キャプチャ6






6話ニコ生
キャプチャ




姉弟子のシーンと同じくらいホモで盛り上がってしまった
「ホモは強キャラ」という不文律。
ロリ王からホモ王への転身マダー?

JSリフレからのホモ将棋はさすがに濃すぎるんだよなぁ♂
ホモだから正直JS研パートよりホモの話の方が面白く感じてしまった…(神回では) 
やばい・・・しょびっちのホモのやべーやつが頭をよぎりまくる・・・
銀子のつるつると銀子に踏みつけられるところが最高でした。
りゅうおうのおしごと! 第6話観た。銭湯回。八一君中心で修行をしつつ、お風呂シーンがあったり女子小学生達にふみふみされたりと素晴らしく業の深い回だった
いや〜しかし小学生の入浴シーンは最高でしたな!!!!

pic.twitter.com/SxGOwvTpea
姉弟子に足蹴にされるのもご褒美だと思う 
実質聖戦ケルベロスが的を射すぎててウンウン頷いてる
でもメディアミックスとしてはメディアの特性を活かした優秀なアニメ化だと思う
!」の6話観た。
プロとは?な今回の話。越えなければいけない壁を越える為、努力する八一。勝負の世界の厳しさがのし掛かるあい。好き、とゆうだけではどうにもならないプロの世界。そうゆう部分をちゃんと描いていて良い。
そして八一は壁を越えれるのか?次回も楽しみや。
りゅうおうのおしごと! 6話
桂香さんの立場を語ってくるとともに、八一も己の殻を破ろうと特訓する展開。そしてあいが初めて感じた勝利の辛さ。全体的に「現実見せ」を描いてきた脚本。今はまだ物語の膨らませ過程期だからこそ語った本編の厚みと重さだな。あとJS研の重さもねw
6話。あいがその才能を以って友人をあっさり追い抜いてしまった一方で、新たな戦法を身につけ連敗を喫している相手に挑んだ八一はその圧倒的努力を前に窮地に陥るという対比。才能の差という残酷さ、しかし決してそれだけではないという将棋の奥深さが垣間見られた。
りゅうおうのおしごと!6話
桂香さんの26歳になっちゃうと言ったとこ、団扇に書かれた5を指で隠しながら「26」・「迫る」が赤文字で強調されてんのうまい表現だと思った
pic.twitter.com/aww0rNu15D
アニメ面白いと思った人は絶対に原作も読んだほうがいい…削られてしまったエピが実は激熱だったり、ホントに惹きこまれた! 
桂香さん関連の明らかに削っちゃ駄目なエピソードもすっ飛ばされた気がしますが時系列かえて入れるのかな…  


この作品の奇跡的なところは捌きの名手である久保利明さんが現王将であるという事実
なお当のひふみんはポプテピピックが気になっているようです
りゅうおうのおしごと観るたびに小5ロリこそ至高という己のアイデンティティを低学年ロリという鈍器でガンガン殴られる痛みで心が崩壊しそうになる
公式他