2018年04月29日

今年からは人物も

背景紙を用意して

DSC91127


つり上げて

DSC91135


降ろしてきて

DSC91136


レフ板を広げ

DSC91138


モノブロックのストロボをセット

DSC91146


狭い部室がスタジオに変身

DSC91150


みんな、集まってきました。先生を前にごあいさつ

DSC91154


モデルさんが持っているのは「標準反射板」という規定の反射率を保つグレーの紙。これでカメラが出す色を正しく合わせて

DSC91157


まずは、先生がお手本撮影を

DSC91161


では、学生諸君、撮影開始しましょう。まずは昨年の「風景写真100人展学生部門入選」に輝く4年生から

DSC91163


彼のカメラも、色を合わせる。私も同じカメラを使っているが、自分のカメラにこんな機能があることを知らず、何のために使うかを今日知った

DSC91164


「はいバストアップいきまーす」。おお、一人前のフォトグラファーじゃねぇか。ポートレート初めてなのに

DSC91165


新部長も初挑戦。背が高いから目線あわせて

DSC91167


そして学生風景写真で活躍著しいこの学生に交代。今回のモデルさん、この学生の高校時代の友人なんだって

DSC91169


こうして一人1分、モデルさんと会話しながら撮影してゆきます。この1年生「今日はじめてカメラ持つんです」。毎年、こんな学生がいる。さっきの4年生も入ったときはそうでしたね

DSC91170


そして最後は巨匠(と、今年も部員たちはこう呼ばされる)が登場。女子撮りは、やはりハッセルブラッドでしょ!

DSC91180


ライティングをアンブラレに替え

DSC91188


第2ラウンド開始。このモデルさん、ほんとポーズうまく作ってくれる。いままで風景ばかり撮っていたが、今年から人物も撮ってゆこう、となって指導いただく先生に相談したところ、最初はプロのモデルが良いでしょうとなって、今回お呼びした次第。なるほど、何も言わず次々とポーズ作れるのは、プロだからですね

DSC91194


第3ラウンドはストロボをライトボックスに入れて開始。これらセッティングはすべて先生におまかせ。だってぜんぜん分からないことばかりだもんね

DSC91195


では撮った作品を先生に講評してもらいます。といっても、全員のは講評せず、代表として先生と私の作品をみんなに見せて撮影の要諦を教えていただきます

DSC91196


先生の熱心な講評にみんなが聞き入る。私どもが招いた先生は大木下健一(おおきしたけんいち)さん。実は私の風景写真仲間で、「美しい風景写真100人展」入選をはじめ各コンテストで入賞を重ねておられる。しかしそれより人物や静物の撮影がご本業の様子。最近は料理撮影が多いとのこと

DSC91200


では作品を。まず小生の1枚

DSC14462
なんか、写真館の写真みたいだなぁ

次は先生の1枚

DSCF9997


これから人物で上手くなる学生が出てくるかな

banner_good
aki_miz at 12:16コメント(0) 
写真道 | お仕事(教員)

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