2012年03月31日

丹沢「初」縦走

少し距離を歩く縦走というやつをやってみたくなった。好天な日を待って行動開始

小田急秦野駅でヤビツ峠ゆきのバスに乗る

DSCF1617


約40分でヤビツ峠に着く。このバスは平日は一日二本のみ。乗客9名は全員が登山客

R0010463


ストレッチしてから県道を20分ほどすすむと登山口に着く。暑くなってきたのでフリースを脱ぐ

R0010471


早速、階段の登り

R0010473


1時間少々で「二の塔」というピークに出る。ここからは、峰々を稜線で越えるルートのようだ

R0010479


いかにも、登山道

R0010476


木々の緑よ

R0010486


急な階段よ

R0010500


「三の塔」に着く。避難小屋がある

R0010502


小屋のなかは、こんな殺風景

R0010511


次は、画面右下からの稜線をたどって左上にみえる烏尾山だ

R0010515


その先には塔の岳が遠望できる。ずっと尾根道

R0010520


急な下りをお地蔵さんが見守っている

R0010522


登ってくるこのコに待ってもらった。ありがとね

R0010523


烏尾山に到着

R0010527


途中、後ろ向きに転んでしまった。カメラの交換レンズいれたポーチが泥だらけ

R0010529


さてここで今日の昼食。いつものマルタイ「山の棒ラーメン」

R0010532


そしてドリップコーヒー

R0010534


更にすすむと行者岳

R0010542


この先はクサリ場

R0010548


降りてから見上げると、結構な難所だった

R0010552


先は長い。歩幅を狭く、ゆっくり歩く

R0010554


新大日というピークに到着。ヤビツ峠から、こんなに歩いてきたんだ

R0010557


茶店は閉まっていた

R0010559


指導標に書いてある距離が元気づけてくれる

R0010560


谷からあがってくる風が頬に快い

R0010613


塔の岳が近くになってきた

R0010617


雪解けの道は歩きにくいぞ

R0010618


もう少しだ

R0010619


着いたぞ。丹沢の盟主、塔の岳

R0010620


歩いてきた稜線をふりかえる。あの峰の向こうから登ってきたんだ

R0010623


山頂には、安全祈願の仏様たちが

R0010631


今日の目的地は、ここじゃありません。この先に見える、あそこのピークなんです

R0010634


あと2キロ少しだ

R0010635


富士山がうっすら見える

R0010645


さっき居た、塔の岳があそこに

R0010646


笹に囲まれた、いい道

R0010657


自分の影が長くなってきたぞ

R0010665


ふたたび登り

R0010669


東の空が心配

R0010675


木立のなかの山小屋が見えてきた

R0010680


あっ

R0010688


もう少しだ

R0010703


着きました! 丹沢山にある「みやま山荘」。ここが今日のおやど

DSCF1624


山小屋に泊まるのは初めての経験。不便、プライバシー無し、規律ありなど、気ままなテントに慣れた私にとって、ホントに落ち着けるのか心配ですが、なにごとも経験しないといけません

R0010715


最も遅く到着した私は5人目の客。好きな場所を使ってくださいと言われ、隅っこのココを今夜の寝床とします

R0010716


他のお客さんは私と同年代のオジさんとオバさん、若いお兄さんとお姉さん。全員が単独行。夕食前のひととき、情報交換やらですっかりうちとけました。全員の一致した意見「単独行がイチバンいい!!」

18時からの夕食はこれ。とても山小屋とは思えない、とは山小屋経験豊富な皆さんの感想。缶ビール3個「使って」完食しました。最後はオジさんと居酒屋状態に突入

DSCF1627


女性陣の「わぁ、綺麗よ」の声に窓外をみると、下界の夜景が・・・

R0010723


20時30分の消灯前に山歩きの疲れとビール1リットルのおかげで気を失っていました。

早朝の窓外。日の出時に外に出たお姉さんによると「富士山がピンクに染まっていた」。なんで起こしてくれなかったの

R0010731


発電機がまわりだし朝食の準備が整いました。これまた食がすすむ

DSCF1631


冬の山小屋、水は使えないし(ウェットティッシュが必須かな)、トイレに紙は捨てられないし(備えつけのゴミ箱に入れることになっている)、無論、風呂やシャワーも無し。山のなかで特に装備を持たなくても食事と睡眠が確保できることが利点かな。混雑期だと隣どうしのフトンとか、更にはフトンの共有だとかがあると聞くが、これは実に抵抗あるなぁ。同宿の皆さんによると、この山小屋は食事は最高、建物も新しくて暖かいとのこと。どうも良すぎる小屋を最初に経験したようだ

