心配事

February 06, 2013

私も主人もかなりの乾燥肌で、その遺伝子をしっかり受け継いだ娘2人。
特にゆきんこは軽いアトピーらしく、冬場は全身かさかさ&掻きむしるので時々流血し見ていて可哀想です。

皮膚科で処方されたステロイド系の軟膏を塗るにはあまりに広範囲だし毎日多用するのも気が引けます。今までは市販の保湿ローションやワセリンを使っていましたが塗っても塗ってもすぐに乾いてしまう状態で改善はしませんでした。

そこでネットで調べてオリジナルの保湿ローションを作ってみました。
ミネラルウォーター・ホホバオイル・グリセリンを5:4:1の割合で入れて混ぜるだけですが、これが保湿効果抜群でした。

安心な成分なので全身にたーっぷり使えるし、一度塗ると半日経ってもしっとりしています。ホホバオイルが少し高めですが、お徳用のボトルを買ったので市販のローションよりお安くできました。

ホホバオイルはゴールデンと呼ばれる未精製とクリアな精製されたものがありますが、未精製はオイルの成分が強く効き目があり、精製は刺激が少なくサラっとした無臭のオイルなので使いやすいという特徴らしいです。傷だらけの体に使うので今回は精製したものを使いました。

あくまで私の独断ですが、アトピーや乾燥肌の改善方法は薬やローションの成分が効くかどうかではなく、どれだけ保湿状態を保てるかだと思います。肌が潤っていれば痒みはおさまるし、掻かなければそれ以上悪化しないので。

お肌の乾燥は老化も早めることですし、家族全員で使って美肌を目指します!

(10:30)

October 05, 2012

10月に入り幼稚園は願書提出の季節。先日面接を受けてきました。

ゆきんこが行く私立幼稚園は子供だけが面接を受けるスタイルです。
“お受験面接”ではないので特に気負わずに娘も私も普段着のままで行ったら、ほとんどの親と子供はキチンとした格好だったので少し焦りました。
ハイソな幼稚園ではないので肩身の狭い思いをするほどでなくてよかったですが(汗)

ただ、面接本番は散々な結果でした。
ほとんどの子供が控え室に迎えに来てくれた先生にすんなり連れて行かれる中、ゆきんこは私の手を握って動かないので一緒に付き添うことに。

名前を聞かれてももちろん応えず、プリントに描かれた動物を指差して「これは何かな?」「・・・」、「何色か分かる?」「・・・」と、先生の方を見もせずにだんまり。

線の上を真っ直ぐ歩き、3つの丸を飛んで渡る、というテストもダラダラと歩いただけ。隣の席では同じテストをニコニコしながら1人で受けているお友達がいるのに、簡単なことを聞かれているだけなのに、応えないどころか無表情のままで挙句の果てに「ママ、抱っこ」。さすがに私も呆れるのと恥ずかしさでため息が出ました。

落とされることはない(はず)の面接なのでお情けで合格印をもらいましたが、「判定できないので後日再テストさせて下さいね」と言われてしまいました。

家に戻って「どうしてあんな態度しかできないの?お母さんはものすごく恥ずかしかったよ。何の絵が描いてあったか分かるでしょ?」というと、元気に「えっとー、ぞうさんと、わんわんと、ぶたさん!」「信号の色、何色か知らなかった?」「あおと、きいろ」「もう一つは?」「あかー!」という具合。もうがっくりです。

主人と「少し過保護に育てすぎたかなぁ」と反省しましたが、単に子供の性質の問題でしょうか。

2回目のプレ幼稚園では前回より泣かなかったし、お迎えに行った時の表情が落ち着いた様子だったので慣れてはきたようですが・・・いつか先生やお友達の前で素のままの自分が出せるようになるのかな。

(07:28)

August 24, 2011

昨日、娘が突然「ま、ま、ま、ままー、見て」「お、お、おいしーね」と、どもり始めました。
最初はあれ?と思った程度でしたが、だんだんヒドくなっている様子です。

いつも普通に話せていた言葉が、なかなか出てこない・・・。
始めは私の方が不安になり、「ゆっくりしゃべってごらん」などといちいち訂正させたりしていましたが、ストレスを与えてはいけないかな、と思いなおし、気にせずにしばらく見守ることにしました。

