2019年02月

2019年02月24日

2年ぶりです

志賀高原にある石の湯ロッジに到着

DSC_0011


荷物を置いて早速、撮影開始

XH103817


地元のワンコはお散歩中ですが

XH103849


熱が入ってます

XH103835


霧氷が綺麗

XH103843
真っ黒に見えるけど画像クリックして大きくすると結構出ている

ここの夕食は絶品ナリ

XH103853


連れてきたのは写真部の4年生6名。販売、IT、不動産、公共団体などに就職が全員決定。

XH103855


さて翌朝、まだ暗いうちから

SNO30587
Sさんの作品

ファイティングポーズ

XH103879


明るくなってきました

SN111126
上のS君の作品

寒いなか、待機(気温マイナス12度)

XH103893


我がフィルムカメラも準備

XH103884


昇ってきたぞ

XH103987


寒さと時を忘れ、撮影に没頭

XH103979


新鮮な視点

SN109798
Sさんの作品

宿へ戻り、リッチな朝食

DSC_0013


ひと休みのあと、昼から行動開始。この合宿、2年前にも同じメンバーで来ましたが、そのときの場所にも。

近所のワンコに喜んで

XH104012


こんなん作って喜んで

XH104059


すべり台遊び

XH104016
2年前も、同じところでおんなじことしたっけ

大学の教壇にたって幾星月、学生は上級学年にすすむほど幼児化することが分かってきました。いま改めて実感中なり。

天気はドピーカン

XH104030


S君の作品
SN109824


2年前合宿では、写真家の萩原史郎さんに指導いただきました。その萩原さんに案内いただいたところも再訪

XH104068
向こうにある木立が作品になるんだよなぁ

でもこんなん撮ってます

XH104076


撮れたSさんの作品

SN109855


さて夕食。また絶品なり

XH104079


デザートが終わったら・・・

XH104084


なんと、サプライズが!

XH104090


卒業前、感謝の色紙と

XH104156


地元の日本酒まで! なんとラベルは2年前合宿のときの集合写真。嬉しいねぇ。教員冥利につきるとは、このことだねぇ。すまんねぇ、さっき幼児呼ばわりして

XH104147


ラベルには宿舎のオーナーも写っています。オーナーともども、記念写真

XH104152


この6人は写真部が出来て3代目。写真部の活性化に、そして作品づくりの指導方法の確立に貢献してくれました。

さて翌朝は曇りだけど撮影に

H君の作品
IMG_7825


朝食のあと

DSC_0018


おのおの撮ってきた作品を選んで互いに講評会。みんな、ホントにうまくなったなぁ

XH104159


宿舎のクルマに途中まで乗せてもらい帰路につきます。

XH103815


さて、私は来月に大規模な合宿が控えているぞ。

aki_miz at 11:54コメント(0) 
お仕事(教員) | 写真道

2019年02月19日

目指せ個展

今日から新宿ニコンサロンで世界のアイハラの個展

DSC98123


六本木フジフイルムスクエアでは、トップアマチュア南 佐和子さんの個展

DSC98124
アイルランド大使館も協力なんだって

その、佐和子さんのオープニングに呼ばれ、まぁこうなる

DSC98115


表現者を自覚すると、やってみたい個展というヤツ

で、ここは表参道のギャラリー

XE2B8447


壁面に糸を張って

XE2B8449


作品に裏打ちして

XE2B8451


設営完了

XE2B8452


壁面のスペース、ひとりの幅1.2メートルくらいに作品を出して、来場者が投票してイチバンが個展を開けるという催し

そしてみんな完了したら、これになって

XE2B8458


明日から表参道のギャラリー「ナダール」で『目指せ個展』3月3日まで。アタシは今年で二度目。どんだけ得票できるやら

XE2B8445


aki_miz at 20:30コメント(0) 
写真道 

2019年02月16日

このオレがぁ?

