2016年08月27日

穂高縦走

朝イチの特急あずさに八王子で乗る

DSCF1442


拙宅を出て6時間で上高地のバスターミナルへ

DSCF1445


しばらく、こんな満足な食事は無いぞ

DSCF1447


準備運動して出発。重量19キロ

DSCF1448


登山届けを出しておきましょう

DSCF1449

雨そぼ降るなか、河童橋を渡ります

DSCF1451


さぁ登山道だ

DSCF1454


もう昼すぎだから、降りてくるひと多し

DSCF1457


この数字が目安になります

DSCF1458


ホント、涼しいね

DSCF1460


一本調子の登り

DSCF1461


半分きたぞ

DSCF1463


もうすぐだ

DSCF1467


着きました。今日の行動時間3時間30分

DSCF1469


テント張ります。テント少なし

DSCF1470


翌朝、ヘルメットを出して出発。余裕みて4日ぶんの食糧と、今日は2リットルぶんの水を持っているので昨日より重い

DSCF1471


月が見送ってます

DSCF1474


お先にどうぞ

DSCF1475


難所では渋滞が

DSCF1478


ここで一服

DSCF1479


難所の連続

DSCF1481


でも登りのほうが危険が少ないと思う

DSCF1484


どんどん高度が上がってきます

DSCF1485


今朝まで居た、岳沢の山小屋があんな下に

DSCF1482


森林限界を越えたようです

DSCF1491


登るひと、降りるひと、すれちがいが多くなります

DSCF1495


何度めかの一服

DSCF1496


西穂高岳から続くジャンダルムという最高難所が姿をあらわす。西穂高岳は4年前に登ったっけ

西穂高岳へのジャンダルム
(クリックすると大きな画像)

岩の連続を這うように登る。ザックの重さがこたえる

DSCF1498


降りてくるひとに「あと少しですよ」と励まされ

DSCF1499


着きました! 紀美子平に。タフコースと言われた重太郎新道を踏破

DSCF1500


ここに荷物を置いておき、少量の水とカメラ機材のみ小さなザックに入れて

DSCF1501


更なる登りに

DSCF1502


生涯はじめて、この高度を越えました

DSCF1505


ひとが集まっているところが頂上か

DSCF1504


もうすぐだ。空が蒼い

DSCF1507


登頂したぞっ

DSCF1508


記念に1枚

DSCF1510


同じ道を紀美子平に降り、カップヌードルと魚肉ソーセージで昼食を

DSCF1511


そしてドーピング

DSCF1512


さて出発

DSCF1513


次のゆく先は、少しガスに隠れた、あの山頂

奥穂高岳
(クリックすると大きな画像)


さきほどの重太郎新道のようなキツい登りはないものの、シビアな道が続く

DSCF1522


この道標ペンキの示すルートを信じて

DSCF1527


雷鳥だっ。それも親子

雷鳥親子
(クリックすると大きな画像)


ふりかえると、吊尾根と呼ぶ尾根道が見える。しかしこの画像からでは実際に通ってきた者でしかわからない

DSCF1526


小さなピーク。ここでも優に3千メートルを越えている

DSCF1529


ガスのなか祠らしきが見えてきた

DSCF1531


着いたっ。奥穂高岳3190メートル

DSCF1532


ここでも記念に1枚。相当、疲れているな

DSCF1533


祝杯ならぬ力水。スポーツドリンクと水の合計2リットルを全部飲み干した

DSCF1539


ガスのなか、下山開始

DSCF1534


なだらかでガレた道をくだってゆくと、山小屋の屋根が見えてホッとするが・・・

DSCF1540


直前に、こんなハシゴや

DSCF1542


鎖場などあって難儀する

DSCF1543


着きましたー。今日の行動時間11時間30分

DSCF1544


まだ飲み足りない

DSCF1545


ひと息ついて、テント張ります

DSCF1546


テント場で知り合ったHさんと小宴会

DSCF1548


翌朝は晴れ。この山小屋、なにかと行き届いていいねー

DSCF1551


今日は半日行動だから水は少なめ。2本持参したタオルは汗でボトボトなので新しく小屋で求めた

DSCF1553


では下山開始。Hさん、またどこかの山で会おうな!

DSCF1554


お花畑の向こうには、今日の目的地、涸沢が

涸沢へのザイテングラート
(クリックすると大きな画像)

ザイテングラード(支稜の意)は、これも難所でしょう

DSCF1557


ホント、結構厳しいね

DSCF1558


この雄大なカールの表現は私の写真術では到底むずかしい

涸沢岳カール
(クリックすると大きな画像)


でもフィルムでも撮っておきましょう

DSCF1560


お花畑が綺麗

涸沢槍とお花畑
(クリックすると大きな画像)


ここで出会いが。従兄弟のYちゃん。昨晩から涸沢でテント泊まりしていた

DSCF1562


しばし情報交換ののち、少し上に登ってみるというYちゃんといったん別れ、涸沢キャンプ場に着きます

DSCF1564


Yちゃんのテントの向かいに張ります

DSCF1565


テント場から少し高いところにある涸沢小屋で生ビールセットを頼みます

DSCF1571


昨日、山向こうから左上にみえる前穂高岳に登り、そして右上にみえる奥穂高岳まで吊尾根を歩きました。たどった者だけが味わえる至福のビール

DSCF1568


翌朝、暗いうちに起きて

DSCF1574


前穂高から奥穂高がモルゲンロートになるのを待ちます

DSCF1572


月がいい位置に。フィルムでも撮ったので、どんな色になったでしょう

奥穂高モルゲンロート
(クリックすると大きな画像)

涸沢はカールを従えた大パノラマ。そこに行くだけで価値ある場所。ただこの虫の多さには困りました

DSCF1583


今回持ってきたカメラと三脚

IMG_9189


ではパッキングして出発

DSCF1586


今日はYちゃんとともに

DSCF1592


結構な下りを延々とたどると、本谷橋に。ここで休憩

DSCF1594


しばらく行くと、平坦道に

DSCF1596


横尾でも休憩

DSCF1598


そして、徳沢で昼食。雷鳥の居たところから戻ってきた思い

DSCF1603


延々と続く平坦道は、結構疲れます。でも話し相手がいるから退屈しない

DSCF1608


明神で最後の休憩

DSCF1605


そして今日イチバンの楽しみは・・・

DSCF1609


これです! みっかぶりかな

DSCF1610


河童橋に戻ってきました。これで一筆書きコースが完結。雲に隠れていますが右上にみえる前穂高岳から左上にみえる奥穂高岳をたどったことを再確認

DSCF1611


穂高は簡単には登らせてくれない。でも登っただけのことはある。次は絶対、北穂高岳だな

banner_good
aki_miz at 01:00コメント(0)トラックバック(0) 
北アルプス 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