2016年06月

2016年06月25日

また、やっちまった

先日、発売されたこの雑誌

R9324834


「レベルアップのヒント」というコーナーに挙げられた。予選通過以上、入賞未満、といった位置づけなんだろうが・・これで二度目

R9324835


応募した作品は、これ。今年はじめ、雪まだ深くならないうちに飯山線の、とある山里で撮った

冬はこれから
(クリックすると大きな画像)

審査員からのアドバイスが「雪深い飯山線が表現されていて、それはいいんだけど、キーポイントである柿の木を一部カットしたのが残念。すべて入れてOKではないけど、この柿の木の存在感をもっと出すアングルはあった筈だ」。すわなち詰め不足ということ

「雪深い飯山線」と観ていただいたのは小生の表現意図と合っていて嬉しい。ところが現場は線路から柿の木までは平坦だけど、そこからは手前下がりの急斜面で、小生はその急斜面に半ば空を向いて立っている。柿の木を全部入れるため、これ以上引くと自分の位置が低くなってしまい列車が写らなくなる。それにバックの山林が柿の木の枝にかぶってきて柿の木が強調されない。そこで大津憲司師匠の言葉を思い出した。「一部を切って全体を想像させる」。柿の木の上と右を切ったのは、列車と、山林と、そして柿の木のギリギリのバランスをとった結果なんだけど・・・現場の事情はかまわず、鑑賞者にいかに訴えるかを評価する審査員の目は厳しい

と、もういちど我が作を観てみると、柿の木に残る橙色をもっと強調できる位置があったかも知れない・・・

やっはり詰め不足だったんだなぁ


そして同じ号には、ココにも名前が載っている

R9324836


激戦区?とされる単写真部門で二次予選を通過していた。これを撮ったときの状況写真

DSCF6994


向こうに写っているのは、樹木から何やら垂れ下がっている。これ、メインの樹木と共生している地衣類の藻のようなもの。甲信越の山中を走っているとき見つけた。師匠に見せたところ「第一級の被写体だ」と評をもらい、ためしに応募作に入れたら、たしかに評価された。しかし当人は飯山線の柿の木とは異なり全く何も考えず、マッ正面から大判フィルムで撮っただけ。単に珍しいだけじゃん

いったい、何が入賞して(しそうで)、何が落ちるのかが良く分からなくなってきた。でもね、同誌編集長の弁によると「(入賞狙いの)あざとい作品は分かるよ」。その編集長が「プロ中のプロ」と評してやまない、このひとの著作は何度も読み返している

R9324837


そのなかにも、こんな指摘が・・

R9324838


欲を捨て、邪念を払い、自己表現に徹せよ。言うのは易し、行うに難し・・か

aki_miz at 01:00コメント(0)トラックバック(0) 
写真道 

2016年06月19日

充実の写真教室

大学写真同好会が毎月おこなっている写真教室。今日は立川にある昭和記念公園へ

R9324739


今回は比較的大人数。だから準備した機材も多く

R9324737


三脚もおびただしい

R9324738


入り口の前で開講式。ご挨拶いただく講師の先生方。右端から写真家の萩原史郎氏佐藤尚氏、そして『風景写真』誌の石川編集長

R9324744


まず三脚の扱い方を教わります

R9324747


恒例のフィルム詰め。12名参加のうち6名がフィルム。そして今回はリバーサルフィルムです

R9324749


早速、撮影ポイントに

R9324752


手前、萩原さん、向こうには佐藤さん。おふたりの写真家の熱心な指導が開始されました

R9324768


それにしても日本を代表するプロ写真家に教わるなんて!

R9324775


むむっ、カメラの構え方が甘いぞ。風景写真誌 編集部の今浦さんから手ほどきうけます

R9324785


何かを発見したみたい

R9324788


佐藤さんも何かを発見

R9324789


こんなのも作品になっていくんですねぇ

R9324791


撮ったの、見せてください!

