アレックス・コックスは『ウォーカー』と『エル・パトレイロ』がいいと思うが、『シド・アンド・ナンシー』は初見。
どこをどう見て楽しんでいいのわからず、自分としてはワーストとなってしまった。
ちょっと、フェリーニの『カサノバ』っぽいかとも思えたが、薬中というものを2時間を費やして見るべき価値があるかどうかも疑問で、ゲーリー・オールドマンも苦痛だったがそれ以上にナンシー役の女優がキツかった。
これがパンクスだというのなら、どうも自分には不向きなようだ。