お仕事(教員)

2021年07月08日

自分でやってみよう

現役教員のときから世話している 日本学生写真部連盟

fupc


任意団体としてたちあげ、事務局を大学の自研究室としていたが、退職にともない事務局を外に出す必要がでた。顧問企業であるふたつの出版社のどちらかにお願いもできるだろうけど、学生と写真界の接点にたつ立場であるからには、独立しておくことが望ましいと、拙宅を事務局とした。

しかし個人宅が事務局の任意団体では、広く世間から信用を得ることは難しいだろうと、法人設立を考えた。法人にはいろいろあるが、費用面や揃えておく人数が少なく済む一般社団法人とした。

ネットで「法人 設立」とすると法律事務所やらコンサル会社やらの設立代行サービスが出てくる。こっちが楽のようだが、費用かかるし、ここは自分でやってみよう。

最初は実印とゴム印を制作

DSC_0372


この時代、郵便使うなんて少ないかもしれないけれど、でも皆無じゃないからゴム印は必須と思う。ほかに必要な銀行印は任意団体をたちあげたときに作っておいた。

さて手続きの方法やら、必要な書類やらを知るために一冊の本を求める。ネットで調べれば出てくるのだが、小生、最初は書籍に頼ってしまう。

R9326816


まずは設立人を定め定款を作り公証人役場で認証を受ける。法人設立には小生以外に最低3人の役員が必要だ(最低1人でも可能だが)。連盟の顧問企業のおふたりと、在学中に連盟設立に大汗かいてくれて現在は中・高校教諭しているOBに協力を仰いだ。なかでも小生とともに設立人になってもらった某専門誌元編集長現在代表者には色々手をわずらわせた。

上の書籍にあった定款例を参考に定款を作成。活動の目的は任意団体の設立時に定めた活動目的をそのままもってくる。そして定款のなかに「余剰金は分配できない」記述をする。これでこの法人は非営利団体として扱われることになる。

横浜駅近くの公証人役場に電話で相談したら「まず、定款をファイルで送ってください。拝見して修正点を指示します」となった。未だ全然カネ払っていないのに、なんと親切なこと。

桜を追って奥三河の山中を走っているところに電話かかってきた。路肩によせて車内で訂正箇所を聞き取る。

R9326817


小生のほか設立人の印鑑証明などを揃え公証人役場に予約して赴く。案の定、聞き取りミスで2箇所の訂正。事務のかたがたの手を1時間ほどわずらわせる。

R9326813


訂正が済んだら、やおら「公証人」たるご高齢のかたが窓口にお越しになり、小生の名前を尋ね法人設立の意図を確認、そして自席に戻られた。このあいだ約1分。たちまち認証済の定款やら、証書がうやうやしく事務のかたから渡され、認証料5万円余を支払って辞す。

DSC_0363


曰く「本公証人の面前で法人設立に自認している旨を陳述」。なんとも凄い表現だこと。チとおかしかったのは、小生が反社会的勢力の者ではないことを申告したことが文書になっていること。逆のこと言うひとって居るんかなぁ

DSC_0365


ともかく書類は揃った。さぁいよいよ登記だぁ。雨ふるなか、管轄(だろう)の法務局へ

DSC_0332


「ココは不動産登記だけで法人登記は本局です」
初戦敗退

あわせて「事前に相談されたほうがよろしいですよ。ただし予約してください」に従い本局のしかるべき部署に電話いれて相談予約。男声「指定時刻に来てください。少しでも遅れたらキャンセルとします。相談時間は20分で、それを越えたらあらためて予約です」棒読みを聞かされチとたじろぐ

絶対に遅れてはならじ。1時間前に横浜の本局に着いて待機

R9326756


指定時刻ピッタリに窓口で来意を告げると「そこに掛けて待ってください」。となりの相談カウンターでは向かいにいるオバさまに若いニィちゃんがネチネチ訊いているではないか・・・・

R9326750


ネチネチが終わったのは小生の指定時刻20分経過直前。うわ、これでは「相談20分を超える」ことになりゃせんか・・・

という心配ご無用で、ハデな時計にネイルアート目立つオバさま、定款やら付属書類を丁寧に見てくれて、「ここ、もしかしたら、いや、たぶん訂正が入りますから、そのときまた書類もってきてもらうかもしれませんよ」。再度出直そうか。でも今日は友引だから、とりあえず出しておこう。出した日が登記日になるんだから。何もなければ10日ほどで完了するそうな。貼った印紙6万円ナリ