R9324792


佐藤さんからテーマが提示

R9324794


道がある。白い矢印がある。行き交うひとがいる・・さぁ、みんなならどう撮る

R9324798


日差しが強くなってきました

R9324799


ちょっとした森が

R9324801


さて、何がみえる?

R9324803


撮影に没頭中

R9324809


写真以外の話題にもこと欠かないようで

R9324814


日本庭園に到着

R9324816


ココでいったん解散しましょう

R9324817


おじさん達は暑さにヘトヘト

R9324820


何やら深いハナシしてます

R9324822


集合場所へ移動して

R9324825


閉講式。先生方から感想をいただきました

R9324829


みんな、作品創りに結びつけたかな

R9324828


帰宅してニュースみていたら、今年イチバンの暑さだって。お疲れさまー

aki_miz at 13:56コメント(0)トラックバック(0) 
写真道 | お仕事(教員)

2016年06月14日

入梅を求めて

東北道を北上

R9324648


秋田県の南端、にかほ高原で朝を迎える

R9324649


朝の鳥海山は万年雪を抱き

R9324652


プロペラがゆっくり回る

R9324650


冬師(とうし)という場所で池を見つける

R9324653


少し走り、伏流水が滝になっているところに着く

R9324655


滝までの渓谷で新緑を撮ってみる

R9324658


マナー知らずがこんな立て札を作らせる

R9324659


ここかぁ

R9324660


大判フィルムで撮っておこう

R9324661


まだ明るいが、今日は象潟(きさがた)の道の駅で夜をすごす。風呂もあるのでおあつらえ




夕食どきまで冷房効かせた車内で読書。ここに来るキッカケは、手前にある登山用の地図。被写体が多くありそうな湖沼が鳥海山のまわりにみられたから

R9324665


道の駅の向かいには、鮮魚をウリにする店があって、ここで飲む

R9324669


道の駅から夕陽が楽しめる

R9324673


さて寝るとするか。装備と積み方を見直したので大判フィルムから超広角デジタルまで持ってこれた

R9324667


翌、夜明け前、冬師にある池で朝焼けを迎える

R9324674


今日も鳥海山が綺麗

R9324677


少し走って、湿地へ

R9324679


木道を約30分

R9324683


水が沸いている

R9324684


摩周湖とは異なるが・・

R9324685


なかなか、撮りにくいぞ

R9324687


森の王者に会いに行く

R9324695


王者の風格に朝陽が入る

R9324694


鳥海山に近づいてみる。途中、こんな池が

R9324697


万年雪が迎えてくれる

R9324701


登山口のひとつに着く。山は雲のなか

R9324707


降りてきて、大きな滝へ向かう

R9324710


石段を延々とあがってゆくと

R9324723


法体の滝という三段の滝

R9324712


なんか、ここは観光地だなぁ。更にみちをすすむ

R9324719


甌穴(おうけつ)という、水流が作った窪みが沢山あるそうだが

R9324715


通行止め

R9324713


一枚も撮らず、戻ってきました

R9324725


こういうとき、機材が重く感じる

R9324726


しかし里に降りる道すがら、お花畑を発見。大判カメラでじっくり撮る

R9324728


今日はここで泊まろう

R9324729


途中のコンビニで調達して、今日はおしまい。最近はじめたLINEで内定決まった学生と連絡とりあう

R9324730


翌朝、待望の雨。今回東北に向かったのは、行程の途中から雨の風景が欲しかったから

R9324731


野生の群生地を見つけておいた。気が済むまで撮影を止めない。二時間、粘った

R9324733


小さな池を発見。入梅が表現できるだろうか

R9324734


帰路、鳴子の温泉郷で日帰り湯を楽しむ

R9324735


結局、鳥海山の麓に3日間も居ました。

aki_miz at 18:00コメント(0)トラックバック(0) 
写真道 
月別アーカイブ