1話 (61)



1話 (145)


57.5%の激辛な船出。

根島くんの世界も厳しそうだが、ニコ生はそれ以上に厳しかった。感想は基本的に作品に肯定的なものを載せていく方針なので、ネガティブなものはあんまり載せないけど、放送時の感想では「離婚の時どうするか?」とか「国外に出るとどうなるか?」とか「遺伝子決定論は現在ほぼ否定されてる」とか細部が気になっている人が多かった。”結婚相手が決まっていて恋する少年には厳しい世界” を見せるなら、現実的にあり得る問題は先回りして潰して欲しかったところはある。この作品での 厳しさ=社会のシステム が肝だと思うので、ゆかり法への見方がまんま作品の評価に結びついてしまう。

重厚な社会性があって、マクロレベルからの延長線上での恋愛譚を望んでいた層と、設定は設定で「そういう世界」と割り切ってミクロレベルの恋愛の方を注視していく層で評価が2分した印象がある。細部が詰められた厳しいシステマチックな社会だからこそ、主人公の恋が光るって見方、「ブッ飛んだ設定あってこその漫画(アニメ)」で設定は舞台装置と割り切るって見方。どちらも間違っていなし、個人的には創作物の正しい見方なんて無いと思ってる。そこら辺の見る側(特に前者)が期待してたものとのギャップがアンケに反映されちゃったんじゃないかな?

2話以降でゆかり法への補完があるなら、前者を取り込める可能性があるだろうし、無いなら後者の人達をターゲットにした作品ってこと。理想を言えば、マクロな社会システムとミクロな恋愛という要素が絡み合う作品を期待したいですが、多分「ブッ飛んだ設定」をまず受け入れられる人向けの作品っぽい。そうであるなら、話が進めば前者が脱落していって後者が残り、アンケは上がるでしょう。

私は美咲ちゃん可愛かったので割りと満足して見ている。

1話 (56)

1話 (18)




【ダイジェスト】
1話 (1)
1話 (2)
1話 (3)
1話 (4)
1話 (5)
1話 (6)
1話 (7)
1話 (8)
1話 (9)
1話 (10)
1話 (11)
1話 (12)
1話 (13)
1話 (14)
1話 (15)
1話 (16)
1話 (17)
1話 (18)
1話 (19)
1話 (20)
1話 (21)
1話 (22)
1話 (23)
1話 (24)
1話 (25)
1話 (26)
1話 (27)
1話 (28)
1話 (29)
1話 (30)
1話 (31)
1話 (32)
1話 (33)
1話 (34)
1話 (35)
1話 (36)
1話 (37)
1話 (38)
1話 (39)
1話 (40)
1話 (41)
1話 (42)
1話 (43)
1話 (44)
1話 (45)
1話 (46)
1話 (47)
1話 (48)
1話 (49)
1話 (50)
1話 (51)
1話 (52)
1話 (53)
1話 (54)
1話 (55)
1話 (56)
1話 (57)
1話 (58)
1話 (59)
1話 (60)
1話 (61)
1話 (62)
1話 (63)
1話 (64)
1話 (65)
1話 (66)
1話 (67)
1話 (68)
1話 (69)
1話 (70)
1話 (71)
1話 (72)
1話 (73)
1話 (74)
1話 (75)
1話 (76)
1話 (77)
1話 (78)
1話 (79)
1話 (80)
1話 (81)
1話 (82)
1話 (83)
1話 (84)
1話 (85)
1話 (86)
1話 (87)
1話 (88)
1話 (89)
1話 (90)
1話 (91)
1話 (92)
1話 (93)
WS000017
1話 (94)
1話 (95)
1話 (96)
1話 (97)
1話 (98)
1話 (99)
1話 (100)
1話 (101)
1話 (102)
1話 (103)
1話 (104)
1話 (105)
1話 (106)
1話 (107)
1話 (108)
1話 (109)
1話 (110)
1話 (111)
1話 (112)
1話 (113)
1話 (114)
1話 (115)
1話 (116)
1話 (117)
1話 (118)
1話 (119)
1話 (120)
1話 (121)
1話 (122)
1話 (123)
1話 (124)
1話 (125)
1話 (126)
1話 (127)
1話 (128)
1話 (129)
1話 (130)
1話 (131)
1話 (132)
1話 (133)
1話 (134)
1話 (135)
1話 (136)
1話 (137)
1話 (138)
1話 (139)
1話 (140)
1話 (141)
1話 (142)
1話 (143)
1話 (144)
1話 (146)