R9326748


翌々日に法務局から電話。若そうな女声「ここ、直しておきますねー。あれ?用語がおかしいなー。どうしましょー・・・これでいいですか。ではすすめておきますねー(そんな感じ)」再度行く必要なくなったし、電話口で「あとは最終決裁だけですヨ」なので数日間ネットでみていると10日を経たずに登記されていることが確認できた。

あらためて法務局に行き印鑑カードを受け取り、謄本写し(正確には下の写真にあるように言うそうな)と印鑑証明を得る。晴れて登記の完了なり! 先日訪れた相談窓口をチラと見ると、あのオバさま、今日もハデ時計して待機されていた。

DSC_0360


やることは続く。税務署に行って設立届け。神奈川県と横浜市の法人住民税の届けもここですませられる。

R9326804


数日後、源泉徴収の手続き書類が届く。写真家への謝金、学生アルバイト。法人として所得税を支払う義務がある。

DSC_0369


財務表が出るように会計処理を備える必要かあるので会計ソフトを導入。

R9326802


登記したあたりから税理士事務所などからDMが届くようになってきた。面倒な会計処理はお任せするのも方法なのだが、あいにく連盟にはそんな余裕は無いし、ともかくまずは自分でやってみることだ。

謄本と印鑑証明が出たところで、最後に銀行口座の開設。任意団体のときに法人での銀行口座を開設していて、小生は単に口座名義を書き換えるだけだと思っていたが「解約いただいて、新規口座の開設していただきます」だって。

融資とか受け無いだろうから銀行はどこでもよかったのだが、長らく個人で使っている都市銀行にした。各地の支店の場所を良く覚えているという単純な理由から。

まずは窓口をネットで予約。当日は口座開設にあたり大量の記入。なかには「資金調達の方法」「現在保有の資産」さらには「法人名の由来」など、考えさせられる。更に私個人の預金状況やら、これまでの活動実態やら、取引相手や役員の素性やら、さんざん訊かれ参考資料などを大いに提出させられて「いまから審査するから一週間ほどお待ちいただきます」

DSC_0341


ちょうど一週間後、電話かかってきて「審査おりたから来てくれ。予約が必要だからいつがいいですか」。もー、いますぐ行きますよ。

また色々書かされ捺印しまくる

DSC_0344


やれやれホッとしたところで、やおらにこやかに「ただいまキャンペーン中でございます」だって

DSC_0348


なんでも月三千円余りかかる法人向けネットバンキングが1年間タダ。うーむこうやって囲い込むんか。しかし正直、ネットバンキングは楽なのである。そのハナシ、乗ろうか。

そして一週間、本日、ネットバンキングに必要なIDやらトークンが書留で届いて。これでひととおりの手続きは終わったようです。

DSC_0362


思えば公証人役場〜法務局〜税務署まで、いわゆる公的機関系は表向きとっつきは良くないけど応対されているときは実に親身・親切・フレンドリー。これらをネットで、しかも一括して手続きできる仕組みも用意されているようだが、これは使い方がよくわからんかった。

しかし最後の銀行は、ホントわずらわしかったなー





banner_good
aki_miz at 20:35コメント(1) 

2021年03月30日

私も卒業です

先月いただいた花束は、しおらしく生き続け

R9326616


狼藉きわまる大学の自室は、ようやく片づいてきて

R9326613
これは廃棄するブツ。これが3山ほど

ひきつぐモノ、継続するモノ、持ち帰るモノに分けて、部屋で最後の一枚

X3QC8724


さて学生の卒業式。今年も大ホールではなく、学内でゼミ別にわかれて実施。学位記(これ正式名称。通称は卒業証書)をゼミ生ひとりひとり、手渡す

1615977969749
渡しているところを渡されている学生に撮られた!