言葉をたくさん覚えている時期なので、話せることが嬉しくてちょっとでも早く伝えたいという気持が先走ってしまうのでしょうか。

子供の様子が少しでも変わると親は気になるものですが、この時期にどもる子も多いようなので、あまり気にせずに普通に接していればそのうち治るだろうと思っています。


↓よろしかったらクリックしてくださいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
自然育児

(07:36)

March 09, 2011

最近また娘の肌がカサカサしてきて、口や首の周りを掻きやぶってしまったので皮膚科に連れて行きました。

先生は「肘や膝の裏はきれいだからまだアトピーとは言えないけど・・・」といいつつ、しっかりアトピー対策のお話をされました。
今はステロイドに代わって副作用の少ない良い塗り薬ができているそうですが、2才未満にはまだ処方できないらしいので、弱いステロイド系の塗り薬と飲み薬、保湿剤で様子見です。

敏感な肌の子はアトピーになりやすく、乾燥や刺激でかゆみ→掻いてばい菌が入る→悪化というパターンが多いので日々の生活からできる限り原因を除いてあげると悪化しにくいとのこと。
特にハウスダストとお布団などのダニは大きな原因だそうです。

日常 146
そこでこれを機にベルメゾンでシーツや布団を一新しました。
主人のアレルギーもあるので以前から欲しかったダニ&花粉対策に効果のある『快適多機能掛けふとん』。羽毛布団と変わらないほど軽くて暖かいけれど、洗える・ダニや花粉を通さない・ダニや花粉の効力を弱める(アレルバスター)など、とても高機能です。お値段も安い!

ベッドマットレスには『アレルセーブワッフルベッド用シーツ』を敷き、洗い易いように乾きの早いリネンのボックスシーツと掛け布団カバーを掛けました。

これでどのくらいの効果があるのか分かりませんが、少しでも娘の肌が改善し、ついでに主人のアレルギーも抑えられるといいなぁと期待しています。


↓よろしかったらクリックしてくださいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
自然育児


(13:32)

October 21, 2010

右のおっぱいの一部が深く切れてしまい、楽しい授乳タイムが恐怖の時間になってしまいました。

最近はさらに吸う力が強くなったのに加え、生えてきた上の歯がちょうどあたる場所なのでもう痛くて痛くて(TДT)
例えるなら切り傷を鋭利な硬いものでゴリゴリ触られているような感じです。

痛みには結構強い私でも大きな声で「イタイ、イタイー!」と叫びながら、時には本当に泣きながら授乳していました。

その様子を見かねた主人が、何か解決策はないかとインターネットで調べてくれたところ、「歯が当たらないように脇に抱えて授乳(フットボール抱き)」「絆創膏のテープの部分を貼って授乳すると良い」とのアイディアが。

早速両方試してみると効果てきめんでした。
5日間も苦しんだのに、こんなに簡単な方法で改善するならもっと早く調べてみればよかった。
おっぱいをやる時は必死で、なぜか改善策を考える余裕もなかったのです。

まだ傷は治っていませんが、とにかく授乳の度に辛い思いをしなくてよくなったので一安心です。

そして娘は人生2度目の風邪をひいてます。
風邪気味の姪っ子、甥っ子と遊んでばっちりもらってきました。
鼻水ダラダラと乾いた咳、そして微熱があるようですが、本人はなぜだかとても元気。いつもと変わらず動き回って過ごしています。

でも鼻水のせいで呼吸が苦しいのか、夜にあまりよく眠れない様子。
1時間ごとに目を覚ましては号泣するのですが、半分寝ぼけているのでなかなか泣き止みません。

抱っこしても反り返って暴れるので羽交い絞め状態で背中をさすり、落ち着くのを待ってやっと眠る・・・というのを3日間やっていたら、私も主人も寝不足です。

9月に抜歯して以来、口の中と鼻の調子が今ひとつよくない私。ぐっすり眠って早く100%の元気を取り戻したいものです。


↓よろしかったらクリックしてくださいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
自然育児

(14:03)