2016年03月

2016年03月22日

久々の山行・・丹沢を南北縦走

ココは丹沢登山の拠点、大倉。装備を整えて出発します

R9324084


今回はウチの学生ふたり、N君とK君、そしてO先生も加わり4人で行動

R9324087


小生にとって山行は昨年6月以来の久々。そのときもN君とK君が同行でした

DSCF6769


歩き慣れた丹沢だというのに、すぐ苦しくなる。若いふたりとの差はあるものの、何かおかしい・・かかりつけの医師に相談すると、じゃぁ検査してみましょうと大きな病院を紹介された

R9324169


心臓まわりの様々な検査を経て、虚血症の可能性があるという。CT検査で最終診断しましょうとなった・・・夜ごと飲み、好きなだけ食い、そして月に二度は行っていた山より、ここ数年は写真撮影がほとんどになり運動不足・・・こりゃついにやってきたかと覚悟した

R9324164


結果は「冠動脈が少し狭くなっている程度で、あえてカテーテル入れる必要ありませんね」。つまりシロ。太りすぎだって。しかぁし、今後気をつけろという宣告と受け止めます

さて途中で小休止。今回加わっていただいたO先生は100名山のうち97峰を制覇された大ベテラン。体力不足な小生に替わり実に頼りになります

R9324088


途中、ペットボトルに満たされた水を背負い込みます。これ、途中の山小屋まで運ぶため。将来、テント泊を目指す若いふたりにとって、良い経験になるぞ。オレは背負わんがね

R9324089


登りにかかります。先行する3人。小生とはどんどん離れてゆく。以後、このパターン

R9324093


鍋割山に到着。ここで小生以外の3人は背負ってきた水を山小屋に届けます。

R9324100


昼食後、残雪の稜線をすすみます

R9324104


丹沢の盟主、塔ノ岳へ。強風が天候の変わり目を教えてくれます

R9324107


更に雪深い道をたどり

R9324110


今夜の宿舎、丹沢山にある「みやま山荘」へ到着

R9324111


ココは食事が良い

R9324112


消灯までO先生とグダグダ話し込み、しかし消灯とともにコロッと寝て翌朝、たっぷりの朝食

R9324117


K君がこんなの持ってました。水が使えない冬の山小屋で重宝します

R9324115


夜半からの雨がみぞれまじりに変わってます

R9324120


稜線歩きは強風との戦い

R9324123


残雪、ますます深く、遠くはかすむ

R9324124


お、岩場だ

R9324125


丹沢の最高峰、蛭ヶ岳に到着。しかし何も見えない

R9324127


ここからは下りの連続。慎重に・・・

R9324128


春のきざしが

R9324136


雨がやんできました。姫次と呼ぶ小ピークで昼食

R9324144


日が射してきたぞ

R9324150


延々と下ります

R9324156


林道へ出ました。ずっと遅れて合流。お待たせして、すみませんねー

R9324157


山道はまだ冬の表情だというのに・・・

R9324158


東野という、帰りのバス停向かいの旅館で風呂につかります。よかったー

R9324159


午前と午後、一日2本だけのバスがやってきました

R9324160


途中でバス乗り継ぎ、橋本まで戻って反省会。次どこ行くかと早速の相談。テント泊しようよ

R9324161


一日目はヒィヒィ言いながら歩いていたのですが、二日目は自分なりのペースで歩けるようになりました。やっぱり、あまりサボるといけませんね、山歩きは

aki_miz at 18:10コメント(0)トラックバック(0) 
丹沢 

2016年03月12日

若狭・越前・能登そして霧ヶ峰

舞鶴若狭道でやってきた

R9323953


今夜は現地の観光ホテルへ素泊まり。そっか、この街はこのひとをかついでたんだ

R9323962


夜は近くで「グジ」の定食

R9323956


翌朝から撮影開始。ホテルに置いてあった案内マップに載っていた滝へ

R9323965


緑が美しい

R9323968


そのあと、滝ばっか

R9323970


若狭は京都と縁が深い。だから古刹が多いというのに・・

R9323980


越前まで出て道の駅で車中泊ののち、翌日は海岸へ。普通の荒磯は撮らない

R9323987


ところで今回の撮影行のキッカケは昨年受賞した「日本の風景写真100人展」レセプションで

R9323488


風景写真協会の会長様と話す機会があり「福井はいいよォ。結構、穴場だし」。そのあと大阪でもお会いして話をするうち、「では、行ってみます」となった。

今日の昼は今庄にある、会長の奥様がされている店で越前そばを

R9323991


食後、会長の作品を拝見しながら写真談義。いや、いろいろ多岐に渡る話などを

R9323994


鯖江のビジネスホテルに泊まる

R9323996


翌日は、一乗谷にある朝倉氏遺跡へ

R9323998


いいモチーフ、見つけました!

R9324003


また滝ダァ。懲りないなぁ

R9324007


夕刻、一本松を相手に撮影を堪能

R9324015


夜道を能登まで走り、道の駅で車中泊。ホントは毎日車中泊にしたいのだが、体力温存と機材メンテナンスなどがあるので車中泊とホテル泊を一日ごとにした。翌朝、恋路海岸へ。撮るものが見つけられない

R9324021


ぐたぐたと走りながら、ずっとモチーフが見つからない。また滝だ。もういいか

R9324030


そんなことしていたら、クルマのブレーキから異音が。思い当たるので、通りすがりの工場へ

R9324029


症状話したら、「ブレーキパッドだな、こりゃ」

R9324025


こーんなに、減ってました。買って1年半、走行4万キロ余り

R9324026


輪島市街から少し離れた海岸で夕景を撮るが、なんかパッとしない。今日は収穫なし・・輪島のビジネスホテルへ

R9324034


ホテル近くの定食屋でカツ定食注文したら・・・

R9324039
かんべんしてよ

夜半に少し降ったみたい。こういう天候、待ってたんだ

R9324041


小生のエナジードリンク、毎日こうして作ってます

R9324042


能登の海岸から少し入ったところに滝を発見。ここはすごい

R9324044


必死で上まで登り、椿を印象的に入れ渾身の一枚。

R9324045


中判フィルムでも撮りました

R9324046


結局、ここに3時間も居た

R9324048


近くにはこんなところも。ただ季節が違うな

R9324055


贅沢しました

R9324061


昼に能登を出て高速をひたすら諏訪まで走り、霧ヶ峰へ。ガソリン補給の時間が勿体ないので、まず目的地に着いて予備タンクから給油

R9324064


今月の『風景写真』誌コンテストのテーマのひとつが「夜景・星景」。そこで先月からこの霧ヶ峰に何度も足を運び、星を絡めた作品づくりをしてるのだが、カメラとレンズを凍らせたり天の川の方向まちがえたり失敗ばかり。今日こそはと、目をつけていた裸樹の場所に来たが・・・

R9324073


うーむ、これでは絵にならん

R9324074
クルマのスモールライトで照らして星と対比させたかったのだが・・

折角だから夜景らしきものを撮っておく。氷点下10度ちかい。あまり外に出しておくとカメラがまた凍る

R9324076


帰りは諏訪SAにある温泉を楽しみ、4泊5日の撮影旅行が終わる。次はもっと早い時期、雪と水仙の頃に来よう

R9324082


aki_miz at 22:02コメント(0)トラックバック(0) 
写真道 
月別アーカイブ