なんか、気の利いた演出

X3QC8667


終わったら早く帰れと指示するものの、やはり残ってしまう。仕方ないよねー。

X3QC8668


で、新学期。だだっ広い教室で「密」を避けガイダンス

DSC_0302


私も卒業したものの、あと1年担当する(担任をつとめる)学生がいるので別の部屋をあてがわれた

R9326617
なんか、前の部屋より快適みたいな

banner_good
aki_miz at 20:17コメント(0) 

2021年02月26日

ひとつの区切り

本学の大教室

X3QC8613


しかし、居るのは学長や学部長と数名のスタッフのみ

X3QC8627


ほかの教員は、みんなネット会議室に。その前で晴れて「最終講義」なり

X3QC8631


ウチの大学では、定年退官する教員に「何を講義してもいい」機会がいちどだけ与えられている

X3QC8638


専門領域を披露するひと、ここぞとばかり成果を誇示するひともいたっけ。小生は「こんなアタシが大学教員だなんて・・・」で締めた。それがホンネだったから

X3QC8640


あとは、この狼藉極まる自室を、どう片づけるか

banner_good
aki_miz at 12:46コメント(2) 

2020年05月24日

コロナがもたらしたこと

滅多に大学に行かなくなった。

DSC_0258
ほこりかぶりはじめた、大学自室の我が机

GW明けから授業開始。未だ会ったことのない1年生のゼミ、どうなるかと心配だったが

R9326375


無事スタート。PC未だ持っていない学生はスマホだけで授業を受け、レポートを出してくる。地方で受験した学生は一度もキャンパスに来たことが無い。それでも学ぶ意欲は旺盛に。なんか、健気に思えてくる。

写真部の部活も細々ながら開始。これまた会わぬ新入生を部員として迎える。

DSC_0267 - コピー
私のZoom IDを使ってネット上で親睦会するんだって

ずっと開発していたネット上の写真競技会、4月末に学生向けに、そして昨日は読者向けに開催。どちらも YouTube ライブ配信。
無事終了して、これはなんだか新しい写真の楽しみ方として定着しそう。

R9326388


競技会が終わってネット上の飲み会。昼間はネット上で会議や打ち合わせ。ネット上という制約あるものの何だか打ち合わせしている時間が増えたように思える。とともに、別に出向かなくても出来るんだ、と思ってきた。この変化、「働く」「学ぶ」「楽しむ」への意識が変わってくるのではないか。

さて、これは Stay Home とは関係ないが、ずっとかかりつけにしていた大学近くの医者が2月から突然の廃業。4月には再開とあったが、そうでもなかった。こんなことって、あるんだなぁ

DSC_0253 - コピー
超高級外車を数台乗りまわしていたのはアンタの勝手だが患者放り出して、それはないわな

この医者、初診で行ったのがココに残っている。診断結果は帯状疱疹。もう10年以上、なるんだなぁ。



家に籠もっているのは、実はそんなに苦ではないし、家ですること、できること、結構ある。しかしそろそろ外に出たいなぁ。なんでもなかった日々が、実は貴重だったんだと気がつく。あの山道、あそこの樹木、必ず立ち寄った店、どうなっているのやら

banner_good
aki_miz at 22:34コメント(0) 

2019年03月12日

東西写真部の大合宿

「よろしくお願いしま〜す」
「ハイ各自の名札をとってください」

宿舎で学生たちを迎える

XE2B8515


全員揃ったところで合宿の開講式。まずは主催する日本学生写真部連盟の幹事長からご挨拶

XE2B8526


続いて小生から合宿の進行と注意点を述べる「あれするな、これはイカン、これもだめじゃ。何せ安全第一なのだ」

Start
うぜぇセンセーだなーと思われてるやろな

実はこの開講式迎える時点で、小生は「やれやれ」の心境だった。その理由は、前日

宿舎に届いた大量の荷物

XE2B8479


ひとつひとつ、丁寧にあけて、中身を確かめる

XE2B8482


ニコンの砲列

XE2B8485


キヤノンの精鋭

XE2B8497


業界の雄となるか、ソニー

XE2B8504


色が綺麗なフジ

XE2B8489
1セット100万円近くする中判デジタルもあるぞ

小型で機能豊富、オリンパス

XE2B8499


更にペンタックスまで。すなわちP社をのぞく各メーカー最新・最高機種が学生のため貸し出しに応じてくれた。そこで厳重な管理が必要。そのため前日から数名で準備開始。

みんなが到着直前、大学別にまとめることができました。

XE2B8507


「おおーっ」「すっげー」いつもは店頭でクサリにつながれていたり、店の奥に飾られていたり、または目にすることすらできない機材に感激

XE2B8523


小生は持参したフィルムを希望者に配布。思わず手が出てくる?

