2013年04月28日

東伊豆 画になる光景求めて

休みのたびごと画になりそうな場所を求め出かけている。先般、伊豆の山行きの帰り、電車のなかでぼんやり地図を眺めていたら(登ったあとに地図を確かめるのも、山歩きの楽しみのひとつ)、気になる場所を見つけた

R0109579


天城山の少し南、モリアオガエルの棲む「しらぬたの池」があるという。季節は新緑、ちいさな池とみどりは画になりそうだ。

強く雨が降った翌日の晴れの山中は霧やモヤがかかり、画に味付けを与えそう。天気予報を確かめ、2時に横浜の拙宅を発ち東伊豆へ。海岸の国道から折れ山に入ると、やっぱり濃霧だった。慎重に道をたどり夜明け前に到着

DSCF0273


こういう山の道、本当はバイクのほうが好適なのだが今回は道が分かりにくい。手持ちの古いカーナビにも、スマホを使った「ナビタイム」にも、目的地である「しらぬたの池」は出てこない。東伊豆町のWebサイトには詳しい案内があり、それをプリントアウトして車中で見ながらやってきた。

予想どおりのモヤのなか、山道を歩く

DSCF0284


こんな立派な吊り橋を渡る

DSCF0283
この2枚の写真、実は明るくなった帰りに撮った。実際はヘッドランプを頼りに歩いていた

しらぬたの池に到着。漢字では「不知沼」とあらわすそうな

DSCF0282


周囲をめぐると、こんな石碑もあるが、基本は自然のまま。一帯は生態系ともども静岡県の天然記念物になっている

DSCF0281


今日から使いだす望遠レンズ。フード付けると異様に長い

DSCF0277


それで撮ったファーストショット。奥行きを感じさせる写りは、被写体にかかるモヤ、そしてレンズとフィルムのなせる相乗効果か

しらぬたの池_3_210ミリ
クリックすると大きな画像

小生の昨今の写真テーマは、構図。水のある光景は、取り込む比率が難しい。このような二分割構図にすると、主題と水面との連続性がとりにくい。名手が撮るのと、どこが違うのやら

しらぬたの池_2
クリックすると大きな画像

こうして、少しだけ水面を入れるのが無難なのか。うーん、自分が現地で感じた思いをストレートに画に託すまでは、まだまだ修行が足りんのう

しらぬたの池_4
クリックすると大きな画像

静かな面にミズスマシが走る。これ撮っているとき横で鳴いていたのはモリアオガエルか

しらぬたの池_6
クリックすると大きな画像

フィルム2本撮り、クルマへ戻りましょ。おや、サワガニ君のとおせんぼ

DSCF0288


更に奥へすすむ

DSCF0289


クルマを置き、また歩く

DSCF0291


樹齢千年「シラヌタの杉」に出会えた

DSCF0292


グッと近寄り迫力ある写真撮りたいのだが、根の保護のため柵がしてあり、入れない。せめて、全景を

シラヌタの杉 全景
クリックすると大きな画像

同じ道をたどって帰宅したら昼。カメラ手入れしビール飲んで睡眠を補い、休日の残りを過ごした


banner_good
aki_miz at 21:07コメント(2)トラックバック(0) 
伊豆・箱根 | 写真道

トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by miz   2013年05月07日 12:35
いえハスキーは雲台だけです。三脚はスリックの重量級アルミ3段。先日、南伊豆の物凄い西風にカーボン4段では飛ばされそうになったのでヤフオクで入手しました。

ただハスキーの雲台は・・・どうも私には使い勝手が良くなく半年でヤフオクで放出しました。なんか、無駄ばっかやってるかな
1. Posted by まっちばこ   2013年05月06日 22:29
5 凄い、ハスキーの三脚しょっていらしたのですか。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