2013年06月15日

またまたテント買ってしまった・・・ニーモ タニ

似たタイトル名の記事(またテント買ってしまった・・・)は、よく読まれている。あのとき買ったのは、プロモンテVL24だった。

で、今回買ったのはニーモ タニ 2P。そのあいだにはスノーピーク ラゴ1を買い山行のお供にして1シーズン過ごした。

買った理由は後回しにして、どんなものかを書いておく。ダブルウォール、つり下げ式、自立、となると直接の比較対象としてプロモンテVLやダンロップVSになるだろうから、VL24との比較もところどころに(すでにVL24は譲っていて手元に無いが)

===
この記事、非常に長いので、キャンプ道具や山道具に興味ない向きには退屈にすぎないことを予告しておく
===

まずは収納外観。テントにありがちな寸胴型でなく平べったい。『山と渓谷』誌に山道具のテストレポートが連載されているが、2012年5月号は軽量二人用テント特集で、このテントも出ていた(以下、ヤマケイ誌と略)。それによると収納サイズは直径19センチ長さ25センチとあるが、この記事最後にやったようにフットプリントを付けたままで収納した実寸は23センチ四方で厚みが13センチだった。

DSCF5220


収納袋の裏側には40センチ長、全体の太さ5.5センチのポールを抱きかかえることが出来て、ご丁寧にもズレないようホックで止められる。以後、このテントには所々に「おや」「なんじゃこれ」というようなギミックがある

DSCF5221


防水スタッフバックのように入り口が巻き込まれているのを解く

DSCF5222


最初の「なんじゃこれ」は星座表

DSCF5224


その下から設営方法の図解。左上の白いタブはシリアルナンバーが記されている。小生、「ラゴ」の収納袋をテン場の強風で無くした経験あるので、これは別に控えておこう

DSCF5225


丁寧に三つ折りされたインナーテントの中からフライシートが出てきた。新品を最初に取り出すとき、いつも収納方法を撮っておく。しかし参考にしたことはない

DSCF5229


拙宅のテラスで仮設してみる。まずフットプリントを敷く。このテントを検討しているとき、昨年に同形を買われた方々のブログ等を大いに参考にさせていただいたのだが、おしなべて「入手に苦労した」「フットプリントは特に手に入らない」という内容が多かった。よく行くアウトドアショップは、そんな大きくないから店に置いてないだろうと安心して行ったら、全部あった

DSCF5243


設計は米国、製造は中国。なおポールや様々な構造物は韓国DAC製。この会社、Webサイトをみると様々なアウトドアパーツを作っているようだ

DSCF5244


フットプリントをインナーテントに接続する四隅パーツ。ここもDAC製

DSCF5246


ポールもDAC製。ダークグレィで高級感ある。リペアパイプまでダークグレィ

DSCF5247


DSCF5250


ショックコードで一気に伸びる。中央のハブでクロスし一体化している。ハブの突起部分は写真のように上向けではなく、下向けにしておく

DSCF5253


ポール先端のボール部分をインナーテント四隅のパーツに入れる。といおうか、ひっかける。少しチカラが要るかと思ったが全くスムース

DSCF5254


ここでプロモンテVL24の登場。プロモンテ(およびダンロップ 以下同じ)は、ポール先端をインナーテントのスリーブに入れることで固定させる。容易さではニーモかな。ただプラスチックの四隅パーツを破損させやしないかと多少気になる

