると大きな画像)

実は昨年5月にバイクツーリングで行った、ここ千代田湖の冬景を撮りたかったのだが、深い雪で道が閉ざされていた
千代田湖_1
(昨年初夏 クリックすると大きな画像)

写真の師匠からは木曽福島あたりの撮影スポットを教わっていたのだが、同様に道が閉ざされていたら徒労に終わるだろうから、まだ知っている八ヶ岳の、今日は東側をまわってみよう。下道をすすむと、気になる場所を発見

DSCF4542


深い雪道をすすむ

DSCF4536


小海線をくぐる

DSCF4541


もうすぐみたいだ

DSCF4540


うーむ、なんか、撮る気が出ないなぁ

DSCF4538


そのまま県道から国道に出て北上していたら、殺風景ななかにもヨシ原を見つけた

DSCF4543


慎重に撮影

DSCF4546


これは中々の出来だった。コンテスト出そう

松原湖に到着。ワカサギ釣りでもしてるんかな

DSCF4551


冬の観光地は、ホント寂しげ

DSCF4552


そのまま県道をあがると国道に合流するが・・・

DSCF4553


すこしずつ、白樺が増えてきた

DSCF4556


降りてゆくとスキー場を通過。あ、登りへは通行止めになってる

DSCF4558


ここは白樺林で有名。撮ってみまひょ

DSCF4559


三脚に雪対策したので、沈むことなくなった

DSCF4562


そして、このカメラ(マミヤ7)で苦手なローアングルだけど・・

DSCF4563


ニコンのアングルファインダー付けられるように改造した

DSCF4567


超広角レンズ用のファインダーにも、付けられるように改造

DSCF4565


しかしまぁ、大したのは撮れないねぇ。超広角レンズが使えていないんだなぁ

雨池付近_1
(クリックすると大きな画像)

足跡発見。もっと寄らないといかんぞ

雨池付近_2
(クリックすると大きな画像)

ここにナナメに雪が降ってくれれば、作品らしくなるんだが・・

森の冬情景
(クリックすると大きな画像)

これも、そうだなぁ

白樺林
(クリックすると大きな画像)

この奥のほう、氷結する八岳の滝があるそうなので、向かってみた。この稲子湯は下山時に何度もお世話になったっけ。クルマでくるのは初めて

DSCF4568


あーっ、行き止まりだぁ

DSCF4569


諦めて、さっきの白樺林に戻り、小雨ぱらつくなか日没のブルーを待ちます

DSCF4574


これは中々のが撮れたので、コンテストに出そう

今回、大判カメラと中判カメラ、2台持ってきて、初めて使い分けました。「広角はマミヤ、望遠は大判」と言っていた師匠のことばが、ようやく分かってきたようで

DSCF4549


天候に変化が乏しく、そして道が閉ざされて行動に不自由があって・・・いいわけはともかく、また来よう



aki_miz at 18:00コメント(0)トラックバック(0) 
写真道 

2014年03月01日

冬の北八ヶ岳 山歩きと撮影に(1)

ココは北八ヶ岳ロープウェイ。早暁に出て始発に間に合うようにやってきた。といっても冬期の始発は午前9時

DSCF4483


何度もきたロープウェイの山上駅。電車とバスでやってくると12時に着くのだが、まだ9時すぎだ。観光客、スキー客、そして登山客がめいめいの方向にゆく

DSCF4484


30分ほど歩くと縞枯山荘に

DSCF4485


ホントは今日、ここに泊まりたかったのだが・・

DSCF4486


いかにも、「山小屋」らしい山荘をあとに。空の青さはどうだ

DSCF4487


山荘のスノーモビルの跡が無くなったので、ここで今回新装備のワカン(輪カンジキ)とアイゼンを装着

DSCF4488


そしてこれも必須

DSCF4491


浅くなった踏み跡をたどりだす

DSCF4495


雨池峠を過ぎる

DSCF4496


ワカンを持ってきたのは、先日、雪深くなった伊豆で撤退を余儀無くされたため。威力絶大。アイゼンも付けるとスタッドレスタイヤにチェーン巻いたような安定感がある

DSCF4497


峠からの下り、中々の遠望。これ、大きくプリントして部屋に貼っておこう

雨池峠付近
(クリックすると大きな画像)

双子池への分岐に降りてきた

DSCF4498


一昨年の6月、テント持ってここを双子池に向かっていったのだが、いまはこうなっている

DSCF4499


歩きながらドコ行こうかと考えた。そうだ、あのとき疲れてて行けなかった、雨池に行こう。静かなところらしい

ホント、空が蒼い

雨池付近
(クリックすると大きな画像)

あれ、何か行き過ぎたような

DSCF4504


あー、行きすぎだぁ

DSCF4505


来た道を戻ります

DSCF4506


自分の足音しか聞こえない

DSCF4507


ここだ、ここで折れるんだ

DSCF4509


少し下って

DSCF4510


雨池到着

DSCF4511


氷上をスキーですすんだひとが居たような

雨池
(クリックすると大きな画像)

最近の定番昼食、コンビニおにぎりと缶詰

DSCF4516


じゃ戻りましょ。またくるぞ

DSCF4517


雨池峠への登りで、ひと休みして

DSCF4519


一気に登り峠に到着。あとはロープウェイ駅までラクラク

DSCF4522


縞枯山荘まで戻ってきた。お、ひとがいる。平日だけどやっぱり八ヶ岳は人気あるね

DSCF4524


ロープウェイ駅まで戻ってきました

DSCF4525


こんなに天気よければ、北横岳登るのもアリですが、まだ左足に自信がないので、今日はパス

DSCF4527


この装備で大正解でした

DSCF4528


駅から南八ヶ岳を遠望。まんなかが観音岳、その左が主峰の赤岳。どっちも登ったぞ!

DSCF4529


さてクルマに戻って、次はどこ行こう


aki_miz at 17:33コメント(0)トラックバック(0) 
八ヶ岳 
月別アーカイブ