2017年08月

2017年08月30日

銀座で写真展を

とある会食

DSC17735


歓談もそこそこに、それではみなさん見せてください

DSC17740


これはいい、いやいやこっちのほうがもっといい・・みなさん喧々諤々

DSC17753


『風景写真』誌 石川編集長の裁量で各自の作品が決定。頼りになるね

DSC17756


ここからは小生の個人プレー。まずは、作品の入ったCDと色サンプルをプロラボに預ける

DSC17758


試し焼きがあがってきた。左のインクジェットとは全くちがう。さすが、プロが作る銀塩プリント

DSC17942


「うーん、このあたり、もう少し明るく」お願いした部分に指示がはいり

DSC17945


明るさが二種類の試し焼き。散々悩んだ末、少し明るいほうに決定。では本番焼きします

DSC17987


待つこと数日、大伸ばしがあがってきました

DSC18195


大迫力だわ

DSC18194


また数日経過。みなさん、大伸ばしが完了したところで、全体の確認。まずはギャラリーでの展示位置の案が示されます

DSC18201


それでは・・・とひとりずつ(一作品ずつ)広げられます

DSC18202


こりゃ凄い。とてもAPSのミラーレスデジカメで撮ったとは思えんぞ

DSC18203


小生のも、衆目に・・

DSC18211


お褒めの言葉。これは小生のウデではなく、カメラとレンズに対して?

DSC18214


各作品に付けるキャプションを確認しましょう

DSC18218


さて前日。総まとめされているM山さん来場

DSC90013


各作品の掲示位置を指定

DSC90014


専門スタッフが高さを測り

DSC90021


仮掲示。標準は作品中央で145センチの高さなのだそうだが、少しだけ下げてもらう

DSC90023


決めた高さに墨打ち糸を渡し、クギを打って

DSC90029


では掲示

DSC90031


きちんと水平出し

DSC90033


スチロールのパネルは、両面テープで仮止めしたあと、こうして釘で押さえておく

DSC90037


照明を調節して

DSC90045


作品キャプションを中央に

DSC90049


挨拶パネルを貼り付ける

DSC90057


ホコリを払って

DSC90053


完了! こういった展示ノウハウ、ウチの学生に伝えておこう

DSC90061


ぐるりと記録

DSC90122
(画像をクリックしてみて)

会場の準備完了

DSC90067


明日から一週間、銀座の富士フィルムのフォトギャラリーでやってます!

DSC90072


aki_miz at 20:51コメント(2) 
写真道 | カメラ

2017年08月16日

賑やかな来客

お盆休み、どこ行っても混むだけだから自宅に籠もって写真雑誌の入力チェック作業

R9325844


夕方、3人やってきた。近くのスーパーに行って買い出し

R9325772


「あ、これ安いね」なかなかいい心がけだ

R9325774


帰宅して、仕込みを始める三人。三人とも、小生のゼミの学生

R9325777


「高校のとき、クッキング部だったんよ」のひとりがオリジナルなパスタを大量に作る

R9325788


なんでもスマホで撮っては、それで遊ぶ

R9325802


そろそろ始めましょ

R9325786


小生だけは、コレ

R9325791


宴たけなわ

R9325797


ついに踊りだす。ほんとうるさい賑やか。申し添えると、この三人は一切アルコール飲んでない(1年生だから当然だ)

R9325822


秘蔵していたビールを出す。「これ、卒業生から送ってきたんだぞ。よぅ覚えておけ」。おい、聞いてるか

R9325846


冷凍庫にある写真フィルムを発見される

R9325803


フィルム、知らんだろうなぁ。作品を見せる

R9325811


次はパンケーキを焼く。よく食うなぁ

R9325825


小生はコーヒーを淹れて、ひと息

R9325831


ここでサプライズ。少し遅れた誕生日プレゼントを貰う

R9325832


お返しじゃないけど、9月1日から銀座でおこなう写真展の案内を渡す

R9325835


じゃあねー

R9325840


またおいでー

R9325842


静かになったところで、チェック作業の再開

R9325845


aki_miz at 09:10コメント(0) 
お仕事(教員) | 日々のこと

2017年08月12日

久々のテント泊は難行

西武池袋駅。秩父ゆき特急に乗り

DSCF5585


西武秩父で三峯神社へゆくバスに乗り継ぎ

DSCF5586


神社の宿泊施設に到着。今日はここで前泊

DSCF5588


翌朝5時、出発。今回の同行者は本学学生のK君。これまで何度か同行

DSCF5590


登山届けを出しますが、ポストがいっぱい

DSCF5591


最初は、なだらかな道ですが

DSCF5593


次第に険しく

DSCF5594


それでも半分は来たぞ

DSCF5595


人慣れした鹿だこと

DSCF5598


最後の休憩

DSCF5599


雲取山荘のテント場着。K君はテント初デビュー。小生の1人用テントを貸しました

DSCF5600


小生のも完了。にわか雨が

DSCF5602


今日の行程、8時間弱。昨年、同じルートで登ってきましたが、2割も時間短縮してました

DSCF5603


暗くなったら寝て、夜明け前に起きて、撤収して、では出発

DSCF5604


ガスのなか、山頂めざします。起き抜けにこの急坂は、いつもキツい

DSCF5605


みえてきたぞ

DSCF5606


到着。今年は頂上の高さと西暦が同じだそうで

DSCF5609


しかしガスに囲まれ、せっかくの眺望がゼロ。「先生と行くと、いつもこうだ」

DSCF5612


下山開始

DSCF5611


三条の湯の山小屋で休憩

DSCF5614


更に下山

DSCF5615


ガスのなか、小さなアップダウンが続く

DSCF5613


歩けども視界開かず

DSCF5616


サオラ峠に到着。あとは下るだけだが・・

DSCF5617


結構急な下り

DSCF5618


ようやく、人里がみえてきた

DSCF5619


到着! 今日の「ゆ」へ

DSCF5620


今日の行程、11時間。視界のきかないなか、歩き続けるのは精神的にしんどい

DSCF5623


奥多摩行き最終バスに乗り込む。このルート、もういちど行くかと問われれば・・微妙だなぁ

DSCF5624



aki_miz at 14:00コメント(0) 
奥多摩 
月別アーカイブ