R0106998


四隅を固定したら、ポールが立ち上がっている。これはプロモンテも同じ

DSCF5255


まずはインナーテント頂点にあるパーツをポール中央にあるハブに差し込む。このパーツもDAC製。これもプロモンテと同じ

DSCF5256


次にインナーテントにあるクリップを次々とポールに下げてゆく。このクリップもDAC製

DSCF5257


プロモンテは、このクリップの形状が異なる。手持ちのダンロップのツーリングテントも、このカタチしていたから、この形状はダンロップ/プロモンテだけのものかな

R0107003


テントはつり下げ式のほうが小生は好きだ。スノーピークのラゴはスリーブ式だが、スリーブにポール入れるとき曲げたり

0210


ポール先端をグロメットに入れるときチカラが必要だったり

DSCF1860


慣れてくれば苦労は少なくなる筈だが、20泊しても一向に苦労は減らない

インナーテントが立ち上がった

DSCF5258


さてヤマケイ誌によれば、このテントの惜しい点として内部空間が狭く感じるとある。ポートと幕体の間隔は最大20センチほど。これが原因か

DSCF5260


VL24は、吊り下げポイントは同じく3点ずつだが、上のほうにあり、下のほうはスリーブで張り出されているため全体的に間隔が狭い

R0107005

R0107006


さてフライシートをかける。黒い線、すなわちドアのある方向が当然、前となる

DSCF5261


フライシートはロゴが薄く見えるほうがオモテ

DSCF5264


ここで「おや」の発見。フライシートとポールの連結は、このベルクロテープでおこなう

DSCF5262


なぜ「おや」かというと、VL24(および最近のダンロップ/プロモンテに至るまで)、この連結をフライから出たヒモを結ぶことでおこなう

R0107009


どうみてもベルクロテープのほうが早く手軽だ。しかしフライシートとポールが確実に一体化して応力分散するにはヒモを堅く結ぶほうが確実なのか

ポールとの連結部のオモテ側は、ガイラインループと開いたドアを止めておくループが

DSCF5273


フライシートの先端はこれまたDAC製の四隅パーツに接続される。この四隅パーツ、踏みつけたりして破損させたら大変なことになるぞ

DSCF5263


フライシートのドア先端、ペグで留められテンションかかるところは、こんな「おや」が。手で持っている方向には、いくらでも引っ張れる

DSCF5265


しかしループになったほうは、引っ張ろうとしても止まっている

DSCF5267


緩めるには、このタブを持ち上げる。ザックのベルトの締め具にあるのと同じような、自在なんだな

DSCF5268


ドア先端の裏側には、こんな番号シールがあるけど、何の意味かいな。だいいち使っていたらはがれるではないか

DSCF5269


ふたたび先端のオモテ側。ベルクロテープが。内側から閉めると自動でくっつく

DSCF5270


まんなかにも

DSCF5271


そして上にゆくと・・・「おや」。スライダーがもうひとつあった。そっか、上から下げて開けることができるんだ。たしかプロモンテには無かった

DSCF5272


ところで今日、なじみになった店のY君に「これからバンバン写真撮ったりするし夏は北海道ツーリングに行くし、そんとき山も歩きたいし、そうなったらツーリングテントじゃ大きくってバイクに積めないだろ?一人用のラゴはカメラ手入れやバイクウェア置けないもんね。だからニーモの二人用にしようと思うけどどう思う?」と訊きに行こうと思ってた。そう、単に尋ねにゆこうとしただけなんだな。ボーナス直前に

で、開いたドアを止める「なんじゃこれ」。よくある「おしゃぶり」じゃなくコードロック

DSCF5276


前室はVLより少し広い。ヘルメットを置いてみる

DSCF5291


VL24だと、少し迫っている

R0107020


ツーリングで使っている小川キャンパルのテーブルも置けるのはありがたい

DSCF5293


インナーテントを開きましょ

DSCF5277


テントの初入室は、いつもわくわく

DSCF5279


インナーテントのドアやモスキートドアを留めるのも、このコードロック。ちなみにループはふたつのドアごと用意されている

DSCF5281


お決まりの注意書きは日本語だった

DSCF5282


ドア反対側の上方には、通気口が

DSCF5283


この上部ファスナーをあけると、フライシートのベンチレーターを直接操作できる。このベンチレーター、2013モデルではファスナーで閉じられるようになり、強風時のバタつきを防ぐようだ

DSCF5284


通風口を開けたとき、まとめておくためのホックまで用意されている

DSCF5285


ここまできて小生は確信した。ウム、これはプロモンテVLを構造面・機能面から徹底的に研究し、それを上回る気配りや使い勝手を随所に配すことで「日本の山岳用テントの新たなスタンダードを目指し(広告コピーより)」たのだと

