2014年05月

2014年05月25日

母校へ

年に数回、恩師を訪ね大阪の母校にゆく

そのまえに、折角大阪に行ったので、先日異動した上の娘の店へ

R9320974


ジュニア世代向けに全国展開しているチェーン店だが、ここは女子大生〜OL向けステーショナリーを新展開中

R9320971


こういうハンコ、我が仕事で使うが・・

R9320973


ちょっと洒落たクリップ買ってこ

R9320972


さて、翌朝は母校へ。朝早くの商店街を抜け

R9320975


住宅地のなかにあるものの、結構広いグラウンドはウチと比べて羨ましい

R9320976


こんな工作している若いひと居るんかいな

R9320978


このベンチでひっくり返りながらバカな話ししてたなぁ。40年近く前の日々がよみがえる

R9320984


そそ、学校にきて真っ先に見たのがこの掲示

R9320987


半日ほど恩師から教員としてのあり方や指導方法などについて助言をいただく。いつ来てもありがたい

aki_miz at 20:01コメント(0)トラックバック(0) 
お仕事(教員) 

2014年05月20日

写真雑誌に載った

本日発売の、この雑誌

R9320964


載っているぞ。本田圭介と並んで

R9320965


嬉し、恥ずかし、我が作品

R9320966


そのあと、学内で写真同好会の部員たちと

R9320967


キタナイ我が研究室でインタビューされ

R9320968


そンときの状況

DSCF4841


お、この写真はリニューアルした学内カフェテリアだ

R9320969


学生たちも、喜ぶだろうな

aki_miz at 22:29コメント(0)トラックバック(0) 
お仕事(教員) | 写真道

2014年05月18日

久々の、撮影会

新年度を迎え1年生10余名が増えた、大学の写真同好会。今日は新入生歓迎も兼ねた撮影会。場所は新宿御苑

R9320915


木陰をさがし

R9320920


車座になって、小生の写真教室のはじまり

R9320924


授業と違って、みんな真剣

R9320928


はじめて、カメラを持つひとも。まずはブレない構え方から

R9320949


互いにチェックしましょ

R9320945


数名をのぞいてフィルムカメラ。フィルムを自分で詰めます。どきどき

R9320948


だいじょうぶかな

R9320947


みんなでお弁当を食べたあと、出発

R9320950


早速、シャッター音が鳴ります

R9320952


一歩、踏み込んでーと声かけると

R9320955


いいね、いいね

R9320957


三脚たてて、揺れる柳の枝をじっくり撮ります。これぞ風景撮影の醍醐味

R9320960


被写体は足でさがそう

R9320958


水面には被写体がいっぱい

R9320963


閉園まぎわまで撮影を楽しみました。プリントあがりが楽しみだね

aki_miz at 21:43コメント(2)トラックバック(0) 
お仕事(教員) | 写真道

2014年05月05日

GWは失敗作量産中

GWは混むからどっこにも行きたくない。カレンダーの休日は大学の研究室の掃除したり

R9320892


大学最寄りの駅では「スィーツフェスタ」をやっていて、学生が地域支援の実践活動に

R9320894


EPSONのスキャナーを研究室で買った。大学の備品だから研究用だが試しに4×5のポジフィルムをスキャンさせてみる

R9320906


大フィルムの威力を見せつけられる。色やピントも、キャノンよりこのスキャナのほうが上のようだ。しかしPC画面では判らない

小野川湖畔4×5
(クリックすると大きな画像)

A2サイズにプリントしても、まったく画像の乱れは無い

R9320908


さてカレンダーの休みではない日は撮影に出る。まずは渡良瀬遊水池。4月中旬、桜を撮った帰りに寄ってから気になっていた

R9320898


あいかわらず、弱いなぁ

渡良瀬遊水池_1
(クリックすると大きな画像)

一写入魂だが・・

R9320899


何撮ってンだか・・

渡良瀬遊水池_0
(クリックすると大きな画像)

日没まで待って・・・

R9320901


弱い、弱いよぉ

渡良瀬遊水池_3
(クリックすると大きな画像)

翌日、東伊豆のこの池。何度きたことか

DSCF4869


でも必ず何かが撮れるという感触がある

DSCF4871


新緑がテーマになりますな

シラヌタの池_2
(クリックすると大きな画像)

ここは1枚、コンテストに出せそうなのが撮れた

山降りるとき、別荘地で気になっていた被写体に近づく

DSCF4873


これは面白そう。でも快晴のマッ昼間で光が良くないから撮り直しにこようっと

天城ハイランド
(クリックすると大きな画像)

これ撮ってたら近くで「ガシャッ」と音が

あーっ、またやっちまったぁ

DSCF4874
カメラケースのフタはちゃんと閉めておけよなぁ

サイドスタンドがのめり込んでいたのね。幸い、バイクも写真機材もダメージなし(さすがオフロード車)

DSCF4875


数日後、さんざ雨降るなか、また伊豆にやってきた。まず天城峠の手前にある滑沢渓谷で。岩肌にもっと新緑が映っていれば、コンテスト出すんだけどなぁ

天城 滑沢渓谷
(クリックすると大きな画像)

何度も撮った旧天城トンネル。今回からは狙いを替えて。しかしこれは弱い。検討の余地、大いにアリ

旧天城トンネル
(クリックすると大きな画像)

数日前にバイク倒した場所を再訪。雨足強くなったが、それを利用できないかとトライ

R9320890


あーっ、大失敗。まずはレンズに水滴。それに日没時というのに青くないし、豪雨なのにぜーんぜん、そんな感じがしない。これまた検討の余地、大いに残す

天城ハイランド_雨
(クリックすると大きな画像)

その翌々日、世間は休日でないので房総半島へやってきた

DSCF4876


場所は館山道のすぐ脇

DSCF4878


4月はじめに大学の合宿でバス乗って通ったとき、この石碑とうしろの樹木が目に入り、何か気になったのでスマホに場所をメモリーさせておいた

DSCF4879


小ぶりなダムがあり、日の出前の新緑を捉えてみる

南房総_丹生ダム 日の出前
(クリックすると大きな画像)

朝陽が射してきたが、これは失敗

南房総_丹生ダム
(クリックすると大きな画像)

ともあれ、現像あがったフィルムを見直し、次の撮影行の計画を練る

R9320897


「課題作」はプリントアウトして次の撮影時の要点を書き込む

R9320904


一度で決めたし、されど腕が追いつかず
納得ゆくまで、何度も通うのみ



aki_miz at 21:38コメント(0)トラックバック(0) 
写真道 
月別アーカイブ