キャプチャ6





6話ニコ生
キャプチャ7





ゆるキャン、一瞬で終わってしまった
はぁ~。今週も最高でしたゆるキャン
ゆるキャン変なところで終わるなって思ったけど、まぁ放送時間30秒ならこんなもんですかね
ゆるキャンを見ている30分が幸せすぎて金曜日は毎週やる気がない
凄いな四尾連湖
こんなところでキャンプなんて最高だろうな pic.twitter.com/S9408L7Ro7
大塚ナレーションないと思ったらこっちで攻めてきたwww

pic.twitter.com/X4Gzi97eHW
キャラよりバイクに気合いが入ってる作画嫌いじゃない pic.twitter.com/fnQVgSHrjU
キャンパーの老人、乗ってるバイクが大塚さんご本人のバイクに似てる気が...
この前まで牛のキャラを演じてた大塚明夫さんがゆるキャンでは牛肉を調理してる…… pic.twitter.com/yCltJ87vvU
お姉ちゃんがホットチャイを飲んだ反応、原作だと「酒飲みたくなるわね」の模様
思えばキャンプ場って、ほんと色んなとこにあるよなって改めて思わされましたわ。
pic.twitter.com/Toq501bE79
冬アニメ2作品、ゆるキャン△と三ツ星カラーズ、こんなに放送時間が短くて許されるのか?
ワイ原作信者アニメの改悪にチョイ激怒 pic.twitter.com/pMA25dKdYf
水明荘さんでも今日からゆるキャン△グッズを取り扱い始めたんですよー
pic.twitter.com/huBoj6uwqy
ゆるキャン△6話視聴。リンちゃんは、自分のしたいことだけをしているはずなのに、いつの間にか野クルとの距離が縮まっている点は、本当にスゴイ。”なでしこ包囲網”とでも呼ぶべきか…。キャンプがつなぐ交流も本作の魅力の一つ。押しつけがましさとは無縁のゆるさが最高だー。 pic.twitter.com/sWa7m3DnuN
先週に続き今回も しまりんの表情豊かで我満足

pic.twitter.com/onxwaUJOki
何気に、リンちゃんが野クルのメンバーと、ちょっとずつ接近してるよな。リンちゃんは主人公と一緒に、部長に教えてもらったキャンプ場所に赴く。また、買い物に立ち寄ったスーパーでも、野クルのメンバーと接触している。
おお、確かに ゆるキャンOPの 3話まで(左)と4話以降(右)で、なでしこの自転車のメカに修正が入っているな(リアディレーラーの部分)
気が付いたファンも、すぐに修正する制作もえらい

それにしても、3話までの絵謎な機構をこんなリアルな絵で描けたなあ

pic.twitter.com/X4rYeR5Kwz
ゆるキャン6話、車内シーンが良かった。姉妹の遠慮のない仲の良さと、りんちゃんとお姉ちゃんの常識的な遠慮のある距離感というか空気感をかもしだす演出がすごかった。付き合いのそんなにない人の車に乗せてもらった時のあの感じがしっかりと出ていた…。 pic.twitter.com/JB8Qbzu10v

このアニメはきちんとキャンプ場経営してる人との会話も入れてくるの好き
これスタッフを見ると、ちゃんとプロップ設定を設けてて、小物に気を使ってるのがわかる。現実的に装備が可能かも調べてるんだろうな


きらら作品、初期4人に1、2人キャラが加わっていくみたいな展開はありがちだけど、ゆるキャン△の構成はけっこう珍しいですよね。野クル3人と撫子志摩2人と志摩1人って複数構成で描けるの絶妙だと思う。
インドアな自分がキャンプ描写に惹かれる理由は、前にも書いた気がするけど。"温泉が閉まってる"とか"肉が無い"とか、こうした行き当たりばったりなアクシデントとかも、妙にリアルで親近感が湧くんだよなぁ。ゆるキャン△は、この計算されたゆるさも本当に上手いと思う。
ホンット良いアニメだよねこれ。言葉を失う。女の子たちがキャンプするだけなのに、どうしてこんなに面白いのだろう。心のどこかを柔らかく撫でられるような感じだ。なぜかちょっと泣けてくる。
公式他