だから天頂部からループだけじゃなくフックまでもが

DSCF5286


四隅の壁にはループがあり、そこに気に入っているスノーピークのランタン「ほおずき」を下げると

ニーモ タニ↓
DSCF5290


同じ風情ではないか

VL24↓
R0107038


テントで大切なポイントをチェックしよう

インナー四隅は裏打ちされている

DSCF5288


フロアの立ち上がり、いわゆる「バスタブ」は5センチくらいか

DSCF5289


フライ天頂部もまた、強化されている。これの内側はびっしりコート

DSCF5307


フライ短辺中央にはガイラインループが。ここにガイラインは付いていなかったので、小生はすぐに短い細引を通しておいた。なおVL24やVS20はここにループが無く、豪雨時にフライとインナー接触の心配があったが、最新モデルのVL25の写真をみると、しっかりループが付いていた

DSCF5306


なおフライの後ろ側の長辺中央にはガイラインループおよび短いガイラインが付いていた

外国製テントというと、綺麗なシルエットに憧れるのだが、このテントは武骨。VL/VSと似た構造なら、そうなるのも仕方ない。少し長い前室と、派手めのグリーンそして前室ドアに走る1本のブラックラインが、せめてものスタイリングかな

DSCF5299


小生がダンロップのツーリングテントで吊り下げ式を気に入り、VL24を買ったものの手放したのは、あのピンク色に近い赤にどうしても馴染めなかった。黄色に変わったVL25が出たとき、少し食指が動いたが、黄色は虫を寄せやすいことをラゴで経験したので見送った。純粋な山行ならラゴで充分。しかしバイクツーリングと撮影山行を兼用で使うには虫のことは無視できない

バイクツーリングだとタープが欲しくなる。手持ちのアライトレックタープを差しかけてみる。同系色だが同化できない色だな

DSCF5296


大きめのペグ袋に入っていたのは約20センチ長のアルミペグが5本。重さ15グラム

DSCF5302


それに1.7メートルくらいの反射材入りガイラインが4本。一端はループ状に結ばれていたが、ほどいて自在を入れフライのガイラインループに通しておいた

DSCF5304


さて収納してみる。連泊の縦走やツーリングを想定して、フットプリントは四隅パーツに付けたまんまにしてみる

DSCF5311


空気を抜きながら収納袋にスンナリ入った! 入ったあとも押しつけることで更に空気が抜け、最初に述べたように23センチ角で厚み13センチになった

DSCF5312


しかしフットプリントの汚れがあちこちに付着するだろうから、本来は別々にするべきだろう

ペグを軽量なイーストンのアルミ中空ペグとアライのピンペグそしてチタンペグを組み合わせフルセットの12本にし、すべての重量を測ったら2.2キロ。ラゴの全重量より600グラム増。ただしラゴはフットプリント無し。このあたりの重さが小生のマジな限界になるか

手持ちのテント類と並べた。左からダンロップのツーリングテントR137、ニーモ タニ2Pとポール、スノーピーク ラゴ1とポール。そしてファイントラックのツェルト競蹈鵐亜なおラゴとツェルトは本来の収納袋を紛失などしたため別の大きめな袋に入れている。

DSCF5313


昨年秋にラゴ1の使用感をこのブログに書いたとき「来年も(ラゴを)使い続けるだろう」などと書いたが、もうシーズンイン前からウソっぱちになっちまった




初使用で北八ヶ岳に行ってきた

白駒池のホトリ、青苔荘にあるキャンプ指定地。ここで二泊

DSCF2255


季節は梅雨の真っ最中。山小屋で買ったビール飲みながらカメラの手入れ中。室内は自然で淡いグリーンのためかルーミー。台風が九州に接近しつつあるとラジオは告げている

DSCF2241


張った場所は水はけがよくなかった。テントのカナメとなる四隅パーツが泥まみれ。小さなパーツだけに設営や撤収時に泥を咬まないように注意すべきだろう

DSCF2288


ファスナーのスライダーはすべて、他のガイラインなどと同じく黒に銀のライン。せめてフライシートのドアを開けるスライダーだけは、このように色違いのものに変更しておくと良いと思う

