2016年06月14日

入梅を求めて

東北道を北上

R9324648


秋田県の南端、にかほ高原で朝を迎える

R9324649


朝の鳥海山は万年雪を抱き

R9324652


プロペラがゆっくり回る

R9324650


冬師(とうし)という場所で池を見つける

R9324653


少し走り、伏流水が滝になっているところに着く

R9324655


滝までの渓谷で新緑を撮ってみる

R9324658


マナー知らずがこんな立て札を作らせる

R9324659


ここかぁ

R9324660


大判フィルムで撮っておこう

R9324661


まだ明るいが、今日は象潟(きさがた)の道の駅で夜をすごす。風呂もあるのでおあつらえ




夕食どきまで冷房効かせた車内で読書。ここに来るキッカケは、手前にある登山用の地図。被写体が多くありそうな湖沼が鳥海山のまわりにみられたから

R9324665


道の駅の向かいには、鮮魚をウリにする店があって、ここで飲む

R9324669


道の駅から夕陽が楽しめる

R9324673


さて寝るとするか。装備と積み方を見直したので大判フィルムから超広角デジタルまで持ってこれた

R9324667


翌、夜明け前、冬師にある池で朝焼けを迎える

R9324674


今日も鳥海山が綺麗

R9324677


少し走って、湿地へ

R9324679


木道を約30分

R9324683


水が沸いている

R9324684


摩周湖とは異なるが・・

R9324685


なかなか、撮りにくいぞ

R9324687


森の王者に会いに行く

R9324695


王者の風格に朝陽が入る

R9324694


鳥海山に近づいてみる。途中、こんな池が

R9324697


万年雪が迎えてくれる

R9324701


登山口のひとつに着く。山は雲のなか

R9324707


降りてきて、大きな滝へ向かう

R9324710


石段を延々とあがってゆくと

R9324723


法体の滝という三段の滝

R9324712


なんか、ここは観光地だなぁ。更にみちをすすむ

R9324719


甌穴(おうけつ)という、水流が作った窪みが沢山あるそうだが

R9324715


通行止め

R9324713


一枚も撮らず、戻ってきました

R9324725


こういうとき、機材が重く感じる

R9324726


しかし里に降りる道すがら、お花畑を発見。大判カメラでじっくり撮る

R9324728


今日はここで泊まろう

R9324729


途中のコンビニで調達して、今日はおしまい。最近はじめたLINEで内定決まった学生と連絡とりあう

R9324730


翌朝、待望の雨。今回東北に向かったのは、行程の途中から雨の風景が欲しかったから

R9324731


野生の群生地を見つけておいた。気が済むまで撮影を止めない。二時間、粘った

R9324733


小さな池を発見。入梅が表現できるだろうか

R9324734


帰路、鳴子の温泉郷で日帰り湯を楽しむ

R9324735


結局、鳥海山の麓に3日間も居ました。

banner_good
aki_miz at 18:00コメント(0)トラックバック(0) 
写真道 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