昨年晩秋の頃からだったろうか、朝起きて、なんにもする気がおきない。そして決まって昼すぎ、猛烈な疲労感に襲われる。

DSC98110
熱はないんだよなぁ

とにかく眠りたい。何度も眠ってしまう。早く帰ってきたら床について、翌朝とんでもない時間まで眠っている。

もうこんなトシなのだから、持病のひとつもある。いわゆる生活習慣病というやつで、ほうっておくと少しずつ悪化する。だから主治医の指示のもと毎日の服薬、自主的に月に一度の登山(これは効果的)、そして二カ月ごとの血液検査は欠かせない。その二カ月ごとの検査のとき、思い切って主治医に告げてみた。

静かに聞いていた主治医、血液検査の結果を見るとすぐに「あのねぇ、仕事抱え込んでない? ストレス溜まってるよ。処方しとくからね。ちゃんと飲みなさい」

いつものに加えて貰った薬に、こんな解説があった。

DSC98105


鬱病の薬ではないか。

IT屋時代、これで休む社員をしばしば見たし、対応もした。いや、対応をしないようにした、というのが正確なところ。もともとそんな感じのする社員もいたけど、そうでもなさそうなのが罹ってしまって、決まって出てくる言葉が「え、アイツが?」だ。

数年前はそのときの仕事仲間も罹ったそうで、復活した本人いわく「いやぁ、オレがかぁ?と思ったよ」

私もまさに「このオレがぁ?」と思ったが、まぁ医者の診断だからそうなのだろうと受け入れるしかない。指示された通りに薬を飲み続けつつ、主治医の言っていた

「仕事、抱え込んでない?」

を反芻すると・・・本業の教員は、まぁあいかわらず色々あるけど特に煩わされることは起こっていないはず。しかしこれまでと全く違うことをしているといえば・・・

日本学生写真部連盟

FUPC_WhiteBack


これの立ち上げだ。気質もしきたりも考え方も全く異なる各大学の学生、そのなかで立ち上げに関わる学生は個性が強い。業界との接点役を担うふたつの写真雑誌も真剣だ。時間軸と価値観が全く異なる学生達と出版界の両方の違いを認めつつ、どちらにも動いてもらわねばならない。もう、みんな、あとには引けない・・・設立の準備がすすめば、すすむほど、退路が次第になくなってゆく。

山にも、撮影にもずっと行っていない。行く気になれないんだから仕方ない。休んでいても双方からの問題提起の対応やら超のつく深夜に及ぶ会合やら(編集者はおしなべて夜型が多いし、学生についてはいわずもがな)・・・・他に誰も大学関係者は居ないのか

やっぱり、仕事、抱え込んでるんだぁ

医者はこうも言ったなぁ。

仕事、他人に任せさいよ。そんで、楽しいこと、やりなさいよ

最近の内科医はココロの病いまで踏み込んでくれるのね。

ココロの病いになっても腹は減る。コメはドンキが安いから久々に行ってカバン売り場の横を通ったら、ひとつのトートバッグが眼に入った。

これ、カメラバックになるかも。

ソッコーで買って帰宅しましたね。案の定、ミラーレスカメラ1台とハッセルブラッドのボディそしてレンズ3本、中判フィルム10本、フィルターやらフィルムマガジン、予備バッテリー、更に読みかけの新聞やら滅多に使わんカードで太った財布やらメガネケースやらペットボトル、手袋、折り畳み傘などなどがちまちまと入り重いけどショルダーバッグとして撮影おあつらえセットの出来上がり。

DSC_0004
ニコンのレンズキャップ、外しやすくはめやすいので、これで統一

薬の効果も出てきたのか、いい塩梅のバッグが出来上がったのが良かったのか、今年に入って撮影に出かけるようになりました。といっても前夜クルマで出て車中泊して夜明けを狙うとかの苦行じゃなく、朝起きて、家の用事やって、大学や連盟のことやって、こうしてやること全部済ませて昼からふらっと電車乗って適当な街に降りて気ままに撮る。受賞ねらいではなく撮りたいものを撮りたいように撮る。

