2019年07月

2019年07月22日

ヘビーな山行

ここは奥多摩。JR青梅線の「御獄」駅を降りて北へ向かっている

X3QC8334


約2時間、ひとつめの山頂「惣岳山(そうがくさん)」に到着。あまり開けていない

X3QC8339


同行者は卒業生のN君。先日、ひょっこり学内で出会って「最近、(一緒に)行ってネェな」と話ししていて、じゃぁ行こうかとなった

X3QC8340


N君とは過去に数回、山行したっけ。今日のN君、スマホ地図。これ、自分の居場所がリアルタイムで分かるんだが、なんか良し悪し

X3QC8336


ふたつめの頂上「岩茸石山(いわたけいしやま)」に到着。日曜なので結構ひとがいる。ここは開けているのだが天候が悪く視界不良

X3QC8341


さてここから青梅線の駅に戻りながら降りるルートなどがあるけど、縦走にこだわる小生はそのまま北へ向かう

X3QC8342


深い山中、次第に会話もすくなくなって・・・

X3QC8343


淡々と歩く。何も考えない。たまに出てくる道標がせめてものなぐさみ

X3QC8345


みっつめの頂上、「黒山」に到着。ガスが出てきている

X3QC8347


全体の3分の2も来ているのに、まだ下りが続かない。雨も降ってきた

X3QC8357
(クリックすると大きな画面)

峠を越えたら、ようやく下り。それも延々と

X3QC8361


降りてきました。まずは風呂

X3QC8362


バスで西武線の飯能駅まで戻り、コレ

X3QC8363


今回、8時間半ほどの行動時間なのに異常に疲れがある。N君のペースにひっぱられたのか、自分の体力が著しく低下したのか(ここ最近は2〜3カ月に一度の山行だもんね)。こりゃイカンと山用ウォッチの記録をみると・・・

X3QC8364


この時計、標高を計測できるのだが登りと降りの累計高度も記録している。なんと登りは4000メートルを超えている! 下りも同じくらい。いかにアップダウンが多かったのかを物語る。そういえば、過去の記録をみると同じ奥多摩の雲取山で累計3000メートルの記録があった。

北アルプスや八ヶ岳のように山頂の標高は高いものの、途中で泊まりながら行くので累計はせいぜい2000メートル程度なのだから、奥多摩のアップダウンの多さが分かる。それも標高1000メートル以下、梅雨の蒸し暑いなか、そりゃ疲れるわな。

aki_miz at 14:45コメント(0) 
奥多摩 
月別アーカイブ