XE2B8521


さて初日の夜。合宿につきものの懇親会。

XE2B8545


関西から来た学生は、なんとタコヤキをふるまう。わざわざ道具と食材、もってきて。この関西の心意気、うれしいねぇ

XE2B8549


わいわいと、タコヤキに寄ってくる

XE2B8550


この合宿に集った学生は東西から20校72名。ここで紹介するのは適当ではないかもしれないが、誰もが知っている超難関校から箱根駅伝や六大学などで有名な名門校、高度な専門教育で知られる単科大など、受験専門誌がみたら垂涎モノの学生たち。しかしそんなことより、単に「写真が好き」というだけでアッという間にうちとけてしまう。共通のことがあるって、いいねぇ

大判フィルムカメラを持ってきた学生が記念撮影「1秒、とまってろよ」

XE2B8570


初日夜の懇親会は小生の令により禁酒にしたが、この盛り上がりはどうだ

さて2日目は、ずっと撮影。全体を15の班に分けて出発。

XE2B8580


学生を送り出したあとは、買い出しやら夜の打ち合わせやらで時間がアッという間にすぎて・・今夜はプロ写真家(萩原史郎氏と佐藤尚氏)やトップアマチュア写真家(中井憲吾氏)を招いて講評会です。

合宿で撮ってきた作品のなかから、ひとり2点を選択して

XE2B8584


先生方からひとつずつ、作品の講評を受けます。これが実に学びになる

XE2B8598


先生のアドバイス、すぐに記録。大学の授業でも、常にこうありたい

XE2B8605


そして先生を交えての懇親会。先生方も刺激になったみたい

XE2B8617


最終日、午前中はお客様を招いて尾瀬の案内を

XE2B8640


そして、昨晩の講評会のなかで優れた作品に賞が

XE2B8648


大きな事故なく合宿が終わりました。小生が大好きな八ヶ岳をバックに。これが撮りたかった!

XE2B8654
外の光景、これだけだなぁ

「ありがとうございました」「気をつけて」先生方も感慨深げ

XE2B8667


そして大量の借用機材をメーカーに返送して、帰途につきますか! あー、無事で終わってよかったー(それがイチバンの目標でしたわ。ホントに)

XE2B8659


banner_good
aki_miz at 10:21コメント(0) 

2019年02月24日

2年ぶりです

志賀高原にある石の湯ロッジに到着

DSC_0011


荷物を置いて早速、撮影開始

XH103817


地元のワンコはお散歩中ですが

XH103849


熱が入ってます

XH103835


霧氷が綺麗

XH103843
真っ黒に見えるけど画像クリックして大きくすると結構出ている

ここの夕食は絶品ナリ

XH103853


連れてきたのは写真部の4年生6名。販売、IT、不動産、公共団体などに就職が全員決定。

XH103855


さて翌朝、まだ暗いうちから

SNO30587
Sさんの作品

ファイティングポーズ

XH103879


明るくなってきました

SN111126
上のS君の作品

寒いなか、待機(気温マイナス12度)

XH103893


我がフィルムカメラも準備

XH103884


昇ってきたぞ

XH103987


寒さと時を忘れ、撮影に没頭

XH103979


新鮮な視点

SN109798
Sさんの作品

宿へ戻り、リッチな朝食

DSC_0013


ひと休みのあと、昼から行動開始。この合宿、2年前にも同じメンバーで来ましたが、そのときの場所にも。

近所のワンコに喜んで

XH104012


こんなん作って喜んで

XH104059


すべり台遊び

XH104016
2年前も、同じところでおんなじことしたっけ

大学の教壇にたって幾星月、学生は上級学年にすすむほど幼児化することが分かってきました。いま改めて実感中なり。

天気はドピーカン

XH104030


S君の作品
SN109824


2年前合宿では、写真家の萩原史郎さんに指導いただきました。その萩原さんに案内いただいたところも再訪

XH104068
向こうにある木立が作品になるんだよなぁ

でもこんなん撮ってます

XH104076


撮れたSさんの作品

SN109855


さて夕食。また絶品なり

XH104079


デザートが終わったら・・・

XH104084


なんと、サプライズが!