XH103370


夕方まで撮る

XH102719


電車で行くんだから、これは絶対に欠かせません

DSC_0007
美味い寿司は塩で食すに限ることを覚えた

なんとまぁ、現金なもので朝の無気力、昼の疲労感どこへやら。学生写真部連盟の発足に合わせたように、なんか脱出した感じがあります。

XH103795


aki_miz at 11:00コメント(2) 
日々のこと | カメラ・写真

2019年02月11日

ようやく発進

顧問を勤める写真部と風景写真誌とは数年来のつきあい

DSC05466
合宿にまで来てもらって、指導を受けたっけ

それが発展して,フォトコン誌も交え大学対抗の写真競技会「フォトマッチインカレ」の開催をはじめた

R9325991



そうすると、大学間の交流が育まれ、研修会やら

DSC91586



フィルム撮影会

R9326076



特定メーカーの撮影会も

R9326118
最新機種がズラリ40台 なかなか壮観

もちろん、コレも

R9326109




いつ頃からだったろうか、こうした各大学の写真部を横断して組織づくりすれば、低迷している大学写真部の部活が活性化されるだろうし、他大学との交流は楽しいだろうし・・・

石川編集長とLINEやFBでのやりとりをみると、組織づくりは昨年10月頃から始動していたようだ。最初は学生たちの「あれやりたい、これやりたい」を実現させるカタチで

「写真好きな大学生の集合」は写真業界からみて実に魅力的な存在のようで、風景写真誌、フォトコン誌を通じて協力を募ると意外なほどに反応が良い。カメラメーカー、プロ写真家、ハイアマチュア、プロラボ、カメラ販売店、プロ写真家団体、アマチュア写真団体・・・

これら業界と大学生の集まりを結びつければ、学生にとっては写真を学び、楽しめ、そして将来に役立ち将来に繋がる機会づくりになる。業界にとっては新しい市場になり、若い感性を知る機会にもなる。しかしこの結びつきを一過性のイベントにするのではなく、永続的に続くような仕組みを作っておく。すなわちカネがまわるようにしておかないといけない。

まず外からみて確実な運営をおこなっている組織になるように、定款づくりから開始した。平行して、この組織を理解し、賛同して会員になってくれる大学写真部を募ること。

定款づくりをはじめとした規程類は私が担当した。何も無いところから作成するには時間がかかるし、そもそも定款にはどんな項目が必要なのか良くわかっていない。

VAP−NET。このブログ読んでいたたいているかたのなかに、懐かしさを覚えたかたもおられるのではないだろうか。アマチュア無線を使ったPC通信ネットワークの組織。一定のお金をあずかり、何らかの活動(事業)をおこない、そしてこのなりわいをメンバーに報告する。VAP−NETは定款を作って運用していたが、それが私のPCに残っていた。

ab4e2e6f.jpg
本文とは直接関係ないけど、アマチュア無線やめて何年経つかなー

この定款を下敷きに、定款づくりをすすめた。たしかこの組織、1987年に開始したと思う。30年以上前にアマチュア無線の皆さんと作った定款が、今度は学生写真で蘇ってくる。感無量。

ウチの大学に集まること数回、いつも20〜30校近く集まって、定款づくりの固くるしいハナシにみんなついてきてくれた。集めるのは人脈づくりが得意なR大学のM君。

ウチの大学の顧問弁護士の意見をいただきながら、そして各大学の現状にあわせつつ定款を修正してゆく。

そして去る2月9日、24校41名の出席のもと、定款を最終確認して連盟が設立された。

XE2B8441


日本学生写真部連盟(Federation of Japan University Photo Club 略称:FUPC)。おそらく日本初の、大学写真部を対象とした写真組織であろう。

FUPC_WhiteBack
ロゴデザインはプロに依頼。これからは、このロゴのもと大学が集う。

連盟の案内文書

創立時点での会員校(21校)

青山学院大学、神奈川大学、慶應義塾大学、工学院大学、産業能率大学、芝浦工業大学、上智大学、千葉工業大学、千葉商科大学、中央大学、東海大学、東京大学、東京医科歯科大学、東京工業大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農業大学、日本工業大学、法政大学、横浜国立大学、立教大学

錚々たる顔ぶれではないだろうか。これから増えてゆく見込み。


そして、終わっての懇親の場。

XE2B8444


ココにくれば写真が好きな仲間たちが居る、そんな場として発展させていきたい。事務局長として、これからが(も)大変になると思うけど。



aki_miz at 17:11コメント(3) 
写真道 | お仕事(教員)
月別アーカイブ