2018年08月

2018年08月11日

夏合宿!

ここは山梨県の山奥にある村営の研修施設。地元の写真家のかたに現地の案内をいただいている

DSC15013


東京からは風景写真誌の石川編集長と風景写真家の萩原さんに来ていただき、レクチャー。「風景写真とは」

DSC15016


では機材を持って撮影に出ましょう

DSC15021


ここは、山梨県丹波山村という東京都に接する村落。多摩川の源流のひとつが流れている。人口500人。多くが高齢者

DSC15027


いつもの写真の夏合宿というと、私の勤める大学の写真部なのだが、今年は違う。9月8日におこなわれる大学対抗の写真競技会「フットマッチインターカレッジ」に参加する各大学から6校14名が合宿に参加。だから全員が私にとっては「他校生」。いろいろ気を使うが彼らは至って和気あいあい

DSC15030


何でも被写体になります

DSC15040


あいにくの曇り空・・と言えるのだが、それもまた風景に変化を与えそう

DSC15051


宿舎に帰って夕食。食事ときもカメラを離しません。その心がけ、いいね

DSC15074


さて夜は各自が撮った作品を持ち寄ってプロ写真家たちから作品指導を受ける講評会です。これが各自の表現力を向上させます

DSC15076


私が選んだ秀作。R大学M君撮影

m1
(クリックすると大きな画面。以下同じ)

そしてプロ達をうならせた作品。J大学W君

_DSC8985


こりゃ凄い学生たちだぞ。

講評会のあとは、夜更けまで、いや朝まで学生どうしの交流が。私や石川編集長はダウン。でもこれが各校合同合宿の楽しみなんだよね。

翌朝も、また曇り

DSC15082


早朝から熱心に撮影

DSC15096


小生の作品のいかに小さなことか

DSC15108


ファイティングポーズ

DSC15111


朝食後、ふたたび講評会

DSC15126


日に日に表現力が高くなってゆく。これはJ大学K君の作品

KBY_8320


実に有意義な合宿が無事に終わりました。思えばこの合宿内容はウチの大学で試行しながら実践していました。それでは9月8日の競技会、待ってるぞ!

DSC15135


aki_miz at 13:52コメント(0) 
写真道 | お仕事(教員)
月別アーカイブ