XH104090


卒業前、感謝の色紙と

XH104156


地元の日本酒まで! なんとラベルは2年前合宿のときの集合写真。嬉しいねぇ。教員冥利につきるとは、このことだねぇ。すまんねぇ、さっき幼児呼ばわりして

XH104147


ラベルには宿舎のオーナーも写っています。オーナーともども、記念写真

XH104152


この6人は写真部が出来て3代目。写真部の活性化に、そして作品づくりの指導方法の確立に貢献してくれました。

さて翌朝は曇りだけど撮影に

H君の作品
IMG_7825


朝食のあと

DSC_0018


おのおの撮ってきた作品を選んで互いに講評会。みんな、ホントにうまくなったなぁ

XH104159


宿舎のクルマに途中まで乗せてもらい帰路につきます。

XH103815


さて、私は来月に大規模な合宿が控えているぞ。

banner_good
aki_miz at 11:54コメント(0) 

2019年02月11日

ようやく発進

顧問を勤める写真部と風景写真誌とは数年来のつきあい

DSC05466
合宿にまで来てもらって、指導を受けたっけ

それが発展して,フォトコン誌も交え大学対抗の写真競技会「フォトマッチインカレ」の開催をはじめた

R9325991



そうすると、大学間の交流が育まれ、研修会やら

DSC91586



フィルム撮影会

R9326076



特定メーカーの撮影会も

R9326118
最新機種がズラリ40台 なかなか壮観

もちろん、コレも

R9326109




いつ頃からだったろうか、こうした各大学の写真部を横断して組織づくりすれば、低迷している大学写真部の部活が活性化されるだろうし、他大学との交流は楽しいだろうし・・・

石川編集長とLINEやFBでのやりとりをみると、組織づくりは昨年10月頃から始動していたようだ。最初は学生たちの「あれやりたい、これやりたい」を実現させるカタチで

「写真好きな大学生の集合」は写真業界からみて実に魅力的な存在のようで、風景写真誌、フォトコン誌を通じて協力を募ると意外なほどに反応が良い。カメラメーカー、プロ写真家、ハイアマチュア、プロラボ、カメラ販売店、プロ写真家団体、アマチュア写真団体・・・

これら業界と大学生の集まりを結びつければ、学生にとっては写真を学び、楽しめ、そして将来に役立ち将来に繋がる機会づくりになる。業界にとっては新しい市場になり、若い感性を知る機会にもなる。しかしこの結びつきを一過性のイベントにするのではなく、永続的に続くような仕組みを作っておく。すなわちカネがまわるようにしておかないといけない。

まず外からみて確実な運営をおこなっている組織になるように、定款づくりから開始した。平行して、この組織を理解し、賛同して会員になってくれる大学写真部を募ること。

定款づくりをはじめとした規程類は私が担当した。何も無いところから作成するには時間がかかるし、そもそも定款にはどんな項目が必要なのか良くわかっていない。

VAP−NET。このブログ読んでいたたいているかたのなかに、懐かしさを覚えたかたもおられるのではないだろうか。アマチュア無線を使ったPC通信ネットワークの組織。一定のお金をあずかり、何らかの活動(事業)をおこない、そしてこのなりわいをメンバーに報告する。VAP−NETは定款を作って運用していたが、それが私のPCに残っていた。

ab4e2e6f.jpg
本文とは直接関係ないけど、アマチュア無線やめて何年経つかなー

この定款を下敷きに、定款づくりをすすめた。たしかこの組織、1987年に開始したと思う。30年以上前にアマチュア無線の皆さんと作った定款が、今度は学生写真で蘇ってくる。感無量。

ウチの大学に集まること数回、いつも20〜30校近く集まって、定款づくりの固くるしいハナシにみんなついてきてくれた。集めるのは人脈づくりが得意なR大学のM君。

ウチの大学の顧問弁護士の意見をいただきながら、そして各大学の現状にあわせつつ定款を修正してゆく。

そして去る2月9日、24校41名の出席のもと、定款を最終確認して連盟が設立された。

XE2B8441


日本学生写真部連盟(Federation of Japan University Photo Club 略称:FUPC)。おそらく日本初の、大学写真部を対象とした写真組織であろう。

FUPC_WhiteBack
ロゴデザインはプロに依頼。これからは、このロゴのもと大学が集う。

連盟の案内文書

創立時点での会員校(21校)

青山学院大学、神奈川大学、慶應義塾大学、工学院大学、産業能率大学、芝浦工業大学、上智大学、千葉工業大学、千葉商科大学、中央大学、東海大学、東京大学、東京医科歯科大学、東京工業大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農業大学、日本工業大学、法政大学、横浜国立大学、立教大学