DSCF2287


前室の奥行き80センチはこのテント、いや外国製テントの美点と思っていたが、室内から開けるとき手が届きにくいという事実にぶちあたる。国産テントの前室は申し合わせたように60センチの理由が分かったような気がする

DSCF2289


なお梅雨らしく半日以上の雨に遇ったが出入り時に室内に降り込むことなく、また換気も良好で快適にすごせた。ただ結露は四周のバスタブ部分にびっしり付いていた

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

少しショッキングな追加

ここは白馬岳直下にある村営頂上宿舎のテント場。前々日より栂池から入り、前の夜は白馬大池で過ごした。左手前が我がテント。強風だったが基本に忠実に作業すれば(まずインナー四隅をしっかり留め、フライシートのガインラインをテント稜線の延長上に張る)、少し時間かかるが一人で張れる。あとで分かったことだが、このとき梅雨前線が次第に南下してきていた。

DSCF2582


強風を喰らうと、このようにしなる

DSCF2577


いちどテントに戻りあらためて他のテントも入れて撮ってみた。他テントはここまでしなっていない。このときは風下側になる前ドアを開けたまんまにしているので、ポールが露出している。よくみると風上側ポールは逆にしなり、風下側ポールがそれを受け外にしなっている

DSCF2580


このような柔構造が却って風に強くしているのかと、のんきに夜を過ごしたが(しかしインナーテントの幕体が寝ている顔に触れるのは困ったが)、風はますます四方から強く、雨もまじり、明け方、ついにテントがつぶれた

DSCF2583


途方にくれていても仕方ないので、ペチャンコになったテントのなかで濡れながら荷造りし縦走を諦め(当然だ)大雪渓から下山した。帰宅して状況を確認。まずは直接原因はポールの破断

DSCF2662


一泊目の白馬大池でも結構な風が吹いていて、ポールが曲がってきたのだが、そのままにしておいた。それが次第にきつくなり、ついに1本が折れてしまったのかも知れぬ。なおポール折損の大きな原因とされるジョイント部分の中途半端な差し込みは無かったことを設営時に確認している

DSCF2661


次にフライシートのガイライン取り付け部分が千切れていた。これはポールが折れたところとは異なる面。千切れたのはテープのほうではなく、生地のほう

DSCF2664


またフライシートが大きく破れた。最初、折れたポールの先端が刺さったのかと思ったが、これも上記2点とは異なる場所

DSCF2659


前ドア横の裾のほつれ。これは前ドアを留めている短いロープが千切れたため、前ドアが風で大きくあおられ、それが原因かもしれない

DSCF2657


フットプリントは、インナーテント四隅パーツとの取付フック(左)の1個を残し、小さなバックルとともに3個が無くなった。これは撤収時に無くしたのかも知れない

DSCF2663


下山中に携帯電話の電波が復活しメール受信できて分かったのだが、山の天気予報(ヤマテン)から、この北アルプス北部を含む山域の大荒れ情報が配信されていた。したがってこの状況での使用はメーカー想定外であって、常識的には山小屋泊にすべきである。こんな状況で呑気にテント泊しようとするほうが悪いのだ。しかし同じテント場に居た他の20張り近くのテントは破損どころか、こんなに大きくしなることなく過ごしていたのが個人的に悔しい

重ねておくが、私はこれをもってこのテントの問題を指摘する意図は毛頭無い。無理していると、このような事態を招くということを自分への戒めとして出しているにすぎない。悔しがっていても、自業自得というものだ。早速、テントを修理に出し8月から予定している北海道ツーリングに持ってゆくつもりである。

banner_good
aki_miz at 21:25コメント(8)トラックバック(0) 
山道具 | バイク旅道具

トラックバックURL

コメント一覧

8. Posted by まさ   2015年11月08日 23:09
5 自分も吊り下げ式とインナー式を持っていますが強風時においてはインナー式の方が耐風性が強いように感じます、雪山で特にそれを感じました。
7. Posted by miz   2014年03月04日 11:04
修理は2回出しています。どちらも購入した店経由で。

