2006年04月

2006年04月20日

SHIHOの脱退、MOMOの卒業

 お久しぶりです。多忙だったために約1ヶ月半ぶりの投稿になってしまいました。この間アニソン界にも色々なことがあって、書きたいことがいっぱいだったんですが書けませんでした(beingとか・・・)。まだまだ多忙なんですが、デザインも変更し、心機一転して、取るに足らないことでもなんでもまたブログを書きはじめようと思います。よろしくおねがいします。

 と言っても今日はビッグニュースを。I'veの歌姫のSHIHO(敬称略)が自身のブログでI've卒業を発表しました。おそらく前々から考えていたことで、確かにSTARAVIDがある以上もはや彼女がI'veに固執する必要はないですし、I've側にとってもSHIHOに固執する必要はないのでしょう。I'veにいても曲が回ってくるわけではないですし、SHIHOにとっては良い決断だったのではないでしょうか。ただ『卒業』っていう表現はあまりしっくりしなくて、むしろ『脱退』に近い気がします。

 最後のI've曲は結局『World Meets World』。久しぶりのSHIHO曲だったので新鮮で結構好きでした。個人的に1番好きなSHIHO曲は武道館でも聞けた『Birthday Eve』ですね。結構STARAVIDの曲も『Reason』とか『孤独な月』など好きな曲もあるので、今後に期待したいと思います。いずれアニメのタイアップになったりしてI'veと肩を並べて欲しい。

 またMOMOもTGによるとどうやら今後当分I'veの仕事はやらないようで、実質卒業のようです。こちらは元々PORが本業ですので『卒業』はしっくりきますか。しかし元々あまりI'veの仕事はしてなかったMOMOですが、その存在感を考えるとショックは大きい・・・。個人的に好きな曲も多く『DROWNING』、『Velocity Of Sound』、『恋のマグネット』は特別です。こちらもPORでの活躍を応援したいと思います。

 今回のことはやはりI'veがメジャーになったことも関係しているでしょう。エロゲーの仕事よりメジャーの仕事が増えた分より『質』が求められるようになり、歌姫も淘汰されてしまったとも考えられます。なんだか近いうちに淘汰されそうな歌姫もまだいる気がします・・・。武道館ライブはそういう意味でも1つの区切りだったのかもしれません。また逆に歌姫がI'veに見切りをつけるようになったとも考えられます。I'veの活動の中で実力をつけて羽ばたいていくことは悪いことではなく、むしろ歓迎すべきことでしょう。いずれにせよこれで完全に以前の大所帯のI'veには戻れません。I'veがメジャーになることはもちろん歓迎ですが、やはり少し寂しいですね。

■STARAVID
■POR

akibamusic at 22:28|この記事のURLComments(286)TrackBack(0)I've 
カウンター

Since 12/5 2005


最近のコメント
Profile

akibamusic