錚々たる顔ぶれではないだろうか。これから増えてゆく見込み。


そして、終わっての懇親の場。

XE2B8444


ココにくれば写真が好きな仲間たちが居る、そんな場として発展させていきたい。事務局長として、これからが(も)大変になると思うけど。



banner_good
aki_miz at 17:11コメント(3) 

2018年12月31日

大きな流れが・・

雑誌コンテストに入賞が続いた

R9326135


まぁそれはともかく・・

先日は大阪で大学生の写真競技大会を開催

XE2B8337


そのまえは東京でメーカーの協力を得て撮影会

R9326120


どちらも、盛況だった

R9326127


東西の30以上の大学の写真部活性化の活動に携わりはじめている

DSC91821


来年は、どんな進展があることやら

banner_good
aki_miz at 18:12コメント(0) 

2018年08月11日

夏合宿!

ここは山梨県の山奥にある村営の研修施設。地元の写真家のかたに現地の案内をいただいている

DSC15013


東京からは風景写真誌の石川編集長と風景写真家の萩原さんに来ていただき、レクチャー。「風景写真とは」

DSC15016


では機材を持って撮影に出ましょう

DSC15021


ここは、山梨県丹波山村という東京都に接する村落。多摩川の源流のひとつが流れている。人口500人。多くが高齢者

DSC15027


いつもの写真の夏合宿というと、私の勤める大学の写真部なのだが、今年は違う。9月8日におこなわれる大学対抗の写真競技会「フットマッチインターカレッジ」に参加する各大学から6校14名が合宿に参加。だから全員が私にとっては「他校生」。いろいろ気を使うが彼らは至って和気あいあい

DSC15030


何でも被写体になります

DSC15040


あいにくの曇り空・・と言えるのだが、それもまた風景に変化を与えそう

DSC15051


宿舎に帰って夕食。食事ときもカメラを離しません。その心がけ、いいね

DSC15074


さて夜は各自が撮った作品を持ち寄ってプロ写真家たちから作品指導を受ける講評会です。これが各自の表現力を向上させます

DSC15076


私が選んだ秀作。R大学M君撮影

m1
(クリックすると大きな画面。以下同じ)

そしてプロ達をうならせた作品。J大学W君

_DSC8985


こりゃ凄い学生たちだぞ。

講評会のあとは、夜更けまで、いや朝まで学生どうしの交流が。私や石川編集長はダウン。でもこれが各校合同合宿の楽しみなんだよね。

翌朝も、また曇り

DSC15082


早朝から熱心に撮影

DSC15096


小生の作品のいかに小さなことか

DSC15108


ファイティングポーズ

DSC15111


朝食後、ふたたび講評会

DSC15126


日に日に表現力が高くなってゆく。これはJ大学K君の作品

KBY_8320


実に有意義な合宿が無事に終わりました。思えばこの合宿内容はウチの大学で試行しながら実践していました。それでは9月8日の競技会、待ってるぞ!

DSC15135


banner_good
aki_miz at 13:52コメント(0) 

2018年07月01日

新しい試み

大学の学生ラウンジに、またO先生を招きレクチャー開始

DSC91425


学生たちは、思い思いにスイーツを買ってきてあり

DSC91433


今日はスイーツの撮影方法を教わります

DSC91426


O先生は料理写真のプロ

DSC91430


光の使い方でこんなにも違うのですね

DSC91432


さっそく、チャレンジ

DSC91439


いろんな撮り方を工夫してみます

DSC91441


あ、バックのその雰囲気、いいね

DSC91445


次はストロボを使った撮影に

DSC91446


なかなか本格的じゃん

DSC91452


最後はO先生の作例をみながらレクチャー。ここでも光の使い方を学びます

DSC91457


さて、O先生とともに場所を替えて、ここは丸の内に新しくできたフジフイルムのサービス拠点

DSC91458


がやがやと集まっていますが、実はアマチュア写真界では錚々たる面々

DSC91459


ここのギャラリーのこけら落とし写真展

DSC91461


準備のために集まっていました。

DSC91462


そして、拙作も!

DSC91464
あいかわらず、スクエアが好きなんだなぁ

そしてお定まりの祝賀会→二次会へと流れてゆく・・

DSC91467


いつも思うんだけど、ホントにこんな方々と対等にツキあっていて、ええんやろか

この写真展、今日から7月末までなんです。

banner_good
aki_miz at 21:04コメント(0) 
月別アーカイブ