一回目はブログにある破損状況でガイラインループ付近破損、ポール破損、フライシート破れ二カ所の修理。これは北海道ツーリングに間に合わせたく急いでもらったので1カ月ほど。

二回目は北海道ツーリングの最中にガイラインに足をひっかけ、再び取り付けループ付近破損一カ所とフライシート破れ一カ所の修理。これは2カ月かかり、戻ってきて店で点検したらループ取り付けの補修が不良だったので再度修理にだし更に1カ月ほどかかりました。

一回目の修理は1万円近く、二回目の修理は5千円程度と記憶しています。
6. Posted by てつお   2014年03月03日 21:25
初めまして、タニ2Pの購入検討している最中に、こちらのブログにたどり着きました。
よろしければ教えて頂きたいのですが、よく海外メーカーのテントは保証やアフターの対応が国内メーカーに比べて。。という話がありますが、今回タニの破損修理の対応はいかがでしたでしょうか?
対応内容、日数、料金など教えて頂ければぜひ参考にさせて頂きたいです。
よろしくお願いいたします。
5. Posted by     2013年08月28日 15:51
先日、槍ヶ岳直下、殺生ヒュッテにて6時間にも及ぶ台風並の風をTANI2Pで過ごしました。前室のペグが一本抜けるレベル。
コレは不良品ではないのでしょうか?
就寝時、突風でサイドウォールに口を塞がれ起きました。両手で布を押さえても体ごと後ろによろめくほど強い風。それからも両手でサイドウォールを押さえ続けてポールに負担を掛けないよう努めましたが、どこも破断しませんでした。
私とただ一つ異なる点はフライシートのガイラインを張ってない点だけです。
個人的には品質の個体差、ハズレを引いたような気がしますね。
クレーム入れてもいいような気がします。
4. Posted by miz   2013年07月28日 01:18
破断した箇所はポールの何段目かは不明です(何せ強い風雨のもと撤収作業を優先したもので)が、少なくとも末端ではなかったです。

あらためて写真を見てみるとガイラインが短かめであること、ポールの延長上にガイラインが来ていないこと、ガイラインの張りの強さ(いつも弾くとビィーンと鳴るほどの強さで張る)など、強風のもと焦って設営したことが破断の原因なのかも知れません。いったん張ったあと、落ち着いて修正してゆけばよかったのでしょうね。

まぁ何事も経験! このグリーンのテント、なかは明るいし収納もしやすいし気に入ってます。いま販売店を通じ無理言って急いで修理をお願いしています。
3. Posted by にちゃんねるから来ました   2013年07月26日 16:13
5 にちゃんねるから来ました。
最新テントtaniの破損、ショックをうけてる人多数おり話題になっております。ポールのジョイント部分ではなく中間点で破損しているのが気になりますね。
よろしければポールが破損した箇所を教えて頂きたいのですが。(全長の中で末端か中間か)
2. Posted by miz   2013年06月16日 22:49
目目連さん

はい、なんといってもダンロップ/プロモンテは実績がモノいう、その安心感にニーモは真っ向勝負している感じです。

天候が安定しているようであれば、今週末に北八ヶ岳行くつもりなので、そのとき初使用しようと思っています。

目目連さんのブログにツェルトプラス載せてますねぇ。ツェルトもまた進化が激しいようで、これまた楽しい?悩みが増えてきそうですね。一度だけですがツェルト2ロングで一夜過ごしましたが、割り切ってしまえば、そして山の中で「これしかない」と思えば充分使えそうな感じしました。ただ徐々に経験が必要かも。
1. Posted by 目目連   2013年06月16日 21:23
5 mizさん

いいですなー。
VL24を徹底研究して改良した感が強いですね。
でも、VL24の牙城が崩せるかな?とも思います。売り上げ的にですけど。

フル装備で重量2.2kgだったら御の字でしょう。

いやー。いいテントですね。
ニーモのテントも興味が湧いてきました。

ツェルト2ロングをお持ちのようですね。
ツェルト2から買い替えようかとした所でツェルトプラスがでたので、ググッと傾いてます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