2011年09月08日

バイクのベアリング

先日、またまた夜走りしてしまった。
行き先は江ノ島。海岸べりの店の
あかりが雲に映ってます


R0106272

夜の江ノ電



R0106302

さて、走っていると、どうも足回りから
「ゴロ、ゴロ」と異音が。ふーむ、ホィール
を支えるベアリングかなぁ。前タイヤを
浮かして回してみると、たしかにゴリゴリ
した感じがあります

R0106321

早速、パーツの見積もりをとると、純正
部品で1コ2,593円! えーっ、ベアリン
グがそんな値段するのかぁ

ネットを検索すると、汎用品が使えるようで
す。じゃぁ純正パーツ買ったことにして、
ベアリングを外す特殊工具を買い、安い
汎用ベアリングに交換してみよう

ベアリングリムーバーは1万円弱。プロが
使うのは3万くらいしますが、私は1万で
お釣りがくるので充分

R0106317

さすが、専用ツールですね、簡単にベアリ
ングを外すことができました

R0106318

はずしたベアリングの寸法を測り、
まずはホームセンターに行きますと、
なんと、ありました。あっけない。
今回は前後ホィールすなわち4個
交換したかったのですが、近くの
ホームセンターでは2個しかありま
せんでした。そこで、ネットで近くの
機械工具屋さんを調べ、残り2個を
入手

R0106323

左側が工具屋さんで入手したNSK製。
単価457円。右側はホームセンターに
あったNACHI製。単価780円。同じ
モノですが、いうまでもなく工具屋さんで
入手するほうが安くなります。なお型番
は前後とも6005ZZで注文できます

ゴロゴロ感があったのは、前ホィールの
2つあるうちの1つでした。純正パーツは
SKFというスゥエーデンに本社がある
メーカー。ただし私についていたのは
FRANCEの刻印が入っていました

R0106333

大きめのプラハンマーでコン、コンと
たたき込みまして、交換完了

R0106328

手に持っているスプロケットのブラケット
にもベアリングが入っていて、これも
6006ZZという品名で汎用品が入手
可能ですが、ここはあまり荷重がかか
らないとみて今回は交換しませんでした

R0106309

さて、試乗しますと・・・やっぱりゴロゴロ
言ってるかなぁ。これはチェーンの音かな。
もう4万キロ越えてるもんなぁ

banner_good
aki_miz at 21:46コメント(7)トラックバック(0) 
メンテナンス 

トラックバックURL

コメント一覧

7. Posted by グレイ   2011年11月17日 11:57
異音とかはだいたいベアリングですよね
6. Posted by miz   2011年09月11日 19:41
皆さん貴重なアドバイス、ありがとう
ございます。うーむ、まずはパーツが
違っていましたね。それと、組み付け
方法にも問題が・・・

実は直った(と思った)ので、3日前
から奥会津にキャンプに行ってまし
て(3日間、全然電波が届かず)、
帰路、例の「ゴロ、ゴロ」音が大きく
なってきまして、もうチェーンと断定
してます。

チェーンとスプロケット交換ついでに、
あらためてベアリングを交換します。

どうも、いつもの精進と考慮が足りま
せんねぇ。ま、これも経験かなぁ
5. Posted by しいな   2011年09月09日 22:28
あー、ZZは水のかかるところはダメでしょうねぇ。
私の30年前のボロバイクでもNSKのDDUですよん。
4. Posted by sabaken   2011年09月09日 14:41
なるほど、
ベアリングの外側に別のシールないですね。
私 NSK派ですので、DDUの内側剥がしかな。

http://www.monotaro.com/g/00017957/
3,000円以上送料無料なんで、余計なもの買っちゃうんだなぁ。
3. Posted by machan   2011年09月09日 10:01
老婆心ながら ベアリングの型番について
例えば6005-ZZは、両側非接触型金属
シールになり防水性はありません。

水の飛まつがかかる箇所に使用する場合は
接触型シールを使用するのが良いかと思います。
参考までに各メーカーの接触型シールの型式は以下のようになります。

NTN  6005-LLU
NSK 6005-DDU
NACHI 6005-2NSE
2. Posted by sabaken   2011年09月08日 23:45
釈迦に説法ではありませんが、私のおさらい。

作業前に、どこかを基準にして、左右のクリアランスを測ります。
タイヤホイールを単体にして、ベアリングからハブ外側の値を左右測ります。この誤差に、組み込み時も合わせます。
ZZの場合だと、
ZZの内側を外して、内側カバーは捨てます(
ハブの場合)。グリスを溢れるまで塗りこみます(ここのやり方が、説明しにくい)。
スプロケ側はZZでOKでしょう。
組み込み時に、ベアリング間のカラーは、やや、自由に動く状態です。この塩梅も難しい。ホイールを取付け、規定トルクで締め付けます。締め付け前より、回転が少しでも重くなったら失敗です。
プラハンで叩いたら、ダメです。
チャンとした工具で、内外のリングを同時にでかいハンマーで、少しずつ、叩くのが本当ですが、私も、その工具もってないので、外リングに合うソケットで挿入しています。



1. Posted by nyannda   2011年09月08日 22:04
そら、ダメっす>チェーン。

おいらも、ちっとメンテしないと…

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