R0010734


さて、二日目の行動開始。今日はアイゼンを付けて出発

R0010736


まずは蛭ヶ岳を目指す

R0010737


まず目に飛び込んできた富士山

R0010741


蛭ヶ岳は、右に見えるあのピーク

R0010743


この稜線をゆきます

R0010745


スカイツリーがうっすらと

R0010755


少し、近づいてきた

R0010776


うわ、急な鎖場だ

R0010781


厳しい下りでした

R0010784


もう少しだ

R0010785


蛭が岳に着きました

R0010787


丹沢の最高峰ということは、神奈川県の最高峰でもあるのね

R0010796


南アルプスを従えた富士よ

R0010805


深田久弥『日本百名山』によると、この山はただ単純で大きく、それで「偉大なる通俗」であると書かれている

R0010817


あれは八ヶ岳か

R0010816


むむっ、秩父の山々の向こうに上州の赤城山かな

R0010790


西のほうは、真鶴半島、そして伊豆大島が実にうっすらと

R0010809


宮が瀬湖があそこに

R0010788


昨日登った塔の岳があんな遠くに

R0010810


せっかくだから、偉大じゃない俗物が記念に一枚

DSCF1634


景観を堪能したあとは下山にとりかかります。姫次という峰を目指す

R0010824


バリバリの氷になりかけているザラメ雪をアイゼンで踏んでゆく

R0010827


標高1400メートルを切ったあたりで雪が少なくなり、アイゼンをはずす。とたんに二回転倒

R0010833


ちょっとの登り

R0010837


姫次に到着。ここは東海自然歩道の最高地点

R0010838


二日目の昼食は携帯食のカルボナーラとコーンスープ。使う水は山小屋で買った

R0010841


更に自然歩道を東へ。途中、里へ降りる道があるがまっすぐゆく。ここで降りれば、1時間に一本くらいのバスがある里に出るのだが・・・

R0010845


黍殼山のピークへの道は雪があったので諦める。ここであまり時間かけたくない

R0010850


また、里に降りる分岐があるが、まっすぐ

R0010851


おおきな登りや下りなく焼山に着く

R0010856


展望塔がある

R0010861


登ると視界が開ける。さっき、遠くにみえた宮が瀬湖があんな近くに

R0010859


休憩そこそこで先を急ぐ

R0010863


バス停の案内が出てきたぞ

R0010864


気をつけろ。下りで事故は起きやすい

R0010866


石畳だ。登山道の終点が近い

R0010874


バス停まであと少し

R0010875


林道に出た

R0010876


里に出てきた

R0010882


山中は雪だったのに、里ではこんなに咲いてます

R0010884


途中、里に降りられる道に折れず、まっすぐここまで来たのは、これで丹沢主脈と言われる道を走破したことになるからです。ところがこのルートは帰りのバスの便が悪いので、気がそぞろでした。バス停到着はバスの時間の30分前。絶妙なタイミング。

道志みちを走る一日に6本しかないバスの、5本目がやってきました

DSCF1636


乗車したら山小屋で一緒だったお姉さんが乗ってました。バス乗り継いで橋本駅まで、しばし歓談? 疲れているところ、睡眠の邪魔したかなぁ(いかんなオッさんは厚かましくて)

そして番外。最近、山行き後の駅で崎陽軒のシウマイ弁当買って帰ることが習慣になってしまいました。カラダに良い補給

R0010886


丹沢の表尾根から主脈を歩き通せ、そして山小屋泊まりを経験できた、充実した二日間でした





banner_good
aki_miz at 13:42コメント(3)トラックバック(0) 
丹沢 

トラックバックURL

コメント一覧

3. Posted by miz   2012年04月03日 18:58
山男だなんて、まだまだですよ。でもなんか、山を歩いていると「旅」しているんだなぁという気分になってきます。

転倒を恐れながら、バスの時刻を気にして歩いているときなどは、もう、行くのはしばらくやめおうかなぁと思っていましたが、こうしてあらためてみてみると、また行きたくなってきます。不思議なものです
2. Posted by ちゃ   2012年04月01日 21:06
先生すごいじゃないですか!!


完璧に山男ですよ!!
1. Posted by つ   2012年03月31日 21:15
5 なんか先生カッコイイ♪(笑